2005/12/17  19:07

ICF-5800 その1  BCL

ICF-5800の前期、後期型?なのか二台を見ているうちに違いが見えてきました。

最初に気が付いたのはタイマーのツマミでした。後期型?には丸い彫りがあります。


クリックすると元のサイズで表示します

左が前期、右が後期のタイマーのツマミです。

さて、次はラジケーターの違いです。前期は指針全て緑色を塗られておりますが、後期は真中が銀色です。それとも単なる塗装が剥がれたのか?同じ指針見かけた方はご一報ください。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します

分解した基板裏には製作ロッド?ナンバーがあります。前期には
1-591-014-11
[1-502-107-11]
CMK-11

後期には
1-591-014-12
[1-562-197-12]
CMK-11E

とありました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ