2008/6/26

海外への引越し  引越し

近場でも大変な事だけど(といいつつ約7年の茅ヶ崎滞在中に
計4軒も住んだけど)海外への引越しは大変。費用会社負担の
場合は「指示だけすれば梱包から何から全部業者さんがやって
くれるので国内の引越しより却って楽だった」という方もいる
ようだけど、うちは出来る限り安く!だったので、出来る限り
自分たちでやったらほんっとに大変だった。

まず、するべきことの優先順位と、行動に移す時期を決める
のが難しい。自分は飛行機でびゅんと着いちゃうけど荷物は
船だから日数がかかる。わざわざ送るくらいだから当然着いて
すぐ使いたいものなので、到着したらなるべく早く受け取りたい。

じゃぁ現地への船の到着スケジュールを聞いて通常かかる日数を
逆算して日本の出港日を決めなきゃいけない。でも会社によって
使う船会社が違うのでまずはどこの会社に頼むのか決めなきゃ
ならない。どこの会社に頼むかはまずあちこちに見積もりを
お願いしなきゃ決められない。見積もりには送る荷物の嵩や
重量がある程度具体的にリストになってないといけない。
リストを作るには荷物をまとめださないといけない。
でも約半年後に送る物を今梱包、しちゃったらここでの生活が
なりたたないし…という壁に悩み、だらだらする事数ヶ月。

“このままじゃずぅっと帰れない、まずはチケットを買って
しまう事だ!“と勇気を出し、それ以後はかなりいい加減ながら
リストを作り、見積もり依頼。
でも海上コンテナ輸送の会社なんて普段そういう仕事をしてない
限り全然知らないじゃない?どこがいいとか安いとか。
知り合いの知り合いを頼って情報を聞いたり、あとはネット検索、
電話…色々調べられてホームページ上で質問や見積もり依頼も
出来てネットってスバラシイ!とあの時はつくづく思ったなぁ。

結局いくつか回答をくれた会社の中で一番安かったのは
ヌメアにもあるフランスの会社。日本の大きいところはそれは
きっと至れり尽くせりなのだろうけど、とても個人で払う気に
なる値段ではなかった。

船のスケジュールが決まってからは実際のパッキングリスト作成。
これがまたすべての荷物に番号を振り、名称、寸法、重量を記入
というめんどくさい物で、こういう事を自分でするから
安いんだよなぁ、と思いつつ夫婦二人でまのんが寝るのを待ち、
各自メモとメジャーを片手に

ママン「次、18番」
パパ「25×45×60cm、重さは…8kg」
とかやったものでした。

間際になってやっぱりこれは積みきらないかもと省いたり、いや、
やっぱりこれはどうしても入れておきたいと追加したり、何度も
変更を重ね、

「まだですか?これ以上遅れると、予定の船に間に合わないかも
しれませんよ」

と船会社を手配する会社の人にせっつかれ(徹夜はしてないけど)
目の下にクマをつくってFAX。OKが出たら最終リストを
税関提出書類を作成する会社の人(これは下請けになるのかまた
別の会社なんだよね)に提出し、荷物は車にできる限り
ぎゅうづめ。それでも乗り切らない分は友達のK1さんにお願いして
一緒に横浜の港まで行ってもらうことに。

車は自分たちで陸運局へ行き、国外へ送る手続きをして、
後ろも横も見えない状態で横浜の港まで走り、プレートをはずして
コンテナの会社の人(これもまた別の会社なんだな)に報告し、
また陸運局へ出向き返却。あ〜めんどくさ。

でも横浜へ行くことは何度もあったというか、通勤してたことも
あったくらいだけどコンテナ用の港なんて今回初めて。
思えばなかなか面白い経験でした。
引越し・輸送に関してご協力いただいた皆さん、
その節はどうもありがとうございました。

後日、コンテナ荷物受け取り
この時期ママンはのんとふたりで実家の世話になっていたので
どんだけ大変だったのかよく知りません。
が、パパによるとすごく大変だったみたいです。
「ヨーロッパの安全基準に合格した車でないとナンバー
プレートを渡せません」
プレートないと走れないじゃん…
オペルの左ハンドルなんだからEU向けのEU産に
決まってんじゃん、と思いますが、EU圏から出荷されたという
証明書がないといけないというのです。
新車で買ったわけじゃなし、そんなのどこに頼むんだよ…

ここでオペルを扱ってるディーラーに聞いても
「うちで買ったものなら発行できるけどねぇ」と(当然だが)
断られ、つてを頼って、フランスのオペルのディーラーに
知り合いのいる友人から無理を言ってなんとか発行して
もらった。(日本で10年走ってた車にいったいどうやって
そんな証明を出すのか謎だけど、車体番号さえあれば、
あと知り合いさえいればなんとかなるもんなんだね)

荷物到着から3ヶ月くらいかかったらしいけど、とにかく
ちゃんとプレートももらえ、無事ママ用車になったのでした。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ