2009/5/15

ユーモアって大事よね  Pizzeria de Yahoué

今日はピザやさん大繁盛。(っていうほど儲かっては
いないけど)私たちのキャパからするとすごくたくさん
注文が来てパニパニ。

金曜と土曜はいつもの人数ではさばききれないだろうと
いうことで、カウンター二人、調理に二人の体制で
のぞんでいるのですが、それでも注文が立て込むと
うまく連携がとれません。お互い苛立ち

その1
A「これまだ?」
B「そんなの聞いてないよ」
A「ちゃんと書いてあるじゃない」
B「この書き方じゃわかんないよ」
 
お客さん「まだなの?」
C「ちょとお待ちください」
D「こんだけ注文が入ってるんだから15分後なんて
  言ったら間に合わないよ」
C「30分て言いました!」
D「このあとの注文は45分て言わないとムリだよ!」

のようにお互いトゲトゲ。私たち夫婦はいつものこと(?)
なのでまぁよしとしましょう。

カウンターを手伝いに来てくれてるお友達と
調理を手伝いに来てくれてるお友達が
一瞬険悪ムードになってママンは
ヤヴァイ・・・とハラハラ。

でもちょっとお客さんが引けて落ち着いた頃、
C「あ〜暑い暑い!水着で来ればよかったわ」
D「いいねぇ、明日はそれを楽しみに来るよ。」
ケラケラケラ・・・
とみんなで笑って険悪ムードも気まずいムードも
なかったことに。

その2
いとこの作ったメニューはたくさんありすぎたので、あんまり
売れてなかったもので仕入れの高い材料が必要な
メニューをはずしたパパとママン。それがお気に入り
だったというお客様が来ることがたまぁ〜にだけどあります。

今日はツナやスモークサーモンを使ったものを注文
したかった人が来て、マダム「Le Lagonをひとつ」
ママン「すみません、メニューを変えてしまって、それはないんです」
マダム「え、いつものやつないの?えぇ〜?
    メニューを変えたって、じゃ新しいの見せて!」
   
   「う〜ん、はっきり言って悪いけどどれもあんまり
    気乗りしないわぁ・・・」

ママン「すみません、シーフードっていうとこれとか、これとか・・・」
とあせって説明するママンをよそに後ろから

パパ「今日は釣りにいけなくて」
パパ友「そうそう、船壊れちゃって」
マダム「ぷっ。」

1回笑っちゃうとほぐれるのよね。いろいろ説明した結果えびを注文。
以前注文した時は具が少なくて不満足だったそう。

パパ友「同じじゃありません。今のはずっしりです」
マダム「じゃ、試してみるわ」

閉店間際に「とってもおいしかったわ。また行くわ」
とわざわざ電話を入れてくれました。

日本だと、お客様にこんなこといっていいの?
と思うようなことでも言っていいのよね。
笑いが取れればそれでよし。

こういうこと言わなきゃだめなんだ、と思っても
こういう頭の回転てよくならないよね。
ママンは苦手だわぁ・。日本語ならまだしも・・・
仏語でなんて無理!

0

2009/5/14

マニキュア  おしゃれ

クリックすると元のサイズで表示します

のんがはまっています。
日本の子供用のは水で簡単に落ちるのね。
あんまり探したこともないんだけど
こっちにも子供用マニキュアってあるのかな???

大型スーパーならたいていどこでもおもちゃのコーナーは
あるけど、でもたいてい人形とかミニカーみたいなもの。
クリスマス前になるとダーっとおもちゃ売り場が急遽
拡大するのでその頃にはバリエーションも増えるけど
それ以外の時期にはあんまりたいしたストックじゃない。
そういえば日本のサンリオコーナーみたいなこまごました
子供用商品っていうのは年間通じても見ないなぁ、
そもそも。

今回は日本のマミイにお願いして送ってもらいました。
(荷物も手紙も着いてます。どうもありがとう!!)
クリックすると元のサイズで表示します

のん「わたしのvernis a ongle マニキュア」(うっとり

すごい勢いで塗りたくっているのですぐなくなっちゃう
でしょう。ない時はピンクや赤のマジックで塗ったりしてて

ママン「ずっとそれでいいじゃん」とも言ったんですけど
のん「やだ お願いする」

やっぱり女の子ですね。

ママンも昔は好きだったんだけどなぁ・・・
もうそんな悠長なことしてる暇はなくなりました。
店を始めてからはますます手荒れが進み、
”生活(クラス)は手に表れる”を実感してます。
フゥ〜

1

2009/5/13

さよなら金魚さん  

Pizzeriaを買ったら、金魚が1匹ついてきました。
というのも、以前はいとこが彼女と二人でやっていたこの店。
幼稚園の先生をしていた彼女の配慮で、子連れで
買いに来るお客様の暇つぶしになるよう
お絵かき用のクレヨンや色鉛筆が用意してあったり
水槽がカウンターに置かれていたりしたのです。

うちが引き継いでからは金魚ちゃんのえさやりは
のんのお仕事になっていました。

ところが、今日行ってみたら底の方で動かなくなって
るじゃありませんか!!
何年も洗ってなさそうな水槽を洗ってあげなきゃと
思っていた矢先だったのに・・・

パパいわく「えさのやりすぎだってば」
え、そうなの?
1日1回だし、休みの日なんかあげられないんだし、
そんなにたくさん入れてるつもりじゃなかったけど・・・
あ、でも確かに昨日はちょっと入りすぎちゃったんだけど・・・

金魚ちゃん。まだ名前もなかったのよね、そういえば。
ごめんなさいね。



0

2009/5/10

お絵かき その2  幼稚園・学校生活

去年も学校からのお知らせノートというのはありましたが
今年の担任の先生は、交換ノートみたいなものも作って
くれています。
学校からは、授業中や行事の様子をプリントにして
貼ってくれて、うちからは”写真や絵を貼っても
文章だけでもなんでもいいので放課後や休みの間に
したことを教えてください。必ず子供と話し合って
一緒に書いてください”というもの。
何をしたか言葉で説明する練習にもなるし、先生にとっても
あんまりおしゃべりしない(のんみたいな)子とお話しする
きっかけがつかみやすいのでいいことだと思います。

今まではこのブログの記事みたいにお出かけしたことや
お稽古事の様子を書いてきましたが、これからは仕事に
店に、いろいろ忙しくてネタに困るようになるだろうなぁ・・・

今週は学校からはお豆の種まきをして芽が出てきた話が
貼られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ママン「で、のんのは結局芽が出たの?」
のん 「ううん、でないよ」
ママン「あらそう・・・残念ね」
   (かわいそうに、がっかりしてないかしら)
のん 「・・・」
    (両手を広げて肩をすくめる外人ポーズで笑顔)

別に気にしてないみたいね

ママンは小学校の頃学校でまいた朝顔の芽が
出なかった時、結構悔しかったり悲しかったり
したものですが、のんはいたってマイペース、
って言うか南国仕様?
ま、悲しくないほうがいいのでこれでいいか・・・

今日のんが書いた絵の中にこんなのがありました。
クリックすると元のサイズで表示します
ママン「これ何?」
のん 「haricot(お豆)だよ」
ママン「そう、これは元気よく伸びてよかったね」
のん 「ふふ〜ん(笑)」

子供は現実と仮想の世界の区別があまりないっていうけど、
絵に描いてみるだけで現実になった気がするのでしょうか?
それで満足しちゃうから別に悔しくも悲しくもないので
しょうか?そう考えると私は想像力の乏しい現実的すぎる
子だったのでしょうか

そういえばこないだのお絵かきの記事に
のんの絵が外人ぽいとコメントをもらいました。
そう、ほんとにそうなのね。太陽の書き方とか、日本の
子供の絵とはだいぶ感じが違います。
のんの絵(特に人物を描いた時)を見てると、確か
お行儀について書かれた内容だったと思うけど
「おっとあぶない」とか「みてるよみてる」とかいう
絵本を思い出します。いかにも外人の子が描いた感じの
挿絵だったのです。もちろん子供が描いた感じに描かれた
大人の絵だったのでしょうけど。


とにかく今週は
「私のまいた種は芽が出なかったので絵に描いて
みました!」っていうささいなお話でお茶を濁しておこう。

ってことは、このブログもお茶を濁した感じ・・・かしら?

0

2009/5/7

Pizzeria de Yahoue  Pizzeria de Yahoué

Pizzeria de Yahoue
(ピッツェリア ド ヤオエ と読みます)
の開店から1週間。

怒涛のような週末の後、月曜は今後が心配になるほど
ヒマでしたがその後は平日も思ったよりも売れていく
ことに驚いています。

でも入ってくるものはみんな次の仕入れになる
もろ自転車操業状態なので、果たしてこれが
いつ楽になってくるのか・・・
っていうか電気代(窯は電気なのさ)の請求書とか
きた日には(来るわよね、当然)払えるんだろうか・・・
とかね。心配心配心配・・・

でもママンの友達はのんを快く預かってくれたり
パパの友達はかわるがわる仕事の後だというのに
店に来て手伝ってくれたりほんとうに友達に
恵まれています。みんないろいろとありがとう

って言ってもここの友達は、近すぎて恥ずかしかったり
また日本語読めなかったりするため、このブログのこと
あまり話してないの。だからここで御礼を言っても
あまり意味ないんだけどね

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ