2009/10/20

結婚記念日、、、なのに  

なるべくそのとき感じたままを残したいと思いながら、
何からどう書いていいのかわからず時間が経ってしまいました。

10月11日に義姉が帰らぬ人となりました。

亡くなる3日前まで普通におしゃべりしていた義姉さん。
病院で3時のおやつに出されたお菓子をぜんぜん食べられず
のんにあげては、マドレーヌやクッキーをほおばるのんの姿を
見てニコニコしていた・・・

のんが風邪ぎみで咳をしていたら、
「キネって知ってる?痰が上がってくるように胸をマッサージしてくれる
ところがあるのよ。連れて行くといいかもしれないわ」
とのんの心配をしてくれた義姉さん。

うちの庭でブランコに乗っている話をしたら
「そういえばうちの近所で、もう使わないから子供用ブランコを捨てたい
って言う人がいたの。それ、もらうことにしたからそしたらうちでも
遊べるわよ。また遊びに来てね」って言ってた義姉さん。

のんを心からかわいがってくれる人が一人減ってしまいました。

昔の写真をあれこれ引っ張り出してみたら、
Livre d’Or(結婚式の時に参列者に記入してもらうノート)
が出てきました。今日10月20日はパパとママンの結婚記念日。
最初のページは義姉さんの字でした。
「おめでとう。あなたたちふたりを誇りに思うわ。しあわせにね。
姪っ子ができるといいなぁ」
わたしたちにたくさんのしあわせを祈ってくれたあなたがこんなに早く
いなくなってしまうなんて・・・

結婚から5年後にようやくのんが生まれてそれから3年たって
ようやく日本からここに来て、そしてまた人見知りのはげしかった
のんが1年経ってようやく
フランス語や親戚の顔を覚えておしゃまに受け答えするようになってきて、
これからやっと一緒にいろんなことができると思っていたのに・・・
なぁんて、こんな悲しみ方は勝手すぎるかな・・・


あなたのために、できたのにしなかったたくさんのこと、ごめんなさい。
乳がんの手術をしたときから、また去年の今頃転移の可能性を
聞いたときから、完治は難しいのだろうと思いながらも、来年も
再来年もまだまだある気でいたのです。私はなんて能天気
だったんでしょうか。
でもそれくらい、あなたはいつもはつらつと、笑顔でした。
看病する間も与えませんでしたね。
まだ体調がよかった頃、
「彼はもっと休めっていうけど、できるだけ家族や友達と過ごしたいの。
Je vuex vivre. Je vuex bien vivre.(生きたいの。よく生きたいのよ。)」
と精力的に出歩いたり、親戚・友人を集めて食事会を催した義姉さん。
私も“こんなことよりもっとゆっくりすればいいのに”と思うことが
実は時々ありました。
でもゆっくり休んでもよくなると限らない、限られた時間なら
好きな人たちと過ごそうってきっと決意していたんですね。

痛いとか、苦しいとかいう言葉を、とうとう最後まで聞きませんでした。
だから余計に、あなたが本当にいなくなるなんて考えられませんでした。
呑気な義妹を許してください。
たくさんの親族と友人が、あなたの葬儀に集まりました。
鼻筋の通った小さな顔は、マリア像のようでした。
みんなあなたが大好きでした。そしてみんなあなたを頼りにしてました。
これからは私たち家族が、あなたの愛した人たちの力になれるよう、
力を貸して下さい。
いつか私たちがあなたのそばにいく日まで、さようなら。
今まで本当にありがとう。

0

2009/10/11

さようなら  

今日義姉がこの世を去りました。
またマンゴーの色づく季節が来たなぁ、と
ちょうど去年の今頃日本から届いた訃報を
思い返していた矢先のことでした。
同じ乳癌からの転移でした。

0

2009/10/8

Tsunami警報  

今朝いつものように仕事をしていると、
日本からの予約担当のA嬢、

「”バヌアツで大地震て聞きましたがそちらは大丈夫ですか?”
ってメールが来たわよ〜。みんな知ってたぁ?」

「え〜、またぁ?」
「私たちほんとにいつもなんにも知らないよね。
まわりで大きい災害がおきても過ぎ去ってずいぶんたってから
しかニュースにならないし、そもそも相当被害が出ないと
ニュースにならないこともあるもんね。」

TVも、ラジオなんかのBGMも全体としてはない職場環境なので
ともすると近隣諸国に大事が起きてても何にも知らないまま
1日を終えてしまうの。
日本みたいにテロップで速報流したり、
号外刷ったりするような機動力のある人たちじゃないからねぇ。
まぁお陰で悲惨なニュースが少なくて、そういう意味じゃ
天国にちょっと近い。かしら?

今日という今日はさすがにここでも津波警報が発令されて、
近隣の島々や本島でも北部の海岸線沿いでは学校の授業が
一時中断されて高台に避難する様子を夜のニュースで見たわ。
最近あちこちで大災害が続くので「もしやここも」
とちょっとパニックになりかけた地域もあったらしいです。
ここらしくないわね。

でも私たちの働くところだって海まで3分だし
のんの通う学校も入り江に近い。
この辺はホントに大丈夫なんだろうかとちょっと心配しつつも
そのまま仕事を続けた私たち。あとで聞いたら近所のガソリンスタンドは
30分くらい閉めてやっぱり高台へ避難したらしい。
パパ「午後ガソリン入れに寄ったら
   ”だって避難勧告が出てたじゃないか?”
   って言われたぞ。誰も避難しなかったのか?」

ママン「離島でアラームが出てるとはきいたけど、この辺は
    サイレンとかどこへ逃げなさいって案内とか、
    なんにも聞こえなかったわよ?」

結局30分くらいで解除になり、どこにも影響なかったんだけど、
なにかことがあった際には職場にいたら助かりそうにないわね。    

0

2009/10/4

Gratte  病気・薬

「お〜い、Thazard(タザー)持ってきたぞぉ」

と、ちょっと前にパパの友達が大きな塊を持って
ピザ屋に遊びに来てくれました。
タザーは魚図鑑によるとヨコシマサワラ。
でも日本で食べるあっさりと上品なさわらと比べると
だいぶ脂がのってどっちかって言うとカジキみたいな
味なんだけど・・・ま、とにかく

わぁ〜い、うれしい!美味しいよね〜。
今度これをまかないにしよう!とみんなで大盛り上がり。

ところが、先週土曜珍しく
のん「行きたくない」
ママン「あれ、疲れちゃったのかな・・・
   今日魚焼くはずなんだけど・・・」
のん「行かない」

パパ「解凍しちゃったから予定通り料理しちゃうけど
   どうせ食べきらないから残りは持って帰るし
   明日食べれば?」

ということで、その晩遅くパパが焼きあがった大きな
塊を持って帰宅。そして翌朝

パパ「昨夜ずぅっとおなかがすっごく痛くて
   眠れなかった。二人はどうだろう?電話してみよ」

通話後

パパ「やっぱり●ディも●リーも同じだって。二人は
   水にさわるとひりひりするとも言ってる。Gratte
   (グラット)だなこれ、きっと魚捨てたほうがいいぞ。」

ええ〜、何それ?
Gratteは本来ひっかくとか、かゆみを感じるとかいう意味。
発疹とかなさそうだけど・・・

パパ「聞いた事ないか?悪くなったサンゴを食べた魚の身に
   毒素が残ってて、それを食べると起きる症状なんだ。」

あっ!そういえば聞いたことある。珊瑚礁にすむ魚に潜む危険で、
サンゴの産卵の時期と関係があるって説もあるとか・・・
とにかくこっちが本格的に暑い12月から2月くらいに
特に多いので、その時期は魚は食べないと決めている、
という人もいるくらいです。
腹痛、下痢、関節痛、疲労感、なんて症状は理解できるけど
水に触るとひりひりする、とか水を飲むのも口の中が
ぴりぴり違和感があったり、もするらしいです。
この辺が病名の由来かしらね。

そして普通の食あたりと違って症状が長く続くし
最低1ヶ月は魚に限らず海のものは一切取らないこと!
が鉄則なのだそうです。ひとによっては3ヶ月後でも
半年後でも海のものを食べると同じ症状がぶり返す
といいます。

オソロシー よね。

のんに食べさせなくてよかったね、と言い合った
パパとママンでしたがつり好きのおじさんによると、
同じものを食べても子供は症状が出ないのだそうです。
”まだ内蔵がきれいなので”という説明でしたが、
症状の度合いは、アレルギーみたいに体の中に
すでに蓄積したものがどれだけあるかにもよる
のかもしれませんね。今回食べた3人はみんなここで生まれ育った
人たちだからここの魚をたくさん食べてきているはず。
ママンはここの暮らしがそんなに長くないから、
もしかしたら一緒に食べても大丈夫だったのかなぁ?
のんも本当に大丈夫だったのかなぁ?
と考え出すと、食べてみたらおもしろかったかな、
なんて。いやいや、今後のリスクを考えたら、
体に蓄積だけでもいやよね。よかったわぁ食べなくて。

図らずものんのおかげで難を逃れたママン。
それにしても子供は第六感で危険を回避することが
意外にあるのかもね。

   
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ