一人静かに時間を過ごす・・・そんなことはなかなか出来ない。さみしい生き物ですよ。男ってやつは・・・愛媛・松山から流れてたどり着いたのだ!

2019/4/30  6:26

プラナスでナレーション取れるようにした  ラスト


 合理的に作業進めるために、編集機を進化させてみた。
M−Audioのインターフェイスを実装して、マイクを付けて、、、

 なんと、見事に認識して、実に簡単にナレーションが取れるようになった。
プラナスのタイムラインを再生、停止の間に録音される。

 これは素晴らしい。


 クリックすると元のサイズで表示します

 元々は、仮歌用にアマゾンで買ったのだが、風防も全部込みで5000円ほどだ。
  

 クリックすると元のサイズで表示します

 こちらも、MIDIインターフェイスで買ったものだけど、BNCも入力できた!


 クリックすると元のサイズで表示します

 ちょっと邪魔といえば邪魔だけど使わない時は、上に伸ばしておけばいい。


 かなり効率がいいし、しっかりした音で撮れる。

 おまけにcueBaseSEもおまけでついていたので、DTMもデモレベルや簡易BGMは雰囲気に合わせて作れそうだ。

 MIDIでクラビノーバにつなごうとしたが、今一つうまくいかなかった。

 これはいずれ詳しい人に!!

 
 首が折れても働く社長であった。

 ピンチはチャンスとも言う。。。。少しベクトル違うような気もするがまあ前向いて行こう。

 
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ