2008/6/28

困った話 続き  グチグチ

困った話 そのA
ヌメアの幼稚園はオムツはずしが完成してないと
入れてくれません。それを知ったのが今年1月。

“幼稚園で他の子がしてるのを見たらすぐできる
ようになるし“
と呑気に構えていたママンはあせって練習を始め
ましたが、ビザが取れてヌメアに行く頃までには
なんとかなるだろうと一足先に帰国していたパパに
今年(日本で言う新入学・進級のシーズンは2月)
入園の手続きをしておいてもらいました。

寒いうちはなかなか進まなかったけど、5月に
なる頃には自分から教えてくれることも増えて
きていたので、暑い所へ行けばもう大丈夫だろうと
安心してました。

ところが!飛行機の中で心配だからと紙オムツに
戻したせいか、海でさせてしまったせいか、それとも
カルチャーショックで少々赤ちゃん返りしているせいか、
すっかり後退してしまったのです!

今や聞いてあげても「でない。行かない。」と言いつつ
してしまいます。家の中ではもちろんの事こないだは外で
お昼を食べてたらレストランで
「でちゃった」  ・・・だし(テラス席でよかったよ〜
後日は公園でだし。きっと暑い国はみんなそうだと思うけど、
ここの子達は1歳半くらいからトレーニングするから3歳半
近くにもなってオムツなんて考えられない事みたいです。
しかも紙オムツってここじゃ日本の3倍位してるし
トホホ・・・

困った話 そのB

ママン「ちゃんと教えてくれないんじゃもう外に出られない
    からずぅっとお家にいるしかないよ」
と一日家から出ずにいたら夕方欲求不満になったのか、
のんは髪を結んでいたゴムをはずしゴミ箱に捨てました。

ママン「何するのよ!」
と拾ったら今度はゴミ箱を逆さにして部屋にぶちまけました。
ママンは切れて怒鳴りましたが  
「いいの!
ママンはぶち切れお尻を15回くらい引っぱたきましたが
やっぱり  
「いいの!
謝りもしなければ泣きもしません。呆れる強情

*ちょっと反省*
ちょうどタイミングよく帰ってきたパパは
「こういうわけで、もう家から出さない!」というママンを無視。
「散歩だよ〜、おいで」とあっさり連れ出してしまいました。
“まったくも〜甘いっ!!!”
とさらに怒りつつも一人になってホッ。

ずいぶんたってから帰ってきた二人。同じくらいの女の子が
二人いる友達の所に行って、パパの仕事が済むまで
(休憩中に帰ってきただけでまだ全部終わっていなかった)
一人でそこのうちで遊ばせてもらったそうです。途中ちょっと
泣いたらしいけど、パパが出かける時は普通に見送っていた
そうです。帰ってきたのんはすっかり上機嫌で一人で遊び
始めました。しばらくすると

のん「ママ来て」
手を引かれていってみるとおもちゃ箱をひっくり返した
机の上になんかなじみのあるメニューのおままごとが…
クリックすると元のサイズで表示します
のん「ママにご飯つくってあげたよ。
 お口拭くのもあるからね、大丈夫よ」
 (芸が細かい)

彼女なりのごめんなさいなのでしょうか?
梅干おにぎりと玉子焼き、まるでこないだのお弁当です…子供は本当に、見たり聞いたり自分がされたりした事をするんだよなぁ。てことは、あんまり厳しくするのも考えものって
事かしら、とちょっと反省。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ