自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2019/4/9

炭素循環農法の試み  ●炭素循環農法

★2014.11から炭素循環農法を始めます
難しい言葉で、専門家によれば「炭素循環農法」と言うらしい


クリックすると元のサイズで表示します

それは、化学肥料や農薬に依存しない環境に優しい方法です。
市のクリーンセンターで無料で貰った木材チップや
乾燥させた雑草、トウモロコシやその他野菜の捨てる物など、
堆肥に使える物など全てを使って土地を肥沃にする。
そんな方法で野菜を育てる農法が、炭素循環農法らしいです。

土の微生物の力を借りて、太陽の力や水の力を借りて、
更に空気の力も借りて、
おいしい野菜を作る方法があると言う事なので実践します。

土に浸透した水が、地下に流れることで
周りの環境を良くするそうです。
炭素循環農法は、その土地の環境に負担をかけずに
自分流の野菜を作ることができるメリットがあるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2014年秋から借りた新しい畑は面積が広い
しかし、田んぼの土なので野菜向きでは無い
土が石ころのように固まっているので堆肥化しなくては

クリックすると元のサイズで表示します

このチップは、クリーンセンターで貰った無料の物。
土に混ぜ込むことで土が良くなり、有機栽培にもなる。

クリックすると元のサイズで表示します

木材チップや野菜の捨てる物など、
堆肥に使える物などをばら撒いてみた。
来年になり、土がホコホコすれば大成功。
そんな方法が、炭素循環農法らしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

固い土に木材チップをばら撒いて、
堆肥と化成肥料もばら撒きます。

知識に乏しく、初めての経験なので未知への挑戦。
はたして、野菜はうまく育つのだろうか?
最初は、木材エキスから出るチッソ成分が濃いだろうから
野菜に適した生育も考慮しないといけないかもしれない。


土に馴染むまで3年ほどかかるかもしれないな。
その後は順調に栽培できると期待したい。

クリックすると元のサイズで表示します

何度も漉き込んで土に馴染ませるという根気が必要かな。

クリックすると元のサイズで表示します

玉ねぎの苗を定植しました。うまく育つだろうか・・


クリックすると元のサイズで表示します

そして、3年後には肥沃な土になりました。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ