角界の不祥事で思う100616  青葉の百姓

角界の不祥事で思う


青百も度重なる角界の不祥事でテレビを見るたびに気分が悪かった。
あるネット仲間から下記の投稿があった。

毎日、毎日、相撲界の不祥事が、ニュースを飾っている。
なんとも情けない事である。
朝青龍問題などからはじまり、琴光喜を含め、現役力士が、野球賭博になんと29人、マージャン、花札、賭けゴルフ(?)似36人が、関わっていた事が判った。
相撲業界関係者によると、琴光喜関は出身地(愛知県)を本拠地とする中日ドラゴンズファン。名古屋場所の支度部屋には、中日の選手があいさつに来ることも多いとか。賭け事好きとしても知られ、地方巡業の際は人目もはばからず、若手力士と花札に興じる姿が目撃されているらしい。
運営にも問題がある、使途不明金なども出てきている。
何を一体やっているのだろうか。
こうなったら、全員解雇した方が何て考えてしまうのである。
国技なんておこがましいとさえ思えてくる。
暴力団の集団かやくざの集団に成り下がってしまった。
こんな団体は必要ないとも言いたくなる。
とても悲しいです。
この体質はもう、なおらないのでしょうか?もう、立ち直れないのでしょうか?


青百も下記の通りレスした。

今回は関係力士60名以上が野球賭博に、マージャン、花札、賭けゴルフ(?)に関わった。
日本国技を存続するためには全員解雇するのが妥当だろう!
協会理事会は全員解雇すると相撲の開催が危ぶまれると言う。
結局は関係力士にたいして生易しい処置で終わらせてしまうだろう。
この体質がある限り何時まで経っても一向に治らないのではないかと思う。

いっそのこと協会関係者・力士とも全ての関係者を排除して、伝統ある国技?再建の為、疑惑の無い残った力士だけで「ミニ相撲」から再出発しようと提案される大物人物は現れないだろうか?

この事件を契機に300年以上も続いている大相撲の歴史を踏まえて、相撲協会のあり方を国民の目線でシッカリ仕分けしてみる必要があると思う。

               青葉の百姓 2010.6.16記


クリックすると元のサイズで表示します
当時の横綱千代の富士

まだが健在の頃、静岡から東京国技館へ相撲好きな母を呼び、連れていった時だった。
そのころの横綱は千代の富士がいた。
当時の横綱千代の富士はめちゃくちゃに強かったなあ〜〜。

               青葉の百姓 2010.6.16追記


20



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ