2009/6/12

子供も疲れるの  

学校でよっぽどよく遊んでいるのでしょうか、それとも
うちの娘はすごいなまけんぼうなのでしょうか。
のんの寝ること寝ること。

学校から帰ってすぐシャワー、着替えさせてピザやへ
向かう途中で寝始め、ついても起きないのでそのまま
ベッドに寝かせ、晩ご飯も食べずに閉店まで
家についてしばらくすると「おなかすいた」
でもあんまり食べずに遊び出して夜中近くなっちゃう
こともあればまたすぐなことも。

朝は6時半頃から立たせても立たせてもずるずる
その場に崩れる彼女をいすに座らせて、7時頃に
「もう限界だってば、起きないと!!!」
とむりやりパンや牛乳を口に入れてみたり
しますが食べられないことも

こないだはとうとうベッドの上で寝たまま着替え
させて顔をごしごし拭いて牛乳パックを持たせて
車に積み込み
「学校に着くまでに飲みなさい!!」
とベッド学校とほぼ寝たまま移動させた
ことも・・・とにかくリズムがうまくいってない
ことは間違いありません。

昨日はめずらしく

のん「pizzeriaに行きたくない」

やっぱり疲れすぎちゃったのかしら?
パパは友達と二人でお店を開けることになって
大変だけど仕方ない、とママンはのんと二人で
お休みをもらいました

二人でお風呂。二人で向かい合って一緒にごはん。
絵本を読んだりマミーが送ってくれた日本からの
箱を開けて新しいお洋服をあれこれ試したり、
ひらがなかるたで遊んでみたり。
あぁなごむわぁ気持ちに余裕がある時は
こどもと一緒に遊ぶのも楽しいよね。子供も
そういう時は大概いい子なのよね。
以前は毎日あった二人でのんびり過ごす何てこと
ない夜。毎日だとどうってことなくなるんだけど、
たまにだと新鮮です。あぁささやかなしあわせ

思えば月曜からずっと、起きてる彼女にほとんど
会えなかった。かけた言葉といえば

(ご飯、着替え、トイレ、お風呂、歯磨きのどれかを)
「早くしてよ。早く!」

しかなかったような・・・

”ママいい子じゃない”
http://sun.ap.teacup.com/kalolo/159.html
ってこういうことなのかな?
ちょっと反省。でもしょうがないのよ〜。
(反省足らない?)

体力もきもちも、子供でも忙しすぎると疲れきっちゃう
のねきっと。今日は夕寝はなしで8時に
今朝はちゃんと6時半に起きて大好きなチョコ牛乳を飲み、
ご機嫌で新しいお洋服に着替えて学校へ行きました。
やっぱりこれがいいペースなのよねえ。
ほんとは毎日こうしたいけどねえ・・・


0

2009/6/8

お気に入りの曲  Music

ここ最近のんがしきりに歌っていた
(というか歌おうとしていた)歌がありました。
ママンにはまったく見当つかず、
“子供の歌にこんなのあるのかなぁ??”
でしたが、パパにはある日ピンときたそうです。
「よくラジオでかかってる曲じゃないか?」

でもタイトルもわからないので鼻歌で
「ほら、こういう曲」と言うと友達が、
「もしかしてあれかなぁ?」と携帯で探してくれる。

パパ友「これかな?」
のん 「そう!この曲好きなの!!

タイトルがわかれば即ダウンロード。
ようやくいつでも聞けるようになりました。
すごい連携プレーで探し当てたのはこの曲でした


のんが歌っていたのはサビのとこだけ、しかもけっこう
テキトー。オリジナルを聞いてからのんのを聞いて、
ようやく「なるほどね・・・」と初めて納得がいったわ。

それにしてもアーティスト名や曲名をうろ覚えでも探せる
ようになったり1曲づつ購入できるようになったり、
ほんと便利な世の中になったものです。
昔は海外にいると日本の曲なんかまったく聞けなかった
けど、いまじゃぁ大抵の国の音楽をネットで検索・購入
できちゃうもんね。「○○のCD送って」って家族や
友達に頼まなくてもよくなったんだなぁ。
時代は変わったもんです。

3
タグ: 音楽

2009/6/7

母の日  子供の言うこと

ママンは去年日本を出発する前に5年スケジュール帳
というものを買いました。普段あまり去年の今頃は・・・って
振り返ることはないんだけど、昨日はたまたま開いたら
去年の6月6日には”Tさん&R子さんの結婚式”の記載が。
あ、そういえばこっちに来てすぐおよばれしたんだった。
ということは、ママンとのんがヌメアにやってきて、もう1年が
経ったってこと!よくよく見ると、そうです去年の5月28日に
出発の記載がありました。早いわぁ。

去年日本では母の日ってもう過ぎたと思ってこっちにきたら
母の日セールのチラシがあちこちでばらまかれてて、
あれっと思ったものでしたが、母の日って万国共通じゃない
んだね。知ってた?

去年の今頃はまだ学校へ行ってなかったのん。母の日って
ものを知りませんでした。今年は学校ではなくCentre
でですが、プレゼントを工作してきてくれました。
自主的なものじゃなくやらせだとわかっていても、初めての
母の日のプレゼントはきっと感動的な瞬間に違いないと
実はちょっと楽しみにしていました。

が、金曜日、Centreから帰ってきたのんは別に何を言う
でもなく、学校用にカバンの中身を入れ替えようと開けて
見ると中にいろんなものが。
クリックすると元のサイズで表示します

(そうよ、これこれ)と思いながらも母の日は今日なので、
当日までガマンしようと開けずに机の上にとっておいた
ママン。でもこらえきれずにのんに質問。

ママン「ねえねえ、これママに作ってくれたんでしょ?」
    ワクワク
のん 「Non!C'est pas pour toi! ちがうよ
    Parce-que tu n'etait pas sage!
    だっていい子じゃなかったから」

は、なんですと??

これはクリスマス前に繰り返される
「いい子にしてなきゃサンタさん来ないよ」
に対抗するものなんでしょうか。
う〜ん、知恵をつけてきたなぁ。
しかし、いい子じゃなかったって?
何が気に入らないのかしらないけど、とにかく
母の日って趣旨をまだ理解できてないですね。
当然か・・・?

そういう自分。趣旨を理解して何十年。
でも今年も何にも贈ってません。
お母さん、感謝はしてるんです・・・
ごめんなさい
まだまだ元気でいてね。

中身はこんなでした。
クリックすると元のサイズで表示します


ママン「これ、のんが作ってくれたの?」
のん 「ワタシは絵の具をぬったの。あとは先生」
そうだろうね。

なんにしても、この1年間でトイレにも行けば、
自分で着替えもするようになり(イライラするほど遅いけど)
学校にも慣れて、母の思いつかない仏語の文章が口から
出てくることもふえてきました。
生意気言ってもこの1年の進歩を思うととっても嬉しいよ。
(あんまりくれたくなかったみたいだけど)プレゼント
どうもありがとう。






5

2009/6/5

クレームブリュレ  食べ物

最近店用の食材を仕入れる都合上、問屋さんていうん
でしょうか、倉庫みたいなところへ行っていろいろ
注文することができるようになりました。

そこの受付の人に
パパ「そのうちなにかデザートをはじめたい」

と何気なく話したところ、

受付マダム「これ試してみれば?」

と出してくれたのがこれ。
クリックすると元のサイズで表示しますパパが
「美味しいかどうか試しに
家でやってみて」
と持ってきました。

ママンはクレムブリュレって
だ〜ぃ好き。でものんが生まれて
からはレストランで食事ってのが
まず皆無になっちゃったし、
こっちのレストランはメインの量が多くてデザートまで
たどりつけないことも多い、たどりつけてもそこの店に
クレムブリュレがあるとは限らない、と、なにかとハードル
が高く、そうそう食べられないものとなっていました。
ケーキやさんで売ってることあっても、時間たっちゃってると
カラメルがやわらかくなっちゃってて美味しくないんだよなぁ、
とそれも買えないし。

ママン「そんなこと言っても、カラメルがカリってするのが
    美味しいのに、オーブンでお店のみたいに焼き目
    つくの?」

パパ「バーナーあるよ」

ママン「ウソ・・・?

パパ「ほら、これ」とどこからか出してきた・・・

ママン「こんなの、どうしたの?」

パパ「あったら便利かなと思って。前からあるよ」

そ、そうだったの?全然知らなかったけど。
ていうか、これが活躍する料理、作ってくれたことなんて
今までないじゃない?いったい何作るつもりだったんだろ?

ま、とにかくやってみましょう。

箱の説明書きを読む。ふむふむ。
一度お鍋であっためて、それから型に入れて冷やし固める。
その後上にブラウンシュガーを振ってバーナーで飴色になるまで焦がすのね。簡単じゃん。(=ママンにぴったりじゃん)

というわけで、あっけなく完成! 試食。
クリックすると元のサイズで表示します

あら、うん、なかなか。
箱のまんま、っていうもろインスタントなんだけど、でも
けっこう美味しい。バーナーでボオォっていう理科の実験
みたいなのもちょっと楽しいし、カラメルのいい匂いが
部屋に充満するのもいい。

採点結果
ママン 星ふたつ
パパ  星ふたつ
のん  星ひとつ (あたしカラメルだけでいい)

ママン「これさぁ、インスタントじゃなくて一から手作りしたら
    もっと美味しいのかなぁ」
パパ「でもシンプルなようで案外難しいデザートなんだ。
   オレは成功したことないんだよなぁ」
ママン「ふぅん、そうなんだぁ。じゃ、あたしもやめたほうが
    いいかなぁ?」
(でもそれならなおのこと、あのバーナー
いったい何のために買ってあったの?












0

2009/6/4

許せ〜ん!!  グチグチ

ご無沙汰です。今日の記事は長いです。パソコンに向かう
時間がなく、書きたいことが積もり積もってしまったもので・・・

豚インフルが世界中に広まっていますね。ここでもオースト
ラリアの客船に乗っていた乗客がここに寄港後船内で発症。
リフー島で観光客と接した人たちの中に感染の疑われる
患者がいるというニュースが流れ、怖いなと思っていたら
今度はエールフランス機の事故、悪いニュースが続きます・・・

ところで、日本ではストライキってほぼ死語になってませんか?私が子供の頃には電車が止まったり、なんてことも
春先にたまぁ〜にありましたが大人になってからはストの
ために何かの予定が狂うなんてことは皆無。また不景気に
なっちゃうとストなんて贅沢は許されない状況ですよね、
普通。

でもここでは勤め先の枠がない労働組合が存在するため、
社内の組合と違ってかなり大掛りなストができる社会構造に
なってます。どこの会社に勤めていてもそこに登録して
おけば、自社に対する不満のあるときに登録メンバーが
集まって一緒にストを起こしてくれる、という仕組み。
日本人にはイマイチ理解しがたい構造よね?

組合自体がひとつの大きな会社みたいにちゃんとピラミッド
ができていて、上の人たちは登録者が増えれば増えるほど
収入も大きくなるし、第一自分が勤めている会社じゃない
から容赦する必要がない。できるだけ騒ぎを大きくして、
困った会社が折れて条件をのんでくれればそれがまた
ニュースになって、登録者も増える、という恐ろしい仕組み。
きっと元々は労働条件を守らない会社が多くて、悪い
雇用主から労働者を守るためのものだったんでしょうけど、
今となってはいき過ぎもいいところな気がします。
騒ぐことが仕事の人たちがたくさんいすぎて、いつもどこかで集会。トラックを何十台も連ねてノロノロ走ってみたり道路を塞いでみたり・・・ホテルや空港職員にも組合員がいるので、ヌメアで一番高級なホテルでも入り口にバリケードを築いて
みたり、国際空港なのにポーターがストのため積込みに
何時間もかかるという異常事態もすでに日常茶飯事

ここ数ヶ月は国内線の空港でしょっちゅうスト。離島へ行く
お客さまの送迎の仕事が多かったパパは、もうなんのための
ストなのかいちいち聞く気にもならなかったそうです。
お客様になんなのか聞かれても答えはいつも

「イベント」

なぜなら、大音量の音楽がかかってて人がいっぱいいる
から。確かに一大イベントなんですけどね

実はこの一連のストの理由、ニュースで取り上げられました。

“3ヶ月の試用期間後に正社員になるはずだった
契約社員の女性の契約が更新されなかったから“ 

こう聞くと航空会社側の理不尽のようですが・・・

航空会社の言い分は
“職業上知り得た個人情報を守れなかったため”

この人なんと、親戚のおばさんから
「うちのだんなが旅行に出たはずなんだけど一体誰と
乗ってたか、いつ帰ってくるか知らない?調べて
と問い詰められて教えちゃった。
そしたら帰りの便を待ちうけたおばさんが空港内で
二人に詰め寄り大スペクタクルに・・・ということだったらしい。

これじゃぁ解雇というか、契約更新されなくても仕方ないよね。

こんなことでなぜ、旅行者や代理店の人間が振り回されなきゃならないのか

離島に住む人たちは観光ぐらいしか職はないはずなのに
お客さんが飛んでこられない状況じゃぁ商売あがったり。
結局自分たちの仲間の首をしめることにしかならないのに・・・

でも騒ぐ人が何とかしてもらえる世の中なのよね。政府は
この女性に対して元の航空会社よりずっと好条件の、
公務員としてのポストを用意するってことで交渉。
女性も納得して示談に。でもこんどはバックにいた組合が
それじゃぁ納得いかないので「今までの間の給料をだせ」
とかなんとかめちゃくちゃな要求をつきつけてやっぱり
騒ぎ続ける。

とうとうちょうど1週間前の木曜には夜の間に組合員が
空港に侵入。機内にまで入り込み爆発物と見られるものを
設置していたという大事件が!
(実際に爆発するほどの精度のものではなかったらしいけど)日本でいう機動隊のような部隊が出動、国内線空港が閉鎖、全便欠航、という事態に発展しました。しかもインフルエンザ感染が疑われる人が出た時期と重なり、検査サンプルを
運ぶはずの飛行機が欠航。検査が進まないという事態まで
引き起こした!

さすがにこれはテロリスト活動とみなされるので関係者は
一時拘留、裁判待ちとなっていますが、でも組合専属
弁護士がいて、法の穴をつくように活動をアドバイスして
いるのできっと今回もたいした処分にならないんだろうと
思います。

かいつまんで書いてもこんな長くなったわ。あ〜疲れた
(読むほうもさぞお疲れでしょう)

うちは観光で食べているのにマイナスイメージになるような
ことをブログには書きたくなくて観光客の事故や現地の
問題の話題はずぅっと避けていましたが、今度と言う今度は
黙っていられません。

も、こんな島に誰も来なくなっても
当然だぁ


って観光局の偉い人に言いたいけどそういう人には
会えないからここで吐き出すしかないのよね〜。
これでもう来てくれる友達も家族もいなくなっちゃう
かしら。でもしょ〜がないわ。
日本でお会いできる日を楽しみにピザ屋業に励みつつ・・・

「いやいや、世の中そんなひどいことがあるはずない」

と信じきれない、いい人とか

「どんだけすごいところなのか自分で確かめてみたい」
という少数派の方を待つことにしましょうか(泣笑


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ