2009/9/10

果物  食べ物

これな〜んだ?

クリックすると元のサイズで表示します

正解:ふたごのバナナ

バナナにピーナツバター。
食べたことあります?
元はといえばママンの好きな組み合わせ、でしたが
のんもはまった。
かれこれ1週間以上・・・になるかな、
最近毎朝これしか食べません。

今朝はママンも一緒に食べよう!と2本取り出したつもりが
ママン「あれ?分かれない!
人生結構長くなってきたけど2本くっついた
バナナって初めて(笑)

のん「ほんとだぁ」と喜ぶ。

中身は・・・
クリックすると元のサイズで表示します

くっついてなかった。
めでたく半分こして1本ずつ食べられたわ。

夕方にはスーパーでみかんを発見。
ママン「わ〜、ヌメアで初めて見た〜

「あ〜、食べたい!!!」のんも興奮。
クリックすると元のサイズで表示します


寝る前には「くだもの」という本を
「これ読んで」と持ってきました。
この本は絵が写真のようにリアル。
まだ1歳の頃に読んであげた時のこと。
イチゴのページを見せながら、
「さあ、どうぞ」と本物を小さく切って食べさせてあげました。
お皿が空っぽになったとき、イチゴの絵に向かって前屈。
絵のイチゴに向かってぺろんと舌を出したのんの姿が
思い出深い1冊です。
0

2009/6/5

クレームブリュレ  食べ物

最近店用の食材を仕入れる都合上、問屋さんていうん
でしょうか、倉庫みたいなところへ行っていろいろ
注文することができるようになりました。

そこの受付の人に
パパ「そのうちなにかデザートをはじめたい」

と何気なく話したところ、

受付マダム「これ試してみれば?」

と出してくれたのがこれ。
クリックすると元のサイズで表示しますパパが
「美味しいかどうか試しに
家でやってみて」
と持ってきました。

ママンはクレムブリュレって
だ〜ぃ好き。でものんが生まれて
からはレストランで食事ってのが
まず皆無になっちゃったし、
こっちのレストランはメインの量が多くてデザートまで
たどりつけないことも多い、たどりつけてもそこの店に
クレムブリュレがあるとは限らない、と、なにかとハードル
が高く、そうそう食べられないものとなっていました。
ケーキやさんで売ってることあっても、時間たっちゃってると
カラメルがやわらかくなっちゃってて美味しくないんだよなぁ、
とそれも買えないし。

ママン「そんなこと言っても、カラメルがカリってするのが
    美味しいのに、オーブンでお店のみたいに焼き目
    つくの?」

パパ「バーナーあるよ」

ママン「ウソ・・・?

パパ「ほら、これ」とどこからか出してきた・・・

ママン「こんなの、どうしたの?」

パパ「あったら便利かなと思って。前からあるよ」

そ、そうだったの?全然知らなかったけど。
ていうか、これが活躍する料理、作ってくれたことなんて
今までないじゃない?いったい何作るつもりだったんだろ?

ま、とにかくやってみましょう。

箱の説明書きを読む。ふむふむ。
一度お鍋であっためて、それから型に入れて冷やし固める。
その後上にブラウンシュガーを振ってバーナーで飴色になるまで焦がすのね。簡単じゃん。(=ママンにぴったりじゃん)

というわけで、あっけなく完成! 試食。
クリックすると元のサイズで表示します

あら、うん、なかなか。
箱のまんま、っていうもろインスタントなんだけど、でも
けっこう美味しい。バーナーでボオォっていう理科の実験
みたいなのもちょっと楽しいし、カラメルのいい匂いが
部屋に充満するのもいい。

採点結果
ママン 星ふたつ
パパ  星ふたつ
のん  星ひとつ (あたしカラメルだけでいい)

ママン「これさぁ、インスタントじゃなくて一から手作りしたら
    もっと美味しいのかなぁ」
パパ「でもシンプルなようで案外難しいデザートなんだ。
   オレは成功したことないんだよなぁ」
ママン「ふぅん、そうなんだぁ。じゃ、あたしもやめたほうが
    いいかなぁ?」
(でもそれならなおのこと、あのバーナー
いったい何のために買ってあったの?












0

2009/3/30

クレープ  食べ物

学校給食が始まって約1ヶ月。
ママン「今日はお昼何食べたの?」
のん 「わかんない」
という会話が何度繰り返されたことでしょう。

牛肉?とり?魚?おいも?ごはん?パン?などと
なるべく具体的に聞いてみるけどたいていの場合
「わかんない」

なんでちゃんと返事できないんだよ〜
とママンはイライラしていましたが、
「同じく」
「うちも じゃがいも か にんじん としか言わないなぁ
という日本人のママ友が多いことに気づき、
もしかしてうちで食べてるものとあまりにも違うので、
ほんとうに何だかわかんないんじゃない?
という結論に。

そういえばの食べ物って、○○のパテとか
○○のムースとかキッシュとか、とにかくなんでも
具材がすりつぶされて混じっていて、わかりにくいものが
確かに多い。

そっかぁ、給食やおやつで出そうなものをうちでも教えて
いかないといけないのかなぁ、と思いはじめました。

すると・・・
「じゃぁ、クレープを作ろう!」と急に張り切るパパ。

それでは、と、具材ミックス by のん+ママン

へえぇ、日本のクレープ屋さんじゃぁ片面しか焼いて
なかったと思うけどやっぱ返すものなのね。
こんな薄いのに。破れちゃうじゃない…
というわけでやっぱり焼き by パパ

日本だとカスタードやホイップクリーム+果物や
チョコレートソースでデザートになることが多い印象
だけど、フランス人のお家ではもっと簡単に、ジャムを
塗ったり粉砂糖をふりかけてくるくる巻いておやつ、
ってことが多いみたいですね。

そうでなければ小麦粉ではなくそば粉を使用し、砂糖を
入れずに焼いてハムやチーズ、野菜などをのせて食事
として食べるものなんですよね。クレープ専門の
レストランもあるくらい、フランス人にとっては本当に
身近な食品なのですね。

のん「おいしいもう1個食べたい。これCentreでも出たよ」
クリックすると元のサイズで表示します

そうだったの。やっぱり名前を知らないから説明できない
ってことがきっといっぱいあるんだね。ごめんね。
0

2009/3/21

大好物  食べ物

クリックすると元のサイズで表示しますヌメアでは生のほうれん草をなかなか
見ません。スーパーで袋入りのサラダ
ほうれん草みたいなのを見ることが
ありますが、日本でいう湯がいて食べる
ほうれん草とは一味もふた味も違います。
というわけで通常は冷凍や缶の
ほうれん草で我慢するしかないのですが、 
今日はこれを発見。
「うわぁぃ!!おひたしができるぅ!!」
と喜んで買ってしまいましたがうちでよくよく見ると・・・

あれ?なんかちょっとつんと辛そうな匂いが・・・

「あ、これってもしかして・・・???」

日本でロケットと言って売られているハーブだったのね・・・

ちょっとゴマのようないい香りがあって
つんと辛い風味もあって、これはこれですごく好きなもの
なんですが、ほうれん草とは全然違うシロモノ。
あぁぁ、まちがえたぁ・・・

でもこんなに大量に、生でサラダに入れてたら食べきら
ないぃ。やっぱりおひたしにして食べきるしかないわぁ・・・

と湯がいてみると、ちょっと辛味が抜けて、これはこれで
おひたしとして食べられるものでした。
ほうれん草のがいいことに違いはないけど、
ま、悪くはないか・・・
でもなんだってこんな大量に束ねて売ってんのよ!
まぎらわしいと腹立ちも抑えきれず・・・

今日の収穫もうひとつは、のんの大好物。
これは別にいつでもあるものなんだけど、インドネシア系の
人がやっているお惣菜コーナーに、ランプールとかいう
名前で売られているちまきの様な物があります。

もち米のなかにココナツとお肉を佃煮のように甘辛く
炒った具を包み、さらにバナナの葉で包んで蒸したもので、
結構腹持ちするのに、のんは1個ぺろりと
たいらげてしまうのです。
ほら、この上なく幸せそうでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します


みなさんも、もしヌメアに来ることがあったら
(もしくはインドネシアに行くことがあったら(?)
なんかこっちのがありそうよね)是非試してみてね。

0

2009/3/1

レタス  食べ物

レタスのことをフランス語では Salade(サラッドゥみたいな
発音です)といいます。日本語で言うサラダも Salade 
ですが、Salade de ○○○のように入ってる食材を表す
単語が後に続くことが多いです。ジャガイモとか魚とか…

ダンベアの従姉のお家の近くに、野菜を安く売ってる農場があると聞いて行ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します

あんまりそうは見えないけど水栽培だそうです。
もともとNCは鉱物を多く含んだ農業に適さない土地が
多いらしく、最近流行のシステムみたいです。

パパ「日本ではこういうのをビルの中でやってるっていう
   ニュースというかドキュメンタリーを見た。日本では成長
   スピードをあげるために昼夜ライトを浴びせ続けるん
   だって言ってた」

と力説。
ホントですか、それ?
実はパパはいつか庭にひとつこれを置いて自家栽培
したいという野望まで持っています。

でもそんな気にもちょっとなるよね、ってくらい最近レタスが
高いのです。スーパーだと900CFP/kgぐらい。
まぁ一気に1kg買うことってなかなかないけど、1玉
400円くらいって高くない?
レタスは暑い時期のものと思っていましたが、ここは暑すぎて
葉がちりちりになってしまうから、なんでしょうか?
(農場でも葉っぱの端っこが黒くなってしまってるものを
見かけたので…)

ちなみにここは自分で好きなのをもぎ取りお会計をする
システム。スーパーのよりずっと大きめの1玉が200CFP
だったので、確かにやすかったけど、他の野菜の種類は
あまりなくて、これだけのために片道30−40分、
もう来ないかなぁ、やっぱり。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ