一人静かに時間を過ごす・・・そんなことはなかなか出来ない。さみしい生き物ですよ。男ってやつは・・・愛媛・松山から流れてたどり着いたのだ!

2007/12/2  1:54

今年を振り返るその1  永住できる目黒区を考える

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 12月に入りました。長い出張から帰り、紅白のステブレ(ステーションブレーク)に追われながらも一年は過ぎようとしている。
 今年は、涙もチョチョ切れる激しい年だった。
 とどめが実家の立ち退き問題で、お袋の住むところを探すことである。
 少しは、親孝行をと思うが、行政というのは冷たいものだ。
 実家のような「借家」には何のケアもない。30年すんでもだ。
 母は80歳で一人暮らし、今更見ず知らずの土地や市役所でさえ認める、柄の悪い市営住宅に
ぶち込まれてはかなわない!
 何とかするのは、結局行政に頼らず自分で・・・である。

 私は、「永住できる目黒区」を目指して区議会議員選挙で闘い、見事落選したが、実家である愛媛県松山市のような塩崎元官房長官のお膝元であり、中村親子市長の「中村城建設」「永住を拒み、公園ばかり作る行政」に目黒区はならないで欲しいと思う。

 選挙には敗れたものの、「淡島通り舗道の街灯の設置」「ビル屋上緑化」「ビックスクーター」の騒音問題、固定資産税、剥ぎ取るような相続税の全廃を訴え続けたいと思う。
 この写真も遠い過去に感じるが、戦いは始まったばかりかもしれない。

 永住とは、こんなに難しいものなのか?

 我が国に効く、防腐剤はないものか?

 とりあえず働こう。終わらない、このままでは!!!
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ