2008/9/2

子供向けの番組  

といえば、では教育TVから幅広い年代向けのアニメなど
盛りだくさんよね。日本であんまりいろんな番組を見せて
なかったせいか、のんは執着しない方だったけど、
ここではKikou Les Copains(キクゥ レ コパン)というものを
気に入っています。ちょうど朝ごはんの頃にやっていて、
これで寝ぼけまなこが開くカンジです。
内容は…

ちゃっちいかぶりもののKikou(これがサメなんだよねまた)
とお兄さんて呼ぶべきかビミョーな年代のお兄さんが出てきてニューカレドニアのあちこちの学校を回ってそこの子供たちにゲームをさせたり歌わせたりするの。日本の番組に比べると
いかにも“低予算“てかんじで最初はもの悲しくなっちゃった
けど、でも学校対抗もしくはクラス対抗で障害物競走みたいなことしたり時には市営プールの滑り台やプールを使って競争させたり、工作対決のようなことをさせてるのを見てたら、
大人が一方的にしてあげたり教えてあげたりじゃなくて、
子供達が主役になってるのは、意外にいいのかもと最近
思うようになってきました。“低予算”の結果図らず
もそうなってるだけだとは思うけどね

そういえばこないだ、このビミョーなお兄さんが細長い
風船をふくらませてお花やハチを作ってるのを見た友達の
子供が、
「すごいな〜こんなの見たことない!
 うちの学校にも来てくれないかなぁ」
って言ってたなぁ。可愛いよね。
日本にいたら大型スーパーや遊園地はもちろん週末の
モデルハウスででもこういうのやってるのにね・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ