2015/10/30  2:30

USBスティックメモリ  パソコン・ハード

クリックすると元のサイズで表示します

HDDの入っていないVAIOノートPCにHDD代わりに使用しているUSBスティックメモリ最近書き込みエラーが出るようになったのでブランド品なら信頼がおけるかな?と東芝製のメモリ購入しましたがPuppy Linux立ち上げ時10回に1回位しか読み込みません。(^0^; (一旦Linux立ち上がってから差し込むと読み込みますが)

以前使用していたイオンで購入したKINGMAXのUSBスティックメモリをフォーマットし直し、Preciseフォルダーごとコピーしました。これは100%読み込みます!(^0^)/Puppy Linuxにはこちらの方が相性良いみたいです!

まあどちらもLinuxは対象外ですけどね!文句は言えません!

クリックすると元のサイズで表示します

で、これがPuppy Linuxディスクトップ画面!まったくおバカな!ぷうっ!(^0-)

クリックすると元のサイズで表示します

OMさんから頂いたWindows XPでしか動作しないと言われている周波数帳アプリですが、Flash Playerの最新版インストールしましたのでPuppy Linuxでも動作しました!(^0^)/
0
タグ: Puppy KINGMAX



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ