自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2018/2/24

とうもろこし2月植え  トウモロコシ


★収穫するまでのプロセスを記録する


2月24日・晴れ
87日どりのとうもろこし種「ゆめのコーン」種蒔き。
寒い季節に種まきすればどうなるのだろう?

害虫が発生する梅雨時までに収穫できないだろうか。
そんな疑問に挑戦してみよう。
というわけで例年よりも早く種まきしてみた。

食品生産工場から出た廃棄物と木片を混ぜ合わせ、
発酵菌で有機発酵させる生きた万能有機肥料の
「土・遊・農」1袋50円と 有機化成肥料を少量漉き込んだ。
これで栄養分は十分すぎるほどだと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

土面を平らにならし、たっぷりと散水した。
黒マルチを敷き、穴を開けた所へ3粒ずつの種を置く。
2粒は保険みたいなもので発芽の不発をカバーする。

クリックすると元のサイズで表示します

一晩水で湿らせておいたので種は水分を含んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

0.2mmの透明ビニールでトンネルを作り、今日の作業は終了。
発芽の日が楽しみ。



3月15日・暑い! 
発芽を確認した。
ここ数日前から気温がぐ〜んと上がり汗ばむ。
桜が咲き始めたというニュースもあるほどの異常な晴れ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ビニールトンネルは背丈が60cmほどになるまで放置しておこう。
しかし・・ 大きくなる前に事件!


クリックすると元のサイズで表示します
4月12日
春の嵐が吹いてビニールが破れたがそのまま放置


クリックすると元のサイズで表示します
4月22日
トウモロコシは、驚くほど伸びていた。
害虫が発生するまでに収穫できれば目的が達成できる。


5月10日は初夏の陽気。大きく成長している。
クリックすると元のサイズで表示します

5月18日には雄しべが盛んに粉を振りまいていた。
クリックすると元のサイズで表示します

当然の事、受粉し終わった雌しべが実を膨らませている。
クリックすると元のサイズで表示します


5月28日にはトウモロコシ祭り並み
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

6月9日、穂がこげ茶色になって収穫のシグナル
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、まだ少々早い感じ。かじると甘い
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/2/11

冬に美味しいミズナ  ★秋/冬野菜

ミズナはシャキシャキと触感の良い野菜だ。
成長の小さいときは、サニーレタスと混ぜて
サラダとして食べている。

古くから京都で栽培されていたため
京菜や千筋京菜とも呼ばれている。
比較的寒さに強いが、それでも霜焼けする。
ビニールトンネル内なら凍傷にならなくていつも新鮮。

クリックすると元のサイズで表示します

緑黄色野菜のミズナは栄養が豊富なようだ。
ちょっと調べてみると、ビタミンCが多く含まれ、
風邪予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があるらしい。

我が家でのお正月の雑煮にミズナを入れる。
その味が一番美味しく感じる。
それは幼児の頃から食べているからだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

β-カロテンを含み、抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られ、
髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、
そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きもあるという。

さらに、カリウムやカルシウムを多く含むので、
骨の健康維持に効果がある。
マグネシウムや鉄、リンなどのミネラルも豊富。

いいことだらけの野菜ですね
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ