B一般公開された皇居乾通りの桜160401  青葉の百姓

B一般公開された皇居乾通りの桜

2016.4.1
皇居乾通りの桜が一般公開されているとの情報を知り、皇居乾通りの桜花見をメインに皇居周辺の桜花見行脚をしてきました。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによるB桜田門・坂下門・乾通り・乾門の桜花見の軌跡
赤丸印部分


クリックすると元のサイズで表示します
桜田門
普段は閉鎖になっていて通れません。


クリックすると元のサイズで表示します
桜田門通路から桜田濠、国会議事堂を撮る


クリックすると元のサイズで表示します
桜田門 (高麗門)
江戸城(現在の皇居)の内堀に造られた門の一つ。
桜田堀と凱旋堀の間にあります。


クリックすると元のサイズで表示します
桜田門 (渡櫓門)
ここを潜り抜けると皇居外苑に出ます。


クリックすると元のサイズで表示します
桜田門 (渡櫓門)の桜
この桜も見事な桜でした。


クリックすると元のサイズで表示します
皇居外苑(1)
この辺から坂下門まで約10分くらい並んで待っただけです。
そんなに混んでいなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
皇居外苑(2)
坂下門から入門する前に手荷物検査とボディーチェックが行われます。
リュックには小型のマホービンにお茶を入れておいたが、女性検査官に少し飲んでみて下さいと確かめられました。
その他は金属探知機みたいので調べられました。


クリックすると元のサイズで表示します
皇居外苑から坂下門
坂下門は宮内庁への出入口となっている門のようで普段は通行不能です。


クリックすると元のサイズで表示します
坂下門
江戸時代末期には、尊攘派の水戸浪士が老中安藤信正を襲撃した事件(坂下門外の変)でも有名な場所です。


クリックすると元のサイズで表示します
新宮殿


クリックすると元のサイズで表示します
宮内庁庁舎



クリックすると元のサイズで表示します
皇居乾通りの桜(1)
皇居乾通りは初めて入ったが、桜の並木というより所どころに植えてあります。
千鳥ヶ淵の桜並木のような派手さはないですが、庭園を歩いて桜を眺めるような落ち着いた雰囲気でした。


クリックすると元のサイズで表示します
皇居乾通りの桜(2)
道灌濠
真っ白な桜のような花が奇麗でした。


クリックすると元のサイズで表示します
皇居乾通りの桜(3)
しだれ桜


クリックすると元のサイズで表示します
皇居乾通りの桜(4)

突き当りが乾門です。
いったん外へ出てから再び北桔橋門(きたはねばしもん)を通り、皇居東御苑へ行きました。

この日に歩いた総歩数:21,090歩(約13.7km)です。


青葉の百姓 2016.4.2記




2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ