2010/3/26  14:13

結局....  BCL

ICF-SW7600GRをNRD-1EL,NRD-515の外部同期検波器としてしばらく使ってきましたが....

どちらの受信機もIF OUTはAGCがかかる前に出ております。この信号を7600GRに入れて同期検波かける前と後では、効き目がわかります。ところがAGCがかかった通信型受信機の音と7600GR同期検波かけた音を比べてみると効き目がわかる時はめったにありません。しいて言えば中心周波数の上下どちらかに混信局やノイズがある場合くらいです。

それだけ通信型受信機はAGCの時定数やナロー・フィルターは考えられ作られていると言う事でしょうか。

この遊びも飽きてしまいました....(^.^;

クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ