2009/1/30  16:12

NRD-1EL 再々修理!  BCL

またまたNRD-1ELの調子が悪くなりました。(^.^;

時々2〜6MHz帯の放送が聞こえなくなります。ノイズは出ております。例のブロック図を眺めると第二局発回路が怪しいです。まずは真空管6U8を交換してみましたが変化なし。これは17,5MHzの水晶が怪しいです。

早速開腹です。取り説の画像では高周波シールドケースの外に水晶が付いております。コネクターで抜き差し出来るようになっているのでしょうか?ところが私のNRD-1ELはその場所にはありませんでした。おそらく高周波シールドの中に付いているのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します



シールドの蓋を開けてみたらありました、ありました。前回交換した水晶と同タイプのようです。ピンボケ画像です。(^.^;

クリックすると元のサイズで表示します

水晶の足を切り取ってDIPメーターで発振させ蘇らせる作戦です。そうそうこの受信機を修理する際狭いところの部品を切り取るのに刃の長いニッパー無いかと探しましたがなかなか安くて良い物は見つかりません。そこで試したのが刃先が長く細いハサミを使ってみたところ中々具合が良くそれ以降ハサミを使ってます。

ここで注意です。電源をACから抜いても高容量のコンデンサーには高圧が溜まっている場合がありますので、持ち手が絶縁されていないハサミを使う際、また回路に手を入れる際は感電に充分注意して下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

DIPメーターで発振させ一時間くらい置きました。その後、半田付けして元に戻しました。

今のところ正常動作しております。画像は3MHz台のラジオNIKKEI受信中。

クリックすると元のサイズで表示します

これで症状再発したら水晶特注ですね。
0

2009/1/28  9:23

ルーペ  

先日ラジオのキット作った時にルーペで部品の番号や容量確認せねばなりませんでした。改めて目にきているのがわかりました。(^.^;

昨日ふらっと立ち寄ったダイソーで100円のスタンド式のルーペを買ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

両手を使えますのでこれは普段の仕事でも役に立ちそうです。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/26  18:56

ジャミング対策!?  BCL

ほぼ毎日17時からのKBSワールドラジオの日本語放送を聞いておりますが、日によっては北?からのジャミングで内容が理解不能になることがあります。受信機のアッテネーター入れたりポータブルラジオとロッドアンテナで受信を試みましたがあまり了解度に変化なし。(^.^;

今日偶然?対策方法が?アンテナからの同軸ケーブルのコネクターを抜いて行き芯線部分のみ接続したらジャミングを抑え放送が聞きやすくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回のKBSにのみ効くのかもしれませんが、試してみて下さい。受信機はIC-R71,NRD-1ELアンテナは自作短縮バーチカル、室内ループいずれでも効果が確認できました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/19  16:26

横手焼きそば  たべもの

昨日B級グルメで有名な?「横手焼きそば」を作ってみました。

特徴は目玉焼きと福神漬けを添えるところです。こちらでは横手焼きそばと名乗るゆで麺がスーパーで売られておりますのでお手軽に作れます。(^.^)

カミさんからは下手な店で食べる「横手焼きそば」よりずーっと美味しいと評判が良いです。(^.^)V

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/14  11:30

本日のジャンク?  BCL

昨日仕事で横手市まで行ったついでにハード・オフに寄ってみました。

今まで10年以上も通って真空管を見つけたのは初めてです。12AX7ロシア製のジャンク品とヤマハのギター・チューナーのジャンクです。どちらも525円でした。これでNRD-1ELのスペアー管が揃いました。(^.^) 動作もOKでした。

私はオーディオ管詳しくないのですが、高そうなGT管で2本や4本セットで安く?売っておりました。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/13  10:33

6石スーパーラジオキットの製作  BCL

先日ラジオ少年より購入した6石スーパーラジオキット(6TR-STD)を製作してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

キットの内容です。中国語と日本語説明書が入ってます。回路図や基板図、部品表は中国語の方にしか載ってませんのでどちらも必要でした。チューニング面はシールとなっておりました。6TR-STDと表示の下の黒色が剥げてます。この辺は中国製でしょうか。(^.^;

クリックすると元のサイズで表示します

カラー抵抗です。よく間違って装着されているものですが、確認しましたが大丈夫でした。

日本語説明書を読んでみました。今回は説明書の順番通りやってみます。SPは接着時間がありますので前もって接着しておきましたが。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、バリコン、IFT、トランス、SWなど大きな部品を取り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

その後抵抗、コンデンサー、トランジスターなどを取り付けていきます。しかし自分の目がかなり悪くなっているのを感じました。ほんと部品の数値が見えないのですよー(^.^; またIFTの間に入るコンデンサーやトランジスターなど指の太い私には大変でした。ここら辺のパーツはIFTより先に取り付けた方が良いと思いました。

また今回トランジスターの包装間違いがありました。高周波回路の物が一個足りませんでしたので国産の2SC1815を代用にしました。足の極が中国製の物と違うので注意をします。

クリックすると元のサイズで表示します

さてこのキットで注意点です。説明書にもありますが、AからDの四箇所の銅箔面わずかに隙間があり導通無くなってますので半田でジャンパーさせなければなりません。忘れると動作しません。

完成したらお茶でも一杯、電源入れたいはやる気持ちを落ち着かせ半田不良個所が無いか確認します。乾電池がうまく収まりません。(^.^; ここら辺も中国製でしょうか。バネの力が強すぎるので短くカットしようと思いましたが、+側の端子を上方に引き上げたらうまく収まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

後は説明書通りバリコンのトリマーを調整します。何点かトラブルありましたが、完成しました。感度がいいのに驚きました。同じ価格帯のメーカー製のラジオより良い感じです。(^.^)
余ったトランジスター(誤包装)VRツマミとビスです。
2

2009/1/6  11:37

やるじゃない!IC-R70  

みなさん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

正月休みは酒ばっか飲んでいてなーんも出来ませんでした。ここの更新もサボッテしまいました。(^.^;

さて年末から寝室に持ってきたIC-R70ですが、おやすみ受信ではなく夜中目が覚め受信に使用しております。

クリックすると元のサイズで表示します

最近なかなかやるではないか!と思っております。AMはナローフィルターありませんが、PBT使ったりSSB受信で混信を逃れてます。早朝の4930や4940kHzのVOA Africaに混信するCWや業務無線を綺麗にカット出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

NBも車のイングニッション・ノイズはもちろんの事、ジャミング?のようなノイズでまったく放送が受信出来ない状態でも綺麗にカット出来て驚きました。特有のノイズのみに効いているのでしょうが....ただし悪さをして逆にノイズが増える事もあります。ので、普段はNBはOFFにしてます。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は状態の良い中古を中華ラジオ+ちょっぴりの値段、二万円で入手しました。基本性能もしっかりしているしポータブル・ラジオから通信型受信機へのステップアップにもお勧めします。内蔵SPはちょいと音が悪いので100円ショップのヘッドホンで聞いてます。(^.^) IC-R70に通信型受信機には珍らしく音質調整がありますが、内蔵SPではほとんど変化無し。安もんのヘッドホンがキンキンした高音カット出来てよい按配です。(^.^) ただし決してノーマル状態の物は二万円以上で買わないように....ちなみにIC-R71は二万八千円でした。外観状態はR70より大分落ちますがAMナローフィルター標準で付いてますし、操作性も大分改良されております。ただ、以前も書きました通りR71は爆弾をかかえております。これくらいが相場かと思います。これ以上では(オプション次第でしょうが)買わないように....
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ