自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2013/2/19

野菜処理後のくずは堆肥に  ●堆肥作り

クリックすると元のサイズで表示します

菜園の隅っこで、野菜処理後のくずとか枯葉を混ぜ込んで、
堆肥作りに挑戦している。

3ヶ月ちかくなるのでビニールシートを取ってみた。
いい具合に発酵が進んで肥料になりつつある。

更に草や新しい野菜くずを混ぜ込んだ。
そして下の物と上の物をひっくり返してみる。

クリックすると元のサイズで表示します

次に上から長靴で踏み込んでみた。
水もかけないと米糠の発酵が進まない。
野菜の漬物を作る要領と同じなんです。


http://sun.ap.teacup.com/keigo/189.html
枯葉で堆肥を作ろう の続編です



堆肥を多く使うとここがポイントです
ミミズが増えます。
ミミズは土を食べて消化し、フンをすることで、
土壌を耕し栄養のある土をつくります。
古くから知られていた内容ですが、
それを最初に学術的に研究したのは、
イギリスの自然科学者で進化論の提唱者・ダーウィンです。
ミミズは、日本では「自然の鍬」、
英語では「アースワーム」(土を耕す地球の虫)
と称されてきました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ