2009/10/30

La Danse A Cent Temps  お稽古事

さていよいよ初日。のんは相変わらず薬のお世話になりながら参加。
大丈夫かなぁ、熱で倒れないかしら、薬のせいかおなかゆるめだったけど
途中でトイレ行きたくならないかしら、機嫌悪くて泣き出さないかしら・・・
と演技以前の心配がいろいろ
だったらやめた方が・・・と今日も迷いながらのむりやり参加です。

普段の練習はもちろん、全体のリハーサルの時も
先生「びっくりさせたいからご両親は退場!」
と追い払われていたので内容を見られるのは今日が初めて。
学校のspectacleのときにも思ったけど、フランス語には学芸会・
発表会といった単語はなくみんなspectacle とお知らせがきます。
学校のスペクタクルは小さい子から順に各クラスの出し物のダンスを
していたのでまさしく学芸会のイメージだったの。今回も生徒たちの
発表の場だから、日本でいう発表会をイメージして行ったらちょっと
違いました。

La Danse A Cent Temps  ダンスの100年
というスペクタクルの名前どおりちゃんとひとつの
ショーになっていたのです。

帝政ロシアで発展したクラシックバレエから抜け出てモダンバレエへの
扉を開いたバレエリュス (ロシアバレエ団)という20世紀初頭に
ヨーロッパを中心に活動した一大バレエ団がテーマ。ディアギレフという
演出家が率いたこの一団は、発足からまもなくフランスに本拠地を移し、
パリでの初公演を果たしたのが1909年。

以下プログラムからの抜粋
“ロシアのアカデミックなバレエ技術の基礎を持ちながらも、
それまでの伝統的なバレエの常識を打ち破った新しい振り付けで
観客を驚かせ、次々と新作を発表”
“ニジンスキーの時代”
“第1次世界大戦とともにフォーキン(振付師)が一団を去る”
“世界大戦の波を逃れてスペインへ移動後新しい振付師マシーン
 を迎え、スペイン舞踏を意欲的に取り入れる”
“ピカソやコクトーなど当時の他芸術の天才たちとのコラボレーションを
 果たし、新境地をひらく“
“戦争の悪夢に背を向けるかのようなチャールストンの大流行”
“ニジンスキーの姉ニジンスカの影響をうけた新作の発表”
“1929年、創始者の突然の死とともに解散“

とロシアバレエ団のパリ公演から100年、というテーマにそって、
一座の演目や当時の生活や流行を組み込んだ振り付けになっています。

そもそものんの通うこの教室はクラシックの先生一人、ジャズ・
タップダンスの先生一人、とジャンルの違う先生二人でやっているので、
合同発表会はすでにコラボ。ジャンルを越えたダンスの祭典として
みんなにスポットをあてながら、観客にバレエ史の一部を紹介して
しまうなんてすごく考えられているなぁと感心しました。

生徒の進歩の度合いとか体力とか、そいうことを考えて2年に1度
なのではなく、テーマを決め、ショー全体の構想をし、演目の選択、
どのクラスにどれを振り当てて振付し、年齢さまざまな生徒たちに
習得させ、衣装を考えて、作って、実際にすべてを総合して
踊らせるまでにそれぐらいの時間とエネルギーの蓄積が必要なのだと、
先生のおっしゃってた本当の意味がようやくわかりました。

こう書いてくるとなにやらすごいショーのようですが、
もちろん技術的にはかなり大きい生徒たちでもフリを間違えちゃったり、
ふらついちゃったり、するんですけどもね
でも何年も努力してきている子達がこうなんだから、どんな時でも演技の
表情を崩さずに踊り続けるプロってやっぱりすごいんだな、と再認識。

クリックすると元のサイズで表示します
そうそう、肝心ののんは、
ちゃんとやりましたよ。
いじらしいくらい一所懸命。





さてのんはどこにいるでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します


0

2009/10/29

全体練習  お稽古事

公会堂での全体練習の日。
各自の演目練習はとりあえず終了し、参加者全員そろって
フィナーレのリハーサルのようです。と言っても公演は夜で
時間も長く、ちびっ子たちは1部が終了したら帰っても
いいことになってるので、今日集まったのはそれでも
まだ半分くらい。

相変わらず熱の引かないのん、学校を休んで英気を養って参加。
みんないつもと違う雰囲気に興奮。最初は楽しそうでした。

しかし、1部だけとはいってもやっぱり大人数。
結局3時間くらいかかり、終了時にはのん、赤い顔で
ふらふら。車に乗り込むなり
「J'ai Sommeil〜!!! (ねむい〜)」と大泣き。
解熱剤を飲んでの参加だったのでほんとうに辛かったのね。
止めるべきかどうか悩んだけど、行きたいって言うからつい・・・

やっぱり本番ないかも・・・>へ<

でも衣装合わせの時にはこんな顔。
きれいな服が着れるとなるときつくても頑張っちゃうところは、
4歳児でも女子は女子。
えらかったね、のん。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/28

ダンサー過労で倒れる?  お稽古事

会場での練習1回目を終えたところまではよかったが、
のん翌朝発熱。40度近い熱でぐったり。
いつもの先生によると、頭痛・発熱が主な症状の風邪が
はやっているらしい。
明日は会場での通し稽古があって、その後は金土日と
本番なのに・・・はたしてのんは出られるのか?
心配になってきました・・・
0

2009/10/26

会場での練習  お稽古事

学校の後、今週末に発表会がある公会堂で練習がありました。
ステージの感覚を覚えるのが目的なので今日は30分だけ。
活発な女の子たちはぺちゃくちゃぺちゃくちゃ、
座り込んだりうろうろしたり・・・
先生は結構すごい勢いで注意するのだが、
おしゃべりな子達はどこ吹く風です。
のんはもくもくと先生に言われるままに手足を動かし
待ってなさいと言われればじぃっとそのまま。
うちでは言うこときかないことも増えてきたけど
外では相変わらず従順なひつじなんだなぁ、のんは。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/24

Kermesse 2009  幼稚園・学校生活

Kermesse ケルメス 学校のお祭りです。

去年は確か8月の一番涼しい頃、しかも夜、しかも雨、
だったので寒かった。せっかく出店したかき氷スタンドも
買うのに勇気がいる状況だったけど、今年は土曜の昼間です。

金曜夜だとピザ屋も忙しいし、どうしよう・・・
と思ってたので、土曜日と聞いて喜んだのもつかの間、
今月末に控えたバレエの発表会の準備のため、
10月中は毎週土曜
”午前中に1時間クラス練習、お昼ごはんの後
2−4PM全体練習”というハードスケジュール。
午後は人のを見てる時間も長くてずっと動いてる
わけじゃないのだが、それでもたいした拘束時間。
4歳児にはどうかな、と思ったけど、先生からの
お知らせメールには
”小さい子供たちは疲れるでしょう。
お父さんお母さんたちも時間をとられ、大変でしょう。
しかし、芸術は時に多大な犠牲を強いるものです。etc...
毎年、年度初めには「なぜ毎年発表会をやらないのか」
と聞かれることがありますが、発表会が終る頃には、
私たちの教室が2年に一度しか開催しないわけをきっと
わかっていただけるでしょう。”の文字が。

何を言ってもとりあってもらえなさそうだ・・・うん。
さて、どうしよう

ほんとは年に一度の学校行事なので遊ばせてあげたい。
通常なら、学校よりお稽古事を重視するなんてどうよ、
と思うほうなのだが、こっちは2年に一度だし・・・
ていうか来年続けるかどうかも定かじゃないので
今後2度とないことかもしれないし、
衣装代払っちゃったし・・・(結局これが一番大きい?)

こんなちびっ子クラス、別に間違えたっていいから、
休んでもいいでしょ?とつい思っちゃうのだが、
全体の立ち位置が変わっちゃったり、組になっての
振りのところでは相手の子がやりにくくなったり、
確かに支障もいろいろあって、休ませないでください、
という先生の言い分もわかる。しかもうちは
先週、義姉さんの初七日の集まりで休ませているので
もうこれ以上は交渉できない・・・
午前練習は11:15−12:15なので、
10時からのケルメスに朝一番で連れて行き、小1時間で
きりあげて練習に向かうしかなさそう。

てなわけで、すごいながい前置きだったけどここから本題ね。

入り口で100フラン券x10枚のカルネを購入し、
かわいく飾り付けされた学校で釣り堀や空き缶や空き瓶利用の
手作りゲームコーナーで遊ぶ。練習が控えているので
maquiage(お化粧)スタンドは残念ながら素通り。
今年はやりたそうだったのにほんと残念。ごめんね。
まだ早い時間だったので子供の数も少なく次々遊べるのは
いいけどクラスのお友達にもほとんど会えず、
これまた残念。再びごめんね、のん。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
でも今年の景品は女子ゴコロをくすぐる指輪やイヤリングシールなど
アクセサリー系が多く、のんは大満足。
男子は男子で満足だったのでしょうか?
景品ミニカーを自慢しあい、校庭で無心に走らせはじめる姿が。
別にお祭りじゃなくてもいつでもできる遊びにに熱中しだしちゃう
あたり、男子っておもしろいね。

大体どれも1回100フラン、後は食品スタンドが
100−300フランという感じで、2〜3時間たっぷり
あそんでも2000〜3000フランてとこでしょうか。
(二人、三人と子供がいるうちはそれでも結構な出費かしら?)
売上金や開催前の寄付で集まったお金の残りがあればそれも
含めて来年度に向けて学校が使える資金になります。
去年計上された分でのお買い物は、ほら、オレンジのすべり台です!

そろそろ時間だし、じゃ、ま、あとはおやつとジュースでも
買って、帰ろか、ね。

今年はピザ屋があって去年のようにBBQの下ごしらえも
手伝えず、当日もスタンド係のボランティアもできず、
のんだけでなく母もいろいろ不参加。幹事さんやその他
お手伝いをされた方々に感謝です。

クリックすると元のサイズで表示しますそういえば去年ちょっと時期的に
無理だったかな・・・だった
今年はちょうどよかったのよね。
事前に「またやってくれませんか?」
と園長から依頼がありました。
残念ながらパパは1日仕事のため
器械のみの貸し出しとなりましたが
重宝されたようです。
ほらね。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ