諫早湾干拓事業と首相のリーダーシップ  政治のはなし

 教員になって2年目の、高校1年の現代社会の時間に、諫早湾干拓事業をテーマにして、それぞれのアクターの立場からこの問題にアプローチすると、どのような論点があって、どのような立場をとるか、グループ討論をしたことがある。
 あれから13年が経った。菅首相が堤防の開門調査を指示し、当然のように長崎県知事が反発している。マスコミ報道のとおりにリーダーシップを示したいのであれば、いかなる抵抗があろうとも開門調査をやり遂げる意思があるのだろうか。
 全員が納得する解決策は存在しない。だからこそ、こうして問題がこじれているのだ。普天間問題といい、大規模開発や迷惑施設をめぐるNIMBYポリティクスについて、あまりに無邪気すぎるように思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ