2008/7/16


ヌメアの学校は朝早い!
暑いところだから理にかなっているとは思うけど
7:30〜7:45に登園。そして終わりも早い。
11:00〜11:15の間に連れ帰らなければいけません。
(水曜のお迎えはなんと10:30〜10:45!)

もし午後も行かせたければ12:45〜13:00の間に
最登園し15:15〜15:30の間にお迎え。
午後はお昼寝させるだけみたいなのでうちは今のところ
午前中のみで様子をみてます。
お弁当・給食はないので一回連れ帰ってお昼を食べさせて
また連れて行かなきゃいけないので、共働き夫婦にとっては
とてもやってらんないスケジュールです。
なので、お昼のお迎え&最登園はおじいちゃんおばあちゃんの役目、といううちもあれば、そう毎日頼ってられないうちは
トランスポートの会社に頼んでいるようです。

クリックすると元のサイズで表示しますミニバスで迎えに行ってくれてどこか
カフェテリアのある他の学校にでも
連れて行って食べさせるのでしょうか、
それともその会社でそういう場所があるのでしょうか(この辺はまだ謎です)
とにかく昼食後にまた連れて行ってくれるサービスを
頼むのです。月2万CFP位という話を友達から聞きました。
とにかく11時のお迎えの時間には園の前が
自家用車&ミニバスでいっぱいです。

のんの通園バッグはいちごのついたかわいいやつ。
もちろんここで買ったものではなく、日本を出る前、
OJISANCHIに集うお友達にいただいたものです。
ここでこういう斜めがけスタイルのバッグを持ってる子は
皆無。園児から高校、いや大学生まで学生はみな
リュックです。

でもみんなと違ってもお友達も先生も何も言いません。
のんも特に気にする風はなく、すごくお気に入りで
行きも帰りも「自分で!(持つ)」と嬉しそうに斜めがけ
しています。みんなと違うからっていうイジメの心配だけは
ないところだね。

実はママンがびっくりしたのはかばんの置き場所。
日本だったらお名前のついたフックに各自かけていったり
するよね。ここではクラスの入り口に大きいカゴガひとつ。
各自放り込んで登園。
当然早く登園した子のかばんなんて埋もれて見えません。
でもま、荷物を使うのはトイレに失敗したときのみ。
お帰りまで使わない事が普通なので何の問題もない、
のでしょう。

ママンが通った園では子供用の手帳があって、毎日
シールを貼ってもらうのが嬉しかったものでしたが、
そんなものはもちろんなく、親と学校の連絡帳さえも
(これは一応ある、が)すごく普通の大学ノートみたいなので、各自の言動についての記入は一切なし、全員に宛てた
プリント(いついつは会議のため臨時休園です、とか)
が貼られて時々行き来するだけ。迎えに行ったときに
一言二言今日は何をしたとか言ってくれるけど
園にいる間なにをしてるのか、
うちの子はどんな風なのか正直ほんとに謎です
クリックすると元のサイズで表示します


日本の幼稚園では病気の蔓延を防ぐために各自水筒
持参だったりハンカチやタオルを毎日持って行ったり
するのが普通だと思うんだけど、ここでは何も言われません。
ハンドタオルくらいはかばんに入れてみたけど使っている
様子はなし。

ママン「おやつ(バター付きパン程度みたいですが、
    でるのです)の前とかトイレの後とか、
    手を洗わないの?」
のん 「洗うよ」
ママン「どこで手を拭くの?」
のん 「タオルがあるの」
どうやらみんな同じタオルで拭くのかなぁ?


ママン「お水飲むときは?」
のん 「コップに入ってるの」

どうやらおやつのときは牛乳やお水がコップに入って置いてあるらしい。のんの説明ではハッキリわからないけど、
ま、細かい事は気にすんなって事かな
病気にならなきゃ文句ないけどね・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ