2013/8/31

庭バナナ 2013  ガーデニング

今年もバナナの季節がやってきました。
今年は豊作でね、3房もなったのよ。これは4月の写真だけど。
クリックすると元のサイズで表示します


1房は先月食べきりまして、 今月は2房目を切ってこのように
庭先につるしていたところ、すっかり黄色くなって落っこちて
しまうほどになったので、義母や隣近所におすそ分け。
庭バナナはやっぱり大きくて甘酸っぱくて美味しい。
ちょっとずつ熟れてくれるともっといいんだけどな〜。

クリックすると元のサイズで表示します


木になったままだとなっかなか熟れないのに、切ると結構早く
色が変わるの。また色づきだすと一挙!なんだよね。だから毎年
慌てて食べる。クレープで、ベニエで、とおやつバナナの続く日々。
来週のんの学校のケルメスがあってお菓子を作ってこいって
書いてあったのでバナナマフィンにしようと思ってたのに
この分じゃその頃には黒くなっちゃいそうだなぁ。う〜ん、残りは
どうやって消費しようか。ケーキかタルトか。。。いやテンプラに
してバニラアイスと一緒に、 とかもいいなぁ。。。⌒μ⌒

ところで、バナナ って花らしくない花をつけるのよね。こんな。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてこの濃い紫というか茶色と言うか、の 花が落ちると
中にはバナナになるとはとても思えないオクラのような小さい
緑の実が何本も並んでて、しかもそれを一房として、何房も並んで
くっついてるの。何ヶ月もかけてオクラのような子供の指大のものが
ちゃんとバナナに成長するのよ。時々ちゃんと育たないものも
あったりするけど。こんな感じに

クリックすると元のサイズで表示します


うちになかったらこんなにつくづく観察することもなかったと思う
けどね、よく見てると不思議な植物だよぉ。しかもね、どんどん
勝手に増えるの、タケノコのように。この家に来て、鉢植えから
一株分けて植えたらどんどん増えてね。今じゃぁこんな。

クリックすると元のサイズで表示します


ほら、下の方に小さいのがニョキニョキ出てきてるでしょ?目
来年はさらなる収穫が狙えるか、それともうちの塀を壊すか'_';

0

2013/8/20

一人旅終了  

のん ニッコニコで無事帰宅。
たくさんお土産話をしてくれました。
この子ほんとに日本語しゃべってたのかなー?
ってくらい、全部流暢な語だったけど 

自分に買い込んできた服や靴をいろいろ見せてもらって、
ママにはこれ、パパにはこれ、とお土産分配。
私はTシャツと布バッグをもらったよ。
お母さん「あ、かわいい」って言ったら
「でしょ?

パパにはTシャツとのんが描いた絵。裏には愛するパパへって
書いてあった。久しぶりに会って、お土産ももらった嬉しさを、
おかしな踊りで表現しだしたパパを見て
お母さん「Ton amour?(これでも)愛してるの? 」
と聞いた私に小声でひっそり
「まちがえた。。。かも」だって。

日本語やっぱり上達したわね

お友達へのお土産分配中
クリックすると元のサイズで表示します


東京のみんな、2週間近く、すっかりお世話になりました。
どうもありがとう。おかげ様でいい旅ができました。

余談:地下の住人も元気に歩いているのを見ましたわ。
よかったよかった。





0

2013/8/18

気がかりな事  

昨夜の東京発の飛行機に乗って、今朝にはもうのんが帰ってくる
はずだった。が、機材故障で欠航。 欠航の知らせを聞いて、
昨日は一日中いつ直るのな〜、と気がかりだった。

今日は無事修理も終わり、今日の夜には乗れると知らせが入ると、
「えぇ〜そんなー。もっといたい〜。」
日本満喫中の のんは不満足。明日の便に変更も可、という
ことで、丸2日遅れで帰ってくる事に決定。大喜び \(^o^)/

今の気がかり。それは、昨日けがをした男の子。
話すと長いんだけど。。。

ピザ屋の下にはトイレ付きの事務所スペース、という感じかしら、
そういう空き部屋があるらしいのですね。
うちが店を始めてからもその前パパのいとこがやってた時代も、
もう知ってる限りずっと誰もいなかったので使える状態だとは思って
なかったんだけど、2−3ヶ月前から若いカップルが店の脇の鉄の
門にかかってるぶっといチェーンをジャラジャラはずして、細い
急な坂を出入りしてるのに時々遭遇。家主さんに確認した所、
新しい間借り人さんと判明。
現在二人とも求職中とかで、お風呂もキッチンもなくて、しかも
電気もひいてない真っ暗な中で生活してるのよ。すごくない?
お父さん「お風呂どうしてるの?」とパパが聞いたら
海岸にあるシャワーを使いに行ったりするらしいけど、
ピザ屋のある所は海からかなり遠いわけよ。
車持ってない 、っていうかバス代もなさそうな二人。
お母さん「そうそうしょっちゅうは行けないよね、、、
お父さん「だろうな」

最初は可哀相に、と電話を借りにきても快く貸してあげてたん
だけど、そしたらしょっちゅう来るし、店の具材の卵やベーコンを
ねだられるようになって(それは断ったけど)最近ちょっと
うっとおしくなってきた私たち夫婦、だったのよ。

でも昨日は生地の味見をした残りのピザを、捨てるよりは
あげようか、と帰りしなに声をかけてみたの。私はもう車に
乗ってて、パパが門の所で声かけてしばらく。出てくる物音に
続いてちょっと話し声がしたと思った次の瞬間

「うわぁ〜!!!」と男の子の絶叫が

何?一体どうしたのよ?>へ<

転げるように門を出てきてピザ屋のシャッター前のコンクリートが
張り出して座れるようになった部分にヘタヘタ崩れる男の子。
片方の手で反対の手を押さえて、足元にはポタポタと血が、、、
とまるで映画のような展開に!

「ちょっと見せてごらん」とパパ
「 よく洗ってTシャツか何かでしばっておけば大丈夫だから」
というパパの声に反して

「痛い!痛い!うおぉ〜!」
とじっとしてられないのか動き回る男の子。
あ〜も〜、なんでこんな事になっちゃったのー?と思いつつ、
車においてあったパレオでとりあえず止血でも、と車を降りたら
お父さん「いいから早く車に戻れ!待ってろ、誰かよんでくるから」と
自分も乗り込みとっとと発進。

お母さん「どうする気?」
お父さん「どうもしないよ」
お母さん「もどるってウソついたのね?」
お父さん「ちゃんと見たけどそんな深い傷じゃないよ。大丈夫だよ。
 なんとかしようったってこんな時間にあいてる薬局ないし、
 病院連れてったってどうせ保険もないんだろ、うちが救急代
 払うのか?」
お母さん「それもそうね」 と納得してしまった私。冷たいわ〜。

お母さん「ホントに出血多量でどうかなるほどじゃないでしょうね?」
お父さん「大丈夫だって」
お母さん「じゃ、ま、いいか」 ほんと冷たいわ〜

しかしいったいなんであんな事になっちゃったの?とパパに
聞いたらね、、、

もし泥棒だったら、と用心のためにナイフを持って出てきた所、
誤って自分の手を切ってしまったらしいんだな、これが。

泥棒って、、、盗られるものあるんだろうか?
何を守ろうとして自分で怪我しちゃったのか、考えると可哀相
だけどどうしても吹いちゃうんだな〜。

しかもパパは「お前ちょっと手を押さえてみろ」って私に男の子の
真似をさせて、押さえた手の上に「これ、早く彼女に持って行って
あげな」ってピザの箱をのせて来たんだ、って再現してみせるし、、、
お父さんお母さん「ひで〜!!!」って言いつつ二人で爆

そんなわけで、地下の住人の事がちょっと気がかりです。
でもどうしても笑っちゃうんだけど。


0

2013/8/7

初UM  

航空会社にUMっていう制度がある事をヌメアで暮らし始めて、
初めて知りました。地上スタッフや乗務員の方が保護者なしで
搭乗する子供をサポートしてくれるというもの。

去年は「一人で行ってみる?」
と聞いても「うん」と言わなかったので無理強いしなかったけど、
今年はもう日本への旅に慣れたのか、それとも単に成長したのか
「うんうん」と二つ返事だったので、行かせてみる事に。
というわけで、今日のんは初めて一人で日本へ旅立ちました。

なーんてね。実はちょうど同じ日程で仲良しW家姉妹も行く事に
なり、3人娘、ワクワクの出発で全然一人じゃなかったんだけど^▽^



初めての一人旅が、仲良しさんとの海外旅行だなんて
なんてラッキーな子なのかしら!

チェックインを済ませて、同じ一人旅の子供達を係員が集めて、
出国審査に入る所で保護者とはお別れ。
何度も何度も Bisous〜´з`をやめないパパに 
「もういいよ」とあっさり 
 ̄ー ̄ くくっ



保護者は一応飛行機が離陸するまで空港待機、ってことに
なってるらしいのでW家夫婦とカフェでお昼しながら待つ。

クリックすると元のサイズで表示します


ここは確か今年のはじめにはまだ改装工事中でオープンして
なかったんじゃぁ、、、?
何年も前の空港しか知らないうちの家族のために写してみた。
前は免税店と搭乗待ちのゲートだったところだよ。わかるかな?
なかなか明るくキレイになったよ。

地上スタッフも帰り支度だったので「もういいよね」と空港を出る。
街に向かって走り始めた所でちょっと路肩に駐車。
こっから滑走路が見えるんだよね〜、と振り返ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します


無事定刻に離陸。いってらっしゃ〜い!

のんは今さっき着いたと迎えてくれた姉からメールも入り、
さらに安心。日本のみなさんどうぞよろしくお願いします。
みんなの言う事をよく聞いて、元気で楽しんでいらっしゃいね、
のん。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ