教育社会学(教職科目、15回)  教育社会学

1 教育社会学とは何か
(1)はじめに
(2)「教育社会学」という学問領域
(3)課題:『教育社会学研究』から興味のある論文を探してくる

2 教育社会学の射程と方法論
(1)教育社会学の研究対象
(2)「量的方法」と「質的方法」
(3)社会学の視点でものごとをとらえるということ
(4)現職教員にとっての教育社会学

3 「学校」という装置@洛星高校
(1)近代社会と学校
(2)教室
(3)校則
(4)「全制的施設」としての学校
(5)「学級」「全制的施設」から学校を見ると、教師の役割とはどのようなものか?

4 カリキュラム
(1)「なぜこのようなことを勉強しないといけないの?」「この勉強は役に立つの?」
(2)カリキュラム
(3)試験と評価

5 学校とは何か・補論
(1)学校と権力
(2)「学校化社会」
(3)教授法と文化
(4)「学校現場」と教育社会学

6 教育拡大
(1)教育拡大
(2)なぜ子弟を学校に通わせるようになったのか?
(3)教育拡大のメカニズム
(4)急激な教育拡大を可能とした日本の制度的構造
(5)教育拡大は日本社会に何をもたらしたのか?

7 学歴社会
(1)学歴社会
(2)学歴の役割についての主な説明(経済学)
(3)「立身出世」と「社会移動」
(4)学歴社会の何が問題なのか?
(5)ほんとうに日本は「学歴社会」でメリトクラティックな社会のなのだろうか?

8 格差の中の学校
(1)教育と格差
(2)教育と不平等
(3)そもそも日本に格差は存在するのか?
(4)学力が階層をつくるのか? 階層が学力を規定するのか?
(5)ブルデューの「再生産」論

9 大衆教育社会の成立
(1)大衆教育社会
(2)大衆教育社会の成立:中学校編
(3)大衆教育社会の成立:高校・大学編

10 これまでのおさらい

11 公立小中学校の学校五日制をやめて学校六日制にするべきか?
(1)「問題」とは何か?
(2)「問題」と「解決策」の「合流」
(3)解決策としての学校五日制:1940年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代
(4)教育社会学的に問い直すと・・・?

12 公立高校を減らす? 私立高校を減らす?
(1)高校教育拡大:1965年まで、1975年ごろまで1990年ごろまで、1990年代以降
(2)高校教育機会の提供方法
(3)誰がどのように高校教育費を負担するか?
(4)公私間関係と「地域性」

13 大学の授業料を無償化するべきか? 18歳入学をやめ中退・復学を増やすべきか?
(1)日本の大学
(2)「大卒」という学歴
(3)日本の大学を取り巻く環境:日本的親子関係、日本的大衆大学、日本的雇用
(4)大学教育は誰のためのものか?
(5)大学が変われば社会が変わる?

14−1 学校から職業への移行
(1)労働市場と学校との相補的関係
(2)「加熱」と「冷却」
(3)ASUC職
(4)働き方の二極化と「自己責任」論

14−2 学校には何ができないのか?
(1)学校への期待
(2)「モンスター・ペアレント」
(3)「効果のある学校」
(4)先生は忙しい? 教職の専門性とは?
(5)大衆教育社会はどこへ行く?

15 最終レポート試験の前に・・・
(1)教職をめざさないみなさんへ
(2)教職をめざすみなさんへ
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ