学校図書館について思っていることのメモ。  学校図書館

 先日、お世話になっている先生から、「図書館がなくてもいいと思っているようだが、それならどういうビジョンを持っているのか?」という問いかけを受けた。
 「図書館が必要条件だとは思わないが、図書館がしっかりしていないと困る」という答え方をしてみたものの、自分でもしっくりいかない。

 学校図書館を類型化してみようというアイディアは、同志社大学で開かれた一昨年の図書館情報学会のときの雑談に由来する。これをまとめてみることはできないか、というのが、今やっていることに直接つながる話である。
 これがうまくいっていない。論文にしようとしても、まとまらない。

 そもそもの問題意識は、図書館長時代、そして私学図書館協議会の副会長時代のさまざまな経験に由来する。

 たとえば北部のある先生は「うちの図書館なんて、見てもらうもの、何もないですわ」というのが、口癖のようになっていた。また、別の用事で、北部の学校を何校か回ったりして、「北部の学校が協議会に出てこない」のではなく、「出てこられない」あるいは「出てきても何も得られないのかもしれない」と思うようになった。
 その一端が、図書館の研修会で「すごい学校」ばかりが紹介されることにあるのではないか、と思った。
 そのような思いは、別に北部の小さな学校に限らず、たとえば関東の進学校での実践を聞いても「それはあの学校だから」と思ったり、図書館立て替えに関わったことを機に図書館に関わり続けることになった先生の話を聞いても「それはその先生の置かれた環境が特別だから」と思ったりする自分がいて、他校の実践を聞いても、うちとは事情が違うから、となってしまうのである。
(もっともそれは、図書館だけに限らず、社会科の授業実践報告を聞いてもそういう傾向がある。)

 また、学校経営が困難になったとき、図書館の予算と人手を守ることが、どれだけ学校全体にとってプラスになるのだろう。
 ある学校では、急激に生徒数が減少し、これに端を発する諸々の「改革」が進められ、早期退職者が相次いだ。労働条件は悪化し、さまざまな悪循環の中で、図書館においても専任司書を嘱託職員に置き換え、司書さんは事務に回った。この問題をどう評するべきなのだろう。
 財政が危機的状況にある大阪府では、橋下前知事のもと、オーケストラ、博物館なども、リストラの対象となった。「文化事業」といえども聖域とはならないのである。同じように、学校が経営難になれば、人件費にも図書館予算にも手がつけられる。

 大逆転を狙って、悪質な学校コンサルタントに騙されて、何億円もかけて「情報教室」を導入して学校改革の目玉としたものの、その後も生徒募集状況は芳しくならず、経営がさらに悪化した学校の話を、組合を通してしばしば耳にした。図書館を発展的に「情報センター」化すること、あるいは学校全体の取り組みとして図書館を学校教育の中心に据える改革は、よほどの確信や資金的ゆとりがなければ、なかなか踏み込める代物ではない。

 以前、東京であった私学の全国研修会に出ていたときのことだが、関東近郊からは司書さんが参加し、遠方からは図書館長が参加しており、その「温度差」あるいは問題意識のズレが露わとなっていた。
 ある県から来ていた図書館長さんは、「ここには校長が来ないといけないのにね。結局、予算と権限をどうするかという話なんだから。身内で話しても仕方ない」とおっしゃっていた。

 図書館に人や予算を割けない学校があることは事実。そういう学校に目を向けたとき、どういう可能性があるのだろうか。
 図書館を離れて、保健室で応急処置や発達障害のことを勉強しながら、ぼんやり考え続けた2年間であった。

 このことを、どうやってまとめたらいいのだろう?
1

目覚めよ、世の教師たち・・・?  学校図書館

 図書館の司書室に用事で足を運んだら、館長と司書さんの熱い視線が突き刺さる。飛んで火にいるなんとやらで、お菓子につられて、放課後の居残り当番を引き受けることになった。
 本校では、校務分掌は7つの部に分かれており、専任教員は、担任のあるなしにかかわらず、必ずどこかの部に所属することになっている。そして、「生徒部」「活動部」が生徒部室の居残り当番を、「保健部」「宗教部」が保健室の居残り当番を、「図書部」「教育部」が図書館の居残り当番を、生徒の下校時刻までそれぞれ分担している。
 図書部長を終えて2年は保健部員をしているので、図書館の居残り当番は久しぶりである。自分の部長(館長)時代から変わらないものや、この2年で新しくなったものが、少しずつ入りまじった放課後の図書館では、来週からの定期考査に向けて、普段は図書館では見かけない顔が、一生懸命にテスト勉強に励んでいる。
 図書館とは縁のなかった時期、図書部員であった時期、図書部長として責任者となった時期、そして図書館を離れた今、それぞれの図書館の見え方があり、使い方あるいは距離の取り方がある。日本の学校を考えても、コアな「図書館関係者」は少数派だが、係り教員として図書館にある時期関係し、また別の部に移っていくという、「ゆるやかな関係者」は、かなりの多数にのぼるはずだし、この層が支持に回らないことには、学校全体の中での図書館のポジションはどんどん小さくなっていかざるを得ないのではないか。しかし、学校図書館を考える上で、こうした「ゆるやかな関係者」があまり意識されることはないように思われる。

 ところで、うちの学校図書館には、常勤の司書さんが2人いる。予算も300万円以上あって、比較的潤沢な方である。
 しかし、本校の授業は座学中心で、いわゆる図書館の「メディアセンター化」は進んでいない。授業での利用もきわめて少ない。
 実は、うちと同じように大学受験をしなければならない高校の図書館は、公立でも私立でも同じような感じのところが多い。また、進学実績を上げるために気合を入れている高校では、むしろ学校の方針として図書館が自習室として積極的に利用されているところもある。
 よく学校図書館関係のレクチャーで報告されるような「すごい」図書館は、基本的に大学附属校ばかりである。それは資金が潤沢であること、大学とシステムなどを共用することができること、さらには受験勉強が必要ないこと、があげられよう。
 そんなことを考えていたら、学校図書館関係者に「それはあなたの学校が、学校図書館に対する従来の考え方から目覚めないだけではないか」と質問された。
 それって、カルト教団の物言いじゃないですか。
0

「知性の自由」を求める教育、について考える。  学校図書館

 立教大学司書課程主催の連続講座に参加してきた。
 http://www.rikkyo.ac.jp/events/2011/09/9589/

 第1回は、京都精華大学の中尾ハジメ先生のレクチャー。

 これだけ情報が圧倒的に歪められ続ける中、われわれの知性はどうやって自由でいられるか、というのは、なかなかしんどい話であり、「完全に知ってから動くことはできない。知った責任として行動する」という問題提起は、そうなんだけれど、それもまた共有の難しいテーゼだな、と思った。
 そもそも「知性」は「自由」を保障するのか、「自由」を「教育」することは可能か、しかもそこに「学校」という権力装置を挟むことは許されるのか、そういったメタレベルの問題について、きっと主催者は無自覚にこのようなタイトルをつけたのだろうし、それがこの連続講座の主題ではないのだが、すでにこの段階で方向性がある程度示されているのだとすれば、はたしてそれは「自由」なのか?

 ところで、主催者宛に送ったリアクション・ペーパーを公表してほしい、という要請があったので、以下にほぼそのまま掲載。リンク集をつくるそうな。
 なお、帰りの新幹線の中でアルコールが入った状態で書き散らしたものですと、前もって言い訳しておきます。
 http://d.hatena.ne.jp/to-yurikon/20110926

 ちなみにこのブログを見たゆりこせんせいから「ブログ、手加減してない?」と突っ込まれてしまった。
 もちろん、してますよ。

==

 冒頭の「知性」と「自由」と「教育」との関係についてのお話、実はとてもアンビバレントなものである可能性にもかかわらず、それを無自覚に語るという行為そのものについて、大いに考えさせるものでした。
 そもそも、「知性」は「自由」であるべきなのか、「知性」とは「自由」なものなのか、それを「教育」という権力性をともなう枠組みの中に閉じ込めることは可能なのか、そういったことについて無自覚であったことについて、反省させられましたし、すでにその段階で、もしかすると私たちは自由でないところからスタートしてしまったのかもしれません。


 「考える」「知る」「信じる」の対概念としての「考えたくない」「知りたくない」「〜しようとしない」という設定は、とても新鮮でした。そして、「東電の隠蔽体質はけしからん」「安全神話」「SPEEDIを出さないのはけしからん」といった言説が、後者でしないという指摘は、目からうろこでした。


 どこか、こんな事故を起こしたら「原発要らない」となるのが当然、という前提があるように思いましたし、私も(チェルノブイリでも、東海村事故でも、中越地震でもだめだったが、今度こそ)そういう世論が圧倒的になるものだと思っていました。しかし、どうもそうでもないらしいです。
 そこで思い出したのが、広島の原爆資料館を見たある国の政治家の話です。あの原爆の惨禍を目にして、「すばらしい、このような武器があれば、我が国は安泰だ」とコメントしたそうです。両者は対話不可能なのでしょうか、あるいは対話の道があるのでしょうか。


 民主党政権の公約であった「記者クラブの解体」があいまいになり、結局大手メディアの寡占状態と大本営発表報道が続いています。私は、小沢一郎氏の政治献金問題(あれは帳簿上のミスですので、修正申告で済む話)の報道、一連の震災報道・原発報道、そして極めつけの先日の鉢呂経産省「失言」報道で、日本の大手メディアへの態度が、失望から絶望へと変わりました。それならそれで、見ないで済ませることができるかどうか、やってみる価値はあると思いますが、問題は、学校の授業で「新聞は読むな」とは言いづらく、学校図書館で「週刊誌やインターネット動画サイトを見なさい」ともやはり言いづらいことです。
 関連しますが、学校の授業に新聞を導入する動きが、新聞社の販促とセットになってあります(いわゆるNIE運動というやつです)。これは、新聞をつくってみよう、だとか、新聞の見出しを比べてみよう、とか、そういうことが多いのですが、新聞そのものを疑ってかかろう、ということには絶対になりません。その段階で、授業が絡み取られているのだと思います。


 私が学生時代、貧困や差別や不正義やいろんな問題を知り、「知ったからには行動しなければ」と悩んだ時期がありました。「悩むくらいなら知らなければよかった」と思いましたし、同じことを人に伝え「知ったからには行動せよ」と迫ったこともありました。しかし、そのような義務感からは、あまり楽しい行動は出てこなかったし、人もついてこなかった記憶があります。
 おそらく90年代以降、冷戦が終わり政界再編が進み、阪神淡路大震災の経験を経て、NPOやボランティアが伸長してきた背景には、「行動したいから行動する」というポジティブな社会運動への態度が登場したからだと思うのです。「知った責任」はたしかにあるのでしょうが、「行動しないことへの道義的責任」は問えるのでしょうか・・・。

・・・と、直後には思ったのですが、少し時間を置くと、「責任」と考えるとしんどくなるのであって、論語に曰く、「義を見てせざるは勇なきなり」だと思えば、少しは積極的に考えられるのかな、と思ったりしています。


 私事で恐縮ですが、身内に山下俊一長崎大教授と共同研究している者がいて、本人もチェルノブイリの小児性甲状腺がんの研究をしています。話によれば、小児性甲状腺がん以外の病気には、2つの対照群に統計的に有意な水準で差が出ないのだそうです。
 また、反原発団体がベラルーシのゴメリから医師を招待し、現状報告をする会合に出たことがあります。その先生は「二度とチェルノブイリの悲劇を繰り返してはならない。だから、もっと安全な原発がほしい」と発言し、主催者をあわてさせていました。
 これもまた、IAEAと「原子力帝国」の陰謀なのでしょうか・・・?
(なお、私は、原発は不要だと思っていますし、止めるべきだと思っています。広河隆一氏の写真集は見ましたし、放射線の影響もあったと思います。)


 次回も楽しみです。参加できれば・・・ですが。
2

学校改革の中の図書館  学校図書館

 今日は中学顧問の先生が校外での仕事に出ているので、代わりにチームの面倒を見ようと思い、久しぶりにグラウンドに出ようと気合を入れて出勤したら、中学チームはお休みだったらしく、高校生も昨日の疲れを考えてオフにしていたので、ちょいと鉄研に顔を出して、デスクワークをこなして学校を出る。

 今日は2校をはしごする。最初に、部員17人という京都最大の図書館部を擁する学校にお邪魔する。図書館長は、部長会の参加メンバーとして、各分掌間の意見調整を行うとともに、各部長は評議員として経営会議にも参加するらしい。教務長は学内理事も兼任しているというから、部長に相当強い権限が与えられているようで、その権限を生かしてグイグイと諸改革を動かしているのだろうか。校舎の中央につくられた吹き抜けに面した明るい館内は、静かに本を読み自習する空間としての雰囲気が漂っている。
 全国大会のトロフィがごろごろと飾られたケースの前を通って、オリンピック選手が練習した体育館をのぞかせてもらい、中庭の菩提樹の下で話を聞いたりして、お暇する。ちなみに先生は、来週には山のお寺での1週間の勉強合宿に付いていくそうで(下界で教材を準備して山に持って上がるんだそうだ)、大変だが生徒のためにひと肌脱いでやろうと気合を入れてらした。

 次の学校は、「メディア教育部」の下に、図書館と情報教室とを抱えている。ただしその両者が別の校舎にあって物理的に離れているので、両者の融合はなかなうまくいっていないのが現状らしいのだが、2年後に学校の移転を控えていて、そのときには図書館にメディアセンターとしての機能を充実させる計画があるそうだ。現行でも十分に調べ学習やパワーポイントを使った発表授業も充実していて、オープンスペースに置かれているPCでは、生徒がレポート課題らしき資料作成に精を出していた。
 ちなみに高校では3コース(今後さらに増える予定)、中学でも3コースあるそうで、教員どうしの間でも誰が何をしているのか把握しづらいくらい、業務の内容が細分化されてきたのだとか。
 図書館から情報教室に移動し、医学部進学コースの特別教室も見せてもらった。
 おお、電子黒板!
クリックすると元のサイズで表示します

 昨日行った学校もそうなのだが、今日行った学校は両方とも、つねに学校改革を推し進めていて、それへの賛否だとかいろいろな見解はあるだろうが、少なくとも、学校としては淀んではいないのだ。それはそれで、組織としてはありうる選択だと思う。
0

ラオス語の絵本をつくりながら  学校図書館

 今日もお茶菓子持参で、某高校の図書館にお邪魔してきた。
 図書館に入ると、ベルマークで絵本を買ってラオスに送るボランティアの作業中で、ハサミとラオス語のシールを渡されて、さっそく一緒に作業する。

クリックすると元のサイズで表示します

 この学校の組織図では、図書館は「教務部」の中の、視聴覚教室・図書館・(授業用以外の)コンピュータの管理、という3つの業務を担当する「メディア教育係」に属している。司書教諭は充て職で、今は生徒部生徒指導係に所属している。ただし、そのために図書館の運営がやりにくいということはないようで、むしろ教務部会でいろんな先生の意見を聞ける機会が保障されているので風通しは悪くないということであった。
 この高校は、3分の1が就職、3分の1が専門学校、3分の1が四大・短大進学という学校で、中にはほとんど本を手にしたことのない生徒もいるという。図書館には、とにかく図書館に関心を向けさせるために、ライトノベル・漫画・雑誌が大量に用意されている。教員集団としても図書館には、自習室としての利用、不登校生徒の待機場所、生徒のなごみスポットといった感じの位置づけがされているので、(学校図書館学の世界で強く主張されているような)「学校の中心としての学校図書館」「読書センターから学習・情報センターへ」という方向性とは反対を向いている。
 たしかに「学習・情報センター」うんぬんは、学校図書館法をはじめとした法令に根拠を持っている。だからといって、現場がそれを望んでいないことについて「法律で決まったことをやらないのはけしからん」という批判は、はたして教育論として妥当なのか。しかし残念ながら、そういった批判が多いのが事実なのである。この批判をする人たちは、ひとたび法改正によって学校図書館への手厚い記述が削除されてしまっても、同じことを言うことができるのだろうか。

 帰り際に、第2次ベビーブーム世代のときの急増急減対策のことについても聞いてみた。今の生徒数はピーク時の半分ほどなので、校舎には空き教室がたくさんあって、クラブの楽器倉庫となっていたり、分割授業や選択授業の教室に使ったりと、教室がたくさんある分には不都合はないのだそうで。
0

学校経営と学校図書館  学校図書館

 今日も自由研究(?)のために、とある私学の図書館にお茶菓子を持ってお邪魔する。
 この学校の図書館長の先生は、図書館に来る前は教務主任を長年されていたので、学校組織の動かし方だとか法令面での細かいところまで一切合財を承知した上で、いろいろと新しい取り組みをされている。この学校の図書館長は、定年前の先生が名誉職的に就くポストという伝統があったそうだが、先生はこの慣例にチャレンジされている真っ最中で、任命した校長先生としても「そんなはずじゃ・・・」といったところだろうか。
 司書教諭課程の科目のひとつに「学校経営と学校図書館」というのがあり、何冊か教科書も出されているが、多くは「学校図書館経営」のことには触れているが、学校全体についてはほとんど射程が届いておらず、せいぜい「学校として○○が望まれる」といった提言(?)がところどころにあるくらいである。しかし、数年で入れ替わる大臣のような図書館長の力量が、大きく校内の発言力や図書館運営に影響するのは確実であり、図書館長人事あるいは図書館長の権限という側面に注目した「学校経営と学校図書館」論がなければならない。
 ところで、いろいろと話を聞いているうちに、かつて1学年800人という、現在の2倍以上の生徒がいた時代の話題になった。「うちの学校は、第2次ベビーブームの時もあまり生徒数を増やさなくて、京都府から渋い顔をされたとか聞くんですが、なんで先生のところは、プレハブ教室を建ててまで生徒をどんどん入学させたまくったんですか?」と聞いてみた。
 きっと、経営上の問題で大量の入学者を引き受けるようにしたのだろうと思っていたのだが、答えはそうではなかった。
「中学校まわりをして、事前相談で毎年『評定30の子なら受けさせてください』ってお願いしていたら、『今年は人数多いですから、35の子をください』なんて言えないよ。学校まわりをしている者としては、どれだけ受験生が来るかなんてわからない。例年通り受けてください、と中学校に話をしているのに、入試で予想以上に受験生がいたので入学させられません、というわけにはいかない。職員会議で入学者を絞り込むという話が出たとき、ぼくらみんな大反対したもんね」
 なるほど。中学校まわりをしないで済んでいた学校は、ざっくり募集定員で受験生を切ることができるかもしれないが、多くの私立高校はそういうわけにはいかなかったわけですね。
0

夏休みの自由研究  学校図書館

 このあいだ、京都私学SLAで報告をしたら、「ちゃんと論文にまとめなさい!」と指導教官(?)から宿題を言い渡されてしまった。
 夏休みの自由研究がもうひとつ増えてしまった。
 そんなわけで、京都府北部のとある学校の先生に泣きついて、図書館を見せてもらいに行ってきた。先生が、教務の仕事をしながら、情報の授業も担当しながら、生徒募集の中学回りもしながら、図書や雑誌の受入れをして、貸出し業務もして、まぁ獅子奮迅の活躍とはこのことである。しかも府の補助金の算定方法が変わったあおりを受けて、図書館予算がなんと7割も削られてしまったそうだ。それでも持ち前のバイタリティで仕事をこなされている先生を見ていると、こういう学校の図書館にも光を当てないといけないのに、と思う。
 けっこうこの宿題も、想像以上に難しそうだ。

 駅までは徒歩10分くらいなのだが、せっかくなので遠回りして市内を散策して帰ることにした。学校の窓からお城が見えていたので、てくてく歩いていったら、お城ではなく「国際交流会館」なるプールと日本庭園のついた謎の建物であった。(ほんとうのお城の跡は、城門だけが残っていて、その城門をくぐると高校があった。日本でいちばんすごい校門じゃないか?)
クリックすると元のサイズで表示します
 ある自民党大物代議士の地元としてそれなりに栄えたはずなのだが、中心街には人通りがなく、再開発をしようとしているのか強引に拡張した道路と虫食いになっている商店街が痛々しい。これが戦後日本の地域振興政策の結末なのだろう。
0

ほんとうに図書館は学校の中心となるべきなのか?  学校図書館

 先日、京都私学SLAに頼まれて、3年前にとった図書館長アンケートの結果を再集計したものを発表した。思えば、副会長時代、前会長に「後進のためにこれまでの活動の話をしてください」とむりやり講演をおしつけた報いなのだろうか。
 内容はきわめて散漫でひどいものであったし、そもそも図書館の現場を離れて2年経って、かなり問題意識もズレてきている。
 いくつかポイントはあって、「図書館は部として独立させるべき」「図書館に人と予算を!」「無料の貸本屋、自習室としての図書館から、学校の中心としての学習・情報センターへ!」という学校図書館学の世界での主張は、京都の私学を見る限り、必ずしもあてはまらないのではないか、ということである。この点、今年度中にもう少し整理してどこかで発表して、3年間アンケート結果のまとめをサボっていたことの責任を果たしたことにさせてもらおう。
 これとは別に、「私立高校にとって冬の時代を前に、私学らしい教育活動を考える上で、学校図書館をどのように位置づけるか」というテーマは重要だと思うし、各校がそれぞれの特色を出した図書館づくりあるいは教育実践を進めていくのか、観察していこうとは思う。
0

学校図書館と総合的な学習  学校図書館

 教えて欲しいことがあって、午後からの半日週休を使って、某校の司書教諭さんのところに出かけていった。
 ちょうど、中学2年生の「総合的な学習」の時間のためのガイダンスをやっているところだった。この学校は、総合の時間を各教科が担当し、中1は理科が米作り、中2は聖書科による人権教育、高3は国語科が・・・、というふうに、図書館を拠点とした授業を年間を通じて展開する。
 今年図書館担当になった先生がちょうど国語の先生だったので、国語科の出した課題(絶対にインターネットでは調べられない=図書館で紙メディアを駆使して調べないといけない=「画像」「キーワード検索をするとヒットしまくるもの」)の話から、電子辞書の話になる。うちの英語の先生も同じことを言っていたが、国語でも、その場でちゃちゃっと調べるのに便利な電子辞書と、きっちりと言葉についての理解を深めていく紙の辞書との使い分けを意識して授業されているようである。
 もっとも、こうした図書館と教科との連携ができている学校は、圧倒的に少数派であるし、この学校とて「進学実績」「学力向上」の謳い文句の中にあって、いわゆる予備校のような授業が増えてきているそうである。
0

瓢箪から駒。  学校図書館

 ひょんなことから、今年度、「私立学校経営と学校図書館」について研究成果を出さないといけないことになった。
 すっかり図書館から離れ、今は保健室で当番する先生なのだけれど、図書館長時代の4年間に考えていたことを、仕事としてきちんと整理することは必要なことだと思うので、いい機会を与えられたと思って、がんばらねば。
0




AutoPage最新お知らせ