2008/10/31

ハロウィーン  幼稚園・学校生活

「10月31日(金)はFetes des Sorcieres(魔女のお祭り?)
仮装してきてもいいですよ」
というお知らせが学校からきたのが先週の金曜日。
週末の買い物はとても混むので公園などでよく遊び、
のんきに月曜に買い物に行くともうコスチューム売り場は
ほとんどからっぽ。あわてておもちゃやさんやディスカウント
ショップをあちこちはしごでももっと大きい子用の、
しかもピエロとか海賊とかハロウィーンにあまり関連のない
ものしか残ってない!やばっ!!
(ハロウィーンコーナーはすでにすっかり片付けられ
クリスマスのコーナーになっているところまであったよ。
いくらなんでも早くない?)
どうしようかと思ったけど、ちょっと大きいけどまぁ
しょうがないかと黒いマント&とんがり帽子を買って帰宅。

でも翌日
「あのマント、ビニールみたいだけど金曜がすごく暑かったら
どうしよう。ずっと着てて熱射病になったら困るし、かといって
すぐ脱がされちゃっても可哀想だしなぁ」
と心配に…あぁ、親バカね

「今更間に合わないかもしれないけどやってみるか」
と黒い布を購入。ビニールマントを下敷きに超適当に
型紙を作り思い切りよくジョキジョキ、ミシンはないので
手でチクチク。しかしのんは一緒に遊びたがるし、一応
家事もしなくちゃならないし、「あぁはかどらない…
みんなが寝てからチクチクチクチク。思えば中学・高校時代、
家庭科の成績は3時々2(いや逆だったかな<)くらい
ひどいもんだったけど人間やればできるのよね。
ほら、ちゃんとできあがったわよなんとか、金曜午前2時に…  じっくり見ちゃうとやっぱり縫い目は2のでき。
(人ってやっぱりそうそう変わらないわね)
高校の家庭科で浴衣を縫ったときは提出の日、
朝すずめの声が聞こえ始めた頃になんとかようやく
縫いあがったけど、チャコのしるしが(ところどころしつけ糸も)
ついたまま提出したっけなぁ・・・と思い出しながら、今日も
洗う時間はない、やっぱりチャコのしるしはそのままだな。
とりあえずアイロンだけはかけて、完成!

朝 試着
パパ 「できたの?」
ママン「うん。いい加減だけど、最悪半日もてばいいわけだし」
パパ 「なら黒のゴミ袋でもよかったんじゃないか?」
ママン「 (そうとも言う・・・)」

クリックすると元のサイズで表示しますハロウィーンってもともと英国系の行事のはずだけど確かにアメリカでは古いシーツに穴を開けてペイントして終わりとか割と
シンプルに手作りしてたような…
それも今は様変わりしているのかな?
最近は日本でもいろいろするようになったようにここでも幼稚園くらいまでは
お菓子もらったりするみたいね。
(あとは高校生以上20代前半もどっかに
繰り出すのかな)

さてのんを送っていくと…庭が魔女と悪魔でいっぱい
赤い悪魔を連れてきたおとうさんも黒いシャツに赤いかつら
だったり(きっとそのまま通勤するのね)、結構力の入った
ペインティングの子がいたり、そういう子が怖いのか
泣いちゃってる子がいたり、悲喜こもごも。
クリックすると元のサイズで表示します
たくさんのちびっこ魔女に囲まれて
楽しそうなのん。
あぁよかった。
クリックすると元のサイズで表示しますのんの教室 
写っているのは
園長先生






クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますこんなお土産を
もらって帰宅

バットマンの
かご、
クラスで手作り
したそうです





クリックすると元のサイズで表示します
中身は・・・
体に悪そうなものばっかり
でも子供はこういうの好きよね。


ママン「今日は何したの?」
のん 「お砂遊び」
あ、そ。着てる物以外は別にいつも通りなのね。

ハロウィーンて言えばやっぱりかぼちゃ。以前は水っぽい
かぼちゃしか見つからなかったけど、今は日本とおなじ
緑の皮のホクホクしたかぼちゃが買えるようになりました。
嬉しくなっていろいろ作成。
クリックすると元のサイズで表示します
スイートパンプキンとか
クリックすると元のサイズで表示します
かぼちゃの
オバケクッキーとか 
のんも顔を作ったよ 




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ