2010/11/10

Murielのバレエ学校  お稽古事

今年のんが通っているバレエ学校は、1800年代後半に建てられた
歴史的建造物。軍の裁判所だった時代もあり、その後営倉として
使用された時代もあったと入り口のプレートに書かれていますが、
1998年にMuriel先生がEcole de danseを始めてからは
かわいい女の子達がやってくる場所になりました。

クリックすると元のサイズで表示しますのんは最近「夏休みのあとはもう行かない」
と言い出し
あらぁ、今年で終わりかしら?
かわいいのにぃ・・・
毎週特に休みたがらないし、先生にもとても
かわいがってもらっているみたいだし、
好きだとばっかり思ってたんだけど・・・
どうしちゃったのかしら

クリックすると元のサイズで表示しますのん「ママ Grand écartできる?あたしできるよ。
   ぜんぜんいたくないよ。」
と自慢そうなのに。
ま、いやならやめてもいいんだけど、それなら
今のうちにこのちょっと時間の止まったような
不思議な空間を写真に撮っておこうかな。


クリックすると元のサイズで表示します看板の矢印に従って進むと
階段があって
クリックすると元のサイズで表示します

階段を上るとクリックすると元のサイズで表示します 中央のお稽古場を囲むように
細〜い通路が更衣室まで続きます
クリックすると元のサイズで表示します



のんのクラスの後にレッスンにやってくるのはかなり大きい女子達。
これがみんな身長のちょうど半分が足、みたいな麗しい子達で、
ついカメラを向けたくなってしまうんだけどやっぱりためらわれた
ので興味のある方は先生のHPでご覧下さい。
http://www.danse-baldassari.nc/index.htm

のんにもこんな風になってほしいと思っちゃうけど、
無理強いはよくない、わよね、やっぱり




0

2010/11/7

庭の野菜  食べ物

こんどのうちにも小さいながら庭があります。以前の持ち主の
おじいちゃんは庭いじりが趣味で、もっと広い畑をやりたいと
引っ越して行ったくらいなので引越ししきれなかったお野菜が
残っていました。トマト、きゅうり、ラディッシュ、レタス・・・

クリックすると元のサイズで表示しますラディッシュって日本だとうす〜く輪切りにして
サラダに入ってるくらいしか見たことなかった
けど、ここでは豪快に丸まま、皮ごとごーんと
大皿にいっぱい出てきてバターを塗ってお塩を
振りかけて食べるのが一般的です。そんなに
どうしても食べたいものでもないんですが、まぁ、まずくはないです。

クリックすると元のサイズで表示しますレタスもいっぺんに旬をむかえるので生で、
炒めて、湯通しして、
といろいろにしてどんどん食す。



クリックすると元のサイズで表示します暑くなったのでトマトもスライスして単なる
塩トマトとか、モッァレラと
交互にしてカプレーゼとか、
シンプルに食べておいしかった。





クリックすると元のサイズで表示しますメインはピザ屋で仕入れた日本向けの海老。
普通は業務輸出用でなくなっちゃってお店には
出回らないので購入不可なのです。
これの売りは生で食べられます、というもの。
ちょっと甘くてでも甘えびより歯ごたえがあって、
ぼたんえびと言うやつに似てます。日本のレストランで食べたけど、
こういう風に売られているんだなぁ・・・クリックすると元のサイズで表示します


庭でとれたお野菜でごはん。
なんかちょっとぜいたくな気持ちに。
ごちそうさまでしたぁ。







0
タグ: 和食 手作り



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ