自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2018/4/23

今年のジャガイモ栽培  じゃがいも

得意の 半分切り、土の上に置くだけの逆さ植え。
その後、何もしない楽な栽培方法


何人にも教えてきたけど実行する人はいない(笑)
きっと失敗を恐れているのだろうが、
チャレンジするとこんなに楽しいという方法

クリックすると元のサイズで表示します

2月19日、半分切りにして種芋を植えた。
ここでのポイントは、芋のへそを縦切りで落としておくこと。
なぜかと言えば、発芽が左側の一点に集まるから。
黒マルチを掛け、発芽したその時に理由がわかります。

クリックすると元のサイズで表示します
2kgだけ種芋を買った。(昨年は3kg)

クリックすると元のサイズで表示します
気温が低いので草木灰を付けて腐らないようにする

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
有機堆肥などを土に混ぜ込んでおいたが石灰は撒かない
(少なくとも10日前に終える)
皆さんがやってる植え方とは全く違うが、とても手抜きで楽な作業だ。
収穫の出来栄えは同じか収量は多いはず。
石灰は芋肌が汚くなるから駄目。

クリックすると元のサイズで表示します
土の上に逆さに置くだけ。
なぜ? 発芽すると芽は地中にもぐり、上に向かってくるので芽が強靭。

クリックすると元のサイズで表示します
2kgの種芋を半分切りしてもこれだけの数が植えられる

クリックすると元のサイズで表示します
黒マルチを敷いて、光が入らないようにする。はい、完了!
皆さんの方法では、溝を掘ったり、土を被せたりしますが、
ここでは、土の上に置くだけの作業でおしまい。
追肥や土寄せなどいっさいしません。
風が強いので抑えに網を置いた。

クリックすると元のサイズで表示します
3月23日、マルチを突き上げたので発芽したとわかる。
太陽の光が入らないように小さな穴を開けてやる。
芋が育って光が当たると、緑に染まるので毒素が
ここからは、土寄せも追い肥料も何もせず




4月12日にはこんな状態。
クリックすると元のサイズで表示します

4月22日には花の蕾が出来ている。
クリックすると元のサイズで表示します

5月4日には満開の花畑。紫の色が特に良い。
クリックすると元のサイズで表示します


5月18日には花が散り、芋の生長を待つばかり。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


6月9日、梅雨に入ったので雨の日が多くなった。
晴れたのですぐに芋拾い。
この栽培法は芋を掘らずに拾うから楽ちん。
枯れ枝を切り取るとこんな具合。
クリックすると元のサイズで表示します

へその緒が付いているように見える。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
芋が転がっているように見える不思議な光景。

クリックすると元のサイズで表示します
300g、15cmほどの芋もあり上出来!

クリックすると元のサイズで表示します
色つやが良いのは、初期の段階で石灰分が無いからだと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
小さい芋は煮っ転がしがいいのかな。


今年の春じゃが栽培は大成功


★あ、隣の畝にはキャベツを植えていないか注意すること。
お互いに成長を阻害するという悪い相性があるのでね。
0

2017/6/13

ジャガイモの大量収穫  じゃがいも

http://sun.ap.teacup.com/keigo/374.html
昨日までの栽培記録です↑


クリックすると元のサイズで表示します

でっかいメ―クイーンが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

並べてみたら今日だけでもこんな感じです。
さっそくお裾分けです。
0

2017/2/16

メークインを植えてみよう  じゃがいも

寒風吹きすさぶ季節だが、2月中旬になると、
あちこちの店の野菜コーナーが賑わっている。
春が来る前のトップバッターはジャガイモ。
いろんな種類があっても好きなのはメークインだ。

クリックすると元のサイズで表示します

今年も3kgの種芋を買ってみた。
半分に切るので60個ほど植えられるはず。
菜園を耕してお天気次第で植えてみようかな。
2月は雨が多いので畑作業がしずらい。
さ、急いで土を耕そう
自作の堆肥をどっさり、鶏糞もばらまき、化成肥料は少なくした。
ジャガイモは弱酸性土壌が好きなので、極少ない石灰。

石灰分が多いと肌が汚いなどの病気にかかりやすくなる。
有機石灰よりもイモを太らせるカリウムを多く含む草木灰が良い。
枯草などの堆肥はジャガイモに最適。
化成肥料は使わず堆肥のみで栽培することにした。


クリックすると元のサイズで表示します












クリックすると元のサイズで表示します

ジャガイモは肥料分が少なくても育ちがいいようだ。
収穫がぐ〜んとアップさせたいので
今年もまた新しい研究をしてみよう。

クリックすると元のサイズで表示します



ということで2月19日の暖かい昼前に、
2017年度・今春のジャガイモ大作戦!
同じ育て方で3年目の作業となります。

クリックすると元のサイズで表示します

早く買っておいたので暖かい部屋で芽出しすることができた


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

大きな種芋はへそ部分を切り落とす。
次は芽部分を確認して半分にカットし、草木灰を付ける。
消石灰でもよし、断面を太陽に当ててデンプンの粉をふかすのもよし。
切ったイモ面に膜を張らせばいいわけです。


クリックすると元のサイズで表示します

3kgだから昨年と同じ数(約60株)になった。


クリックすると元のサイズで表示します


10mそこそこだが、種を余らさずに全部植えてみたい。



イモの切り面を上にして土の上に置くだけです。
深く植える方法ではありません、置くだけ〜
ここが普通植えと違うところなんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します


種イモを並べたらこんな状態になります。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

風が無かったので一人でもマルチ張りができた。
両サイドをプラスチックピンで止めて、
上から網をかけた(風でヒラヒラしないように念のため・・)

クリックすると元のサイズで表示します

3年目の挑戦なので慣れたもの。
早く作業ができたので満点です。
その横では小松菜の花が満開です。
まだ冬の気配が強烈なのに、ここは陽春満開です


その後・・



★メークインの植え付けは2月19日だった。
3月22日に巡回。
黒マルチを突き上げていたから発芽を確認した。

マルチに10mm程の穴を開けると新芽が飛び出した。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

これからもっと暖かくなり、どんどん茎が成長すると思う。
そうしたら最初の芽欠きをする予定。 
ポイントは、一般的な植え方では追肥、その後に追肥をし、
面倒な土寄せなどの作業があるが、
自分流では手間を省き、全くしない方法の育て方をしている。 



その後 4月20日の状態
葉が茂って緑が旺盛です。
周りではナスやピーマン、トマトなどを定植しました。

クリックすると元のサイズで表示します


5月3日頃には花が咲き乱れています。
花を摘まずにそのままにしておきました。

クリックすると元のサイズで表示します


5月末頃にもまだ枝や葉は緑ですが、ジャガイモはどうなんでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


お隣さんがイモ掘りを始めたので、
試しにうちもイモ探しをやってみました。
まだ枯れてはいませんがね。

クリックすると元のサイズで表示します


枝を切りました。

クリックすると元のサイズで表示します

黒マルチを跳ね上げると、イモがゴロゴロ寝転んでいました。
最近では大収穫だと思います。
10株だけですが大きなイモが100個ほどもありました。
鍬で掘るのでは無くて地上に転がっているのを拾うだけ
簡単で楽な作業ができる栽培方法なんです。

クリックすると元のサイズで表示します


★翌日、残りの50株を拾いました。
小さいものもありましたが、総体的に大きなジャガイモでした。

クリックすると元のサイズで表示します

拾いながら並べてみました↓

クリックすると元のサイズで表示します

面白いものですね、ジャガイモが地上に実るなんてね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以上が自分流ジャガイモ栽培方法です。



______________________

自分流ジャガイモ栽培過去の記録
http://sun.ap.teacup.com/keigo/359.html
この方法ならプランター栽培も可能だと思います。
5

2016/6/21

ジャガイモの成長過程  じゃがいも

2月8日・植え付け時の記録
http://sun.ap.teacup.com/keigo/335.html
まずは種イモの植え付けから


クリックすると元のサイズで表示します







ここからは、ジャガイモ(メークイン)の
植え付け後の記録です。
カテゴリーの一覧でもを探せます。

クリックすると元のサイズで表示します
3月7日 発芽したのでマルチを破り外気に当てる。

クリックすると元のサイズで表示します
3月11日 太陽に当たると緑の葉が付いた。

クリックすると元のサイズで表示します
4月3日 青々と成長している

クリックすると元のサイズで表示します
4月12日 見つけ次第に余分な脇芽を間引く。

クリックすると元のサイズで表示します
5月7日 もう立派なジャガイモ畑
花を摘んだほうが良いと畑内で論争があったが、
摘まなくても構わないから他人の意見は馬耳東風(笑)






その後


クリックすると元のサイズで表示します
5月24日頃のジャガイモは、
まだ濃い緑の葉で生き生きしている。

クリックすると元のサイズで表示します
6月1日になるとやや成熟度が増している。

クリックすると元のサイズで表示します
6月10日
ジャガイモの木が枯れてきたので収穫しよう。

クリックすると元のサイズで表示します
枝を切ってサッパリ。

クリックすると元のサイズで表示します
株にくっついたジャガイモが現れた。

クリックすると元のサイズで表示します
向こうの端までジャガイモが土の上で実っている。
これが普通のジャガイモ栽培との違いです。
芋掘りでは無く、芋拾いなんです
このジャガイモ栽培方法をしている人を見かけたことがない。
なかなか信じられない方法だと思うから
人には説明するが わざわざお勧めすることもない(笑)
鍬入れで腰が痛いことも全くないから自分にはベストな方法。


翌日から本格的な梅雨空になってきた。
晴れの日を選んで短時間で片づけができた。
ジャガイモの収穫はタイミングがあるからねぇ。





4

2016/2/8

楽なジャガイモ栽培  じゃがいも

種芋を植え付けた後の作業は、
何もしなくて良いという楽な手法で育てます。
収穫時は鍬で掘るのではなく、
ただの芋拾いという驚く栽培法。

クリックすると元のサイズで表示します

従来の種芋の植え付け方は、
土を深く掘って芋を置いて、鍬で土を被せる。
昔からの農作業は疲れて大変です。
今回は芋を土の上に置くだけなので超簡単です。
周りの人に教えてあげたけど、
失敗するのが嫌で不安だからと実行した人がいない。
安心です、心配は無用!




超簡単ジャガイモ栽培法
2月8日
東京大学農学博士である木嶋利男先生の 
驚く栽培法を取り入れて2年目のチャレンジ。
きのう耕作した菜園にジャガイモを植え付けた
秋に始めた堆肥の出来具合も上々です。

弱酸性の土壌を好むので極端に少なめの石灰。
石灰分が多いと肌が汚いなどの病気にかかりやすくなる。
有機石灰よりもイモを太らせるカリウムを多く含む草木灰が良い。
枯草などの堆肥はジャガイモに最適。
化成肥料は使わず堆肥のみで栽培することにした。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
3kgのジャガイモのへそ部分を切る

クリックすると元のサイズで表示します
真っ二つに切り、草木灰を薄く塗る

クリックすると元のサイズで表示します
54個の種芋ができた

クリックすると元のサイズで表示します
切った断面を上にして2列に置く


クリックすると元のサイズで表示します
マルチという黒いビニールを被せる

次回する事は・・
芽が出てマルチを突き上げるまで待つ
そうなれば小さな穴を開けて枝を育てる

________________________


3月7日、
汗をかくほどの春日和になったので畑を巡回すると、
黒マルチを押し上げている発芽の状態を確認した。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

新芽を潰さないように注意し、
慎重に黒マルチに小さな穴を開けた。

新芽を摘み出す。
なぜ、穴が小さいかといえば、
成長したジャガイモに光を当てないようにするから。
緑に染まったジャガイモには毒素が宿ります。


次にすることは何本も出た芽を摘むこと。



2015春のジャガイモ栽培記録
http://sun.ap.teacup.com/keigo/270.html

2

2015/9/3

秋のじゃがいも植え  じゃがいも

連日の雨模様で菜園作業ができない。
晴れ間を狙ってミニ耕運機で耕しておいて良かった。

クリックすると元のサイズで表示します

9月2日
デジマという品種を1袋買ったら24個入りだった。
菜園で40cm程の間隔をおき、
15cmの穴ポコをあけて、種芋を放り込んだ。
種芋と種芋の間に穴ポコをあけ、
発酵牛糞堆肥と化成肥料を適量置いた。
石灰や化成肥料は多量に与えてはいけないので注意。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

連日の雨のため、穴ポコ内は水が滲んでいる。
種芋が腐るかもしれないかと不安感がよぎる。

土を被せて、雨に当たらないようにマルチを敷いた。
晴れて乾燥したら外すつもりだ。
今回は黒マルチ無で栽培してみよう。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/6/13

こだわりジャガイモ栽培  じゃがいも

じゃがいもの成長記録1(植え付け編)2月19日
http://sun.ap.teacup.com/keigo/270.html

じゃがいもの成長記録2(成長途中編)4月3日
http://sun.ap.teacup.com/keigo/272.html



6月13日
こだわりジャガイモ栽培の初収穫編




★弱酸性の土壌を好むので極端に少なめの石灰。
石灰分が多いと肌が汚いなどの病気にかかりやすくなる。
有機石灰よりもイモを太らせるカリウムを多く含む草木灰が良い。
枯草などの堆肥はジャガイモに最適。
化成肥料は使わず堆肥のみで栽培することにした。
以上の事に注意して種芋を植え付けた。


種芋を植え付けてから何も手を加えずに
芋がかってに育ってくれる嬉しい方法。
施肥も土かけも何もせず、収穫を待つだけ

クリックすると元のサイズで表示します

梅雨に入ってしまったので菜園が水っぽい。
晴れ間を見つけて試し採りした。
まず枯れかけた幹を切る。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

黒マルチをめくるまでドキドキです。

クリックすると元のサイズで表示します

初お目見え、なかなかいいスタイルで登場です

クリックすると元のサイズで表示します

ジャガイモが土の上にあるので、拾うだけです。
芋は掘るものですが、
この栽培方法では芋拾いです。


これは東京大学農学博士の木嶋先生の育て方。
栽培に手間がかからない。
収穫量が増える。
病気の発生が減る。
いいことずくめなので秋植えも試してみよう。


5株だけ収穫した。
これなら短時間で疲れない。

クリックすると元のサイズで表示します

まあまあ、初めてにしては成功かな

クリックすると元のサイズで表示します

残りは少しずつ拾います。


菜園で野菜つくりの趣味人さん達が、
あんまり珍しいので見物に集まってきました。
芋拾いの手法に興味をもってくれました。
秋植えで挑戦する人がいるかもしれませんね。




6月16日
午前9時、雨が降る前に、残りのジャガイモ拾い。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
2kgの種芋で、13kgもあった。
これだけ収穫できれば100点満点



_______________________


★2014.11から炭素循環農法を実践しています
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

化学肥料や農薬に依存しない環境に優しい方法です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリーンセンターで無料で貰った木材チップや
草、トウモロコシの枯れ木など自然のものを使って
野菜を育てる農法が、炭素循環農法です。

土の微生物の力をかりて、太陽の力や水の力、
空気の力もかりて、
自然のおいしい野菜を作る方法を目指しています。

土に浸透した水が、地下に流れることで
周りの環境を良くすることがわかります。
炭素循環農法は、その土地の環境に負担をかけずに
自分流の野菜を作ることができます。

クリックすると元のサイズで表示します
堆肥も作っています。
0

2015/4/3

ジャガイモの成長記録  じゃがいも

クリックすると元のサイズで表示します

4月初旬
ジャガイモ(メークイン)の新芽が勢いよく伸びてきた。
黒マルチを押し上げてテントを張ってる新芽もあり、
1円玉ほどの切り込みを入れて、太陽に当ててやりました。
大きな穴を開けると、太陽に当たった芋が青くなります。
青い色のジャガイモは毒素を含むので注意。

クリックすると元のサイズで表示します

新しい種芋の植え方に挑戦しているので、
うまく成長して収穫できるか不安だが、
きびしい低温の時があったので、
今のところは36個中4個だけ腐敗しただけ。
まずは成功と言える。

★種芋(メークイン)を植え付けた時の記録(2月19日)
http://sun.ap.teacup.com/keigo/270.html



4月15日
久しぶりに巡回してみたら、
うわ〜〜 随分大きく成長してる

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




4月26日の姿。
種芋を植えてからちょうど2か月と7日目です。
花はまだかな・・・
クリックすると元のサイズで表示します

例年と違う栽培方法なので、うまく収穫できるのか心配。
ただ今実験栽培中です。

http://sun.ap.teacup.com/keigo/270.html
2月26日の日記・ジャガイモの革新的育て方
0

2015/2/22

ジャガイモの革新的栽培  じゃがいも

2月19日

クリックすると元のサイズで表示します

★弱酸性の土壌を好むので極端に少なめの石灰。
石灰はほとんど撒いていない。
石灰分が多いと肌が汚いなどの病気にかかりやすくなる。
有機石灰よりもイモを太らせるカリウムを多く含む草木灰が良い。
枯草などの堆肥はジャガイモに最適。
化成肥料は使わず堆肥のみで栽培することにした。
今回は畝にバーク堆肥を置いて漉き込んでみた。

クリックすると元のサイズで表示します

買っておいた2kgの種イモ(18個)がある。
1個あたり100gほどなので、
半分に切って、草木灰を付けた。
半分に切ると36個にも増えて広いスペースになる。

クリックすると元のサイズで表示します

芋のヘソを切ることで、マルチの穴には、
新芽が1か所に集中して出るから、
芽かきの手間が省けるという新しい手法に挑戦する。
図のような切り方をするといいらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

種芋の置き方も今までとは全く違う方法でやってみる。
つまり、灰の付いた部分は、空を向けて植えることになる。

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま黒いマルチをかけて終了。
なんと手間の省けた嬉しい手法ではないか。
でも収穫量の多さと粒の大きさは間違いなく
平均して多いということらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

↑↓本から複写した写真をアップ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

収穫時には、黒いマルチをめくると
そこに新ジャガイモが転がっているという。

これなら土寄せもしない、掘り起こしもしない。
ただ、太陽に芋の肌を当てないように、大きな穴は注意する。
青いジャガイモは毒なのでね。

とても便利なジャガイモの育て方に眼をシロクロさせている。
ということで、従来のジャガイモの作り方から
革新的な育て方を100%取り入れてみた。
まったく信用しきっている自分に驚いています(笑)

そりゃそうでしょう。
他人様にお話ししても誰も取り入れそうもないのだから、
収穫時にお見せできればいいと思う。

今年は、新しく、何でもチャレンジ思考で行こうと思う。
この手法は、偉い博士の研究成果なので間違いないと思う。
4

2014/3/1

春のジャガイモ普通植え  じゃがいも

3月1日、
午後からメークインを植え付ける。
極普通の植え方に習って・・。


クリックすると元のサイズで表示します

2月初旬に種イモを買っていたが、
雪や雨で気温の低い日が続き様子見の日々が・・。

雨が降りそうなので急いで畑の準備にかかる。
種イモから程よく芽が吹き出ているのでタイミングは良い。

クリックすると元のサイズで表示します

畝の真ん中を割り、深さ15cmに種イモを置きます。
30cm間隔に種イモを配置。
2個の間には完熟牛糞堆肥&化成肥料を置きます。
根が張ったらこの肥料を吸収してぐんぐん成長していきます。

クリックすると元のサイズで表示します

20個の種イモに肥料を配置して一応目途がつく。

クリックすると元のサイズで表示します

気温が低いので黒いマルチで覆った。
風が強いので一人作業は困難だった。
だから、ひらめいて漁業用のネットを被せた。
作業が終わった時に冷たい雨が落ちてきた。
これで土曜の午後と明日はゆっくり休めそうです。


★今植えたメ−クインは、楕円形でくぼみがほとんどありません。
煮ても型崩れしにくいのでシチュ−やカレ−に向いています。

★男爵は丸くて芽のくぼみがあり、
澱粉質でほくほくした食感があるので
コロッケやじャがバタ−などに向いています。


この後の成長はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もっこりと黒マルチを突き上げて発芽


5月31日の状態

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

梅雨入りと同時に収穫
掘るのがちょっと早すぎたかなぁ。
ちょっと小ぶりでした。

■昨年秋に植えた「デジマ」の栽培日記http://sun.ap.teacup.com/keigo/225.html
0

2013/12/9

秋ジャがを収穫した  じゃがいも

秋のジャガイモ「デジマ」が発芽したのは9月でした。
植え付けが随分遅かったけど、
12月12月7日に掘り起こしてみた。

長崎の出島にちなんで命名されたジャガイモ「デジマ」は、
40個収穫できた。
元の種芋は13個だから3倍の儲けもの。

クリックすると元のサイズで表示します


植え付けた時のブログ↓
http://sun.ap.teacup.com/keigo/217.html
0

2013/9/23

秋のジャガイモ「デジマ」が発芽  じゃがいも

9月半ばに植えたので少し遅れたかな・・
と思いながらもデジマという品種を植えてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

10日ほどで発芽を確認できた。
23日だと言うのに昼の気温がぐんぐん上がる。
夏のように30度以上もあって畑作業がつらい。
春先のメークインとの成長の違いは、
秋のほうが早く育つということなんだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

長崎の出島にちなんで命名されたジャガイモ「デジマ」
春作のデジマは食味優れており、肉じゃがや煮物、
味噌汁の具、フライドポテトに適しているらしい。

いま発芽した秋作は、澱粉価が比較的高くポテトチップ、
ポテトサラダ、粉ふきいもにも合うらしい。
しかし我が家の食卓には、肉じゃがや煮物、
味噌汁の具が多いのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

じゃがいものチーズ焼きレシピがあった。
せっかくだから挑戦してみるかな。

作り方
1.じゃがいもの皮をむき水にさらす。
2.ラップにくるんで(ゆで野菜機能付きの電子レンジなら自動で)
 レンジにかけやわらかくする※かけすぎないように注意
3.玉ねぎはうすくスライスして、オリーブ油で炒め軽く塩こしょうする
4.両方を耐熱皿(うすくオリーブ油をぬっておく)に
 入れチーズをのせて、トースターで軽く色づくまで焼く。


検索でブログを発見しました。
何と、畝の谷に種イモを植え付けるという
変わった農作業方法が載っていました。
http://blog.livedoor.jp/syumatsu/archives/52892255.html

「デジマ」
長崎県総合農林試で北海道の食味のよい系統「北海31号」を母、
暖地で春秋とも多収の「ウンゼン」を父として交配・育成し、
昭和46年に農林登録(ばれいしょ農林19号)された
暖地二期作用品種です。
品種名は江戸時代に外国への窓口であった育成地近くの
長崎出島にちなんでつけられている。

デジマは春作・秋作ともに多収。
いもの表皮が滑らかで、外観が良い。
食味が良い。
Yモザイク病に強い。
青枯病に弱い。




0

2013/2/25

じゃがいもの準備  じゃがいも

気温が緩む3月初旬にじゃがいもの種を植えるよ

クリックすると元のサイズで表示します

この写真は、昨年2012年度のじゃがいも掘りの様子です。
最後まで読んでいくと、じゃがいもの収穫までを掲載する予定。
まずは種芋の植え付け方から始まり〜




クリックすると元のサイズで表示します

本を見ながら種用のメークインの切り方を学ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

種芋売り場にも切り方の見本があったので写真に。


クリックすると元のサイズで表示します

今年もメークインを2kg買った。
半分に切ったら40個ほどに増えた。
すぐにデンプンの白い粉が噴出したので部屋で乾燥させる。
暖かくしすぎると汗をかき良くないので空気にふれさせる。

切った面に灰は塗らないで自然にまかせよう。
その方法はどちらでも構わないとテキストに書いてある。

クリックすると元のサイズで表示します

3月2日は少し暖かくなるらしいから菜園に植えようと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

土壌がアルカリ性になりすぎてもいけないので、石灰類は少なめにしておこう。

クリックすると元のサイズで表示します

病気にも注意しないといけません。

昨年の収穫時期は、肌がザラザラしていたのでコレかもしれない。


クリックすると元のサイズで表示します

メークインは肉じゃが料理に最適らしいね、早く食べたい



次のステップへ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

堆肥と合成肥料とシェルかをすきこんでおいた土に種を置く。

表と裏の二通りの親方を試してみる。



★4月13日に畑を覗いてみると、
芽が出て葉も茂っていた。


そこで余分な芽を摘み取り、2本仕立てにする。

クリックすると元のサイズで表示します


続く・・・

_________________________________________________________________


2013年 4月29日(月)

クリックすると元のサイズで表示します
気温があがるにつれて大きく葉が茂ってきた、

クリックすると元のサイズで表示します
以前2本立てにしたけど、
芽が伸びて3本になったり4本になったりしている。

クリックすると元のサイズで表示します
また2本立てにして化成肥料を追肥して終了。
1

2012/6/30

ジャガイモ掘り  じゃがいも

早朝6時に目覚めた。
梅雨の合間にからりと晴れたので、
急いでジャガイモを収穫した。


クリックすると元のサイズで表示します
昨夜、鍬で掘り起こしておいたので、素早く片付いた。
長く雨に当たっていたせいか、
ジャガイモの肌はサメ肌状に荒れている。
農業の人のジャガイモに比べたら、
とてもとても恥ずかしいほどの出来でお見せできない。

クリックすると元のサイズで表示します

ホームセンターで買った時は4kg。
小さかったので半分にカットせず植えつけた種。
写真のように数倍も収穫できて喜びもひとしお


収穫後の土に石灰(貝の粉末・シェルカ)を蒔いて中和させた。
昨年からの堆肥作りの成果を試す機会がやってきた。
溝を掘って、出来上がった手作り堆肥をたっぷりと蒔いた。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
土作りに取り組んでまだ3年目だが、これから効果が出てきそうだ。

野菜の色がイキイキしてるのがわかる。
野菜にも栄養が必要なんだね。
クリックすると元のサイズで表示します
枝豆に実が付きだした。


クリックすると元のサイズで表示します
モロヘイヤも順調に育っている。
その隣りはキュウリが2本。
残念だが、うどん粉病にかかって葉が真っ白。
でも40本ほど収穫できたので、お疲れ様と言ってやろう。
うどん粉病の研究と対策をしようと考えていた矢先、
一気に病気が蔓延してしまったので仕方がないかな。
色んな家庭菜園ブログを巡って知識を得ようと思う。

突然雨がぱらついてきたので、
午前中に完了した、この後は梅雨本番になりそうだ。
2

2011/2/7

じゃがいも種を植えた  じゃがいも

2月6日(日)

じゃがいもの種が出回っている。
最近は自分で栽培しないのだけど、
たまには植えてみよう。

ホームセンターへ行くと欲しいメークーンがない。
赤いもや北の何とかなど聞き慣れないものばかり。
仕方ないので2kg買ったが高い値段。
確か鹿児島で見たあの赤いいもだと思う。

別のホームセンターへ行った。
目当てのメークインが豊富に並んでいた。
結局、メークインを2kg買って、
前に買った赤いもを返品するために車を飛ばす。

ごたごたしてるうちに午前中時間ロス。
畑を耕して準備だけしておく。
荒い雑草などを燃やして灰を作った。
この灰をカットしたじゃがいもに付ける。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いもの上から6cmほどの厚さで土を掛けて、
午後の種植えを終了した。
3週間過ぎには芽がでるだろうか。
暖かくなったとはいえ、まだまだ霜が降りたり寒い日があるだろう。
芽が傷まないか心配でもある。

http://green.ap.teacup.com/applet/20080520/20080614/archive
仲間のブログを掲載しました。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ