2009/5/22

ポケットの中には  おもちゃ・遊び

小さい頃、出かけるたびにポッケにいろんなものを入れて
帰ってきたことありましたね。今のんがまさにその時期です。

小石、小枝、鳥の羽、貝がら、ビーズ、道端で摘んだ草花、etc…

毎日ちゃんとポケットを探ってから洗濯機にいれないと
大変なことになるよね。

洗濯終わり、とふたをあけたら、
”なんでオレンジ色のしみがあちこちに・・・?
あ、色紙にお絵かきしたやつを小さくたたんでポッケに
入れてたんだね・・・”

とか

乾燥機の音がちょっとうるさかったけど
「ファスナーのあるパーカー入ってるし」
ぐらいに軽く考えてたら

ひぃぃ・・・なにこれ?粉々になった貝がら??”

とか。
・・・(脱力)

貝殻は学校の庭で砂遊び中に目に付いたのを拾うらしく、
毎日お迎えのたびに大切そうにポッケからとり出しては
「ママにコキアージュをひろったのよ」
とくれるのがかわいいので許す。
(でも実はもらってすぐうちの庭にポイしちゃうんだけどね)

のんの今一番のお気に入り収集物はフランボワイヤンの種。
庭に生えてる木から落ちてくる大きなさやに入ってて、
見た目ちょっとひまわりの種みたいです。これにティッシュを
ちぎったものやおはじきを混ぜてごちそうを作ってくれます。

日本だとよく拾ってきたどんぐりから、忘れた頃に虫が出て
きて「きゃぁ〜」って事がありますが、この種はかなり硬くて
虫が喰わないのかなんか出てきたって事は今のところなく、
なんでもすぐ片付けちゃうママンも捨てずにとっておいて
あげています。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ