自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2013/9/25

秋の空気に似合う曼珠沙華  ★花&果実

真っ赤な彼岸花が田んぼの道や山すそなどに咲き乱れています。

子供の頃から、彼岸花を見ると何だか不気味でした。
いろんな言い伝えを聞かされていたからでしょうか。
見方を変えればもっと愛せる花なのかもしれませんね。 


写真の撮り方でこんなにも綺麗に変化する曼珠沙華の花。
彼岸花と言って敬遠されることが多いのかもしれません。
しかし、庭の隅っこに植えている人もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。
田んぼの畦道などに群生し、
9月のお彼岸の頃に咲く花として親しまれています。
花言葉は情熱・悲しい思い出・独立・再会・あきらめ。

曼珠沙華の呼び名は、
サンスクリット語で天界に咲く花という意味。
おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、
という仏教の経典から来ているといいます。
サンスクリット語ではmanjusakaと書くそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

数年前に日本海方面へバス旅行に行きました。
遠くに赤く綺麗に咲いた曼珠沙華を指差しながら、
バスガイドさんが教えてくれました。
全然知らなかったことが解明されて驚きました。




お彼岸の頃に咲き、土葬をモグラや野ネズミなどから守る
意味もあって墓地などによく植えられているため、「死人花」
「地獄花」「幽霊花」のような怖い呼び名もついています。

彼岸花にはアルカロイドという毒があるため、「毒花」「痺れ花」とも。
その反面、でんぷんを多く含んでいるため食用可能で、
毒は水にさらすと抜けるため、昔は飢餓に苦しい時に毒を抜いて
食用にすることもあったそうです。
田んぼの畦道に彼岸花が多いのは、
その毒でモグラや野ネズミを防除するためだけではなく、
飢饉に備えて植えたという説もあり、
危険を覚悟してまで口にしなければならなかった昔の苦労が
しのばれます。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ