一人静かに時間を過ごす・・・そんなことはなかなか出来ない。さみしい生き物ですよ。男ってやつは・・・愛媛・松山から流れてたどり着いたのだ!

2008/2/26  21:10

『ブレイクさせる』  ラスト


●醤油2本、卵6個、米1kg を買い揃えると幾らになるか?

だいたいの相場は1,000円程度くらい、高くても1,500円もあれば、それらを買い揃えられるだろう。

ところがその3倍の3,600円もするのに、飛ぶように売れる方法がある。
それは戦略の勝利であり、高付加価値化であり、真の顧客創造、市場創造、富の創造である。

★究極のたまごかけご飯セット
http://www.ja-town.com/shop/g/g61012E0901001/?gclid=CJmAnuibnI4CFR4cTAodaCSong


●たまごかけご飯のファンは多い。私もそうだ。

先日、雑誌をながめていたら、見るからに美味しそうなたまごかけご飯の写真が載っていた。
地方の鶏卵メーカーが玉子かけご飯の卵6個パックと二種類の専用醤油をセットにして楽天で販売しているという。
さっそく私も注文し、食してみると「さすが!」、スーパーの卵や醤油より格段に美味しい。おもわず二杯もかきこんだ。

●高付加価値化を図る一つの方程式は、用途を限定すること。

何にでも使える卵を、たまごかけご飯専用にする。何にでも使える醤油をたまごかけご飯専用にする。そうすることで、汎用品よりも高く売れる。用途を限定することで、専門的な付加価値を加えられるからだ。


●”女子高生のカリスマ”が浜崎あゆみから倖田來未に移行した。

その倖田が99年の「モーニング娘。」追加オーディションを受けていて、相当有力視されていたというからビックリだ。
だが、別のオーディションに合格した倖田は、そちらでソロデビューを果たす。ちなみにその時の「モーニング娘。」は、後藤真希が受かっている。

●00年にソロデビュー。当時流行していたアメリカ先行デビューというスタイルをとったが、倖田はあまりヒットしなかった。

当時、エイベックスの株主でもあった私は、同社のアーチストのCDはほぼすべて買い集めていた関係で倖田のデビューシングルも買った。
感想は、「実力はあるが、すこし華がない。でも数年以内に人気が出るかもしれない」という程度の印象。

●そして4年後の04年、映画キューティハニーの主題歌で大ブレイクする。だが、その後もすんなりとスターダムをのし上がったわけではないが、デビュー当時とは別人のような過激な露出とメイクとダンスがウケた。
なによりも彼女は、愛する人のために身体をシェイプアップされていた。8キロもやせた。
彼女自身、きらいだった自分の身体にチャームポイントを見つけられるようになっていったという。

●「セクシー路線」、下手をするとキワモノと言われる。この売り出し方は賭けでもあったが、もともと歌も踊りも実力があるので、女子高生たちに "エロカッコいい"と言わせることに成功。
そして05年、レコード大賞受賞によって、浜崎あゆみに次ぐカリスマの座についた。

●倖田來未の成功要因はなにか。

私は、大胆な客層チェンジだと思っている。デビュー当時から普通の女の子のためのメッセージを歌い続けている倖田。今も曲作りはそれほど変わってはいない。
大幅に変わったのはパッケージング。

最初、エイベックスにとって安室奈美恵の後継者路線だったように思う。当然、メイン客層は男。
それを大胆に女子高生客層に変えた。変身願望をもつ女子高生が倖田を見ながら自分をそこに投影する。男よりもカッコイイ。
それが新カリスマ・倖田來未だ。

●今日はあなたの会社をブレイクさせるうえで、たまごかけご飯セッ
トと倖田來未の成功をご紹介した。ヒントになればと願う。
0

2008/2/23  18:07

NHK国際ニュース映像編集者募集  ラスト

2008年4月〜業務拡大のため映像ディレクターを募集します。
弊社は、NHKを中心に番組・ニュースの映像編集を中心に番組制作・音楽出版などを行っている会社です。
今回、経験者は33歳まで、アシスタントは未経験でも可。25歳まで。
NHKの海外発信放送NHKワールドでの新番組開発にともなう募集です。
社員採用あり(ただし、いかなる場合も1年間はアルバイトとさせていただきます)
経験者のフリーランス契約も可能です。
業務上、英語ができる方はありがたいです!必須ではありません。
報酬は、未経験者は一ヶ月約15万円
経験者即戦力は30-35万円です。
休みは週休二日制
交通費あり
業務実績など会社情報はHPを検索の上閲覧ください。
応募はрナはお受けできません。業務に支障をきたすほどになりますので、メール、あるいは履歴書を郵送ください。
個人情報、その他はこれを保護いたします。
経験者の方は、業務経歴を添えてください。
また、宇都宮放送局でもニュース映像編集(制作もできればよりgood!)を募集してます。経験者のみでUターンなどをお考えの方、
ご連絡ください。
将来を考えてやる気のある方、一緒に頑張りませんか。
担当森田博

詳しくはTVPRO.ラストのHP http://www2.odn.ne.jp/last/

をご覧下さい!
0

2008/2/23  3:38

お土産に喜ぶ!  




クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/2/22  16:06

言い訳  ラスト

●イージス艦と漁船が衝突した事故。漁船の親子の安否が気遣われるが、事故の一報が防衛大臣の耳に入るまでに1.5時間、総理大臣までが2時間だったというのには驚いた。

「自衛隊はなにやってるんだ」と憤慨もするし、保身に走る組織と人間というものを考えさせられもした。

日頃の教育訓練ってなんなのだろう?
下から上への報告はこんなにも時間がかかるものだろうか?

自衛隊員のみならず、バッドニュース(悪報)ほど速やかに直属上司に報告を、という原則は20才の新入社員だって知っているはず。
なのに、なぜそれが出来ないのか、どうしたらそれが出来るようになるのかを考え、日頃から手を打っておかねばならない。他山の石としたい。

●さて会社では悪いニュース、良いニュース問わず、組織のトップ(社長)に速やかに入ってきているだろうか。

たとえば、幹部社員の息子さんが受験に成功した。そんなうれしいニュースが社長の耳に入ってきているか、ということだ。


●先日、社内外における人事問題で掲載した記事を、削除依頼があったので削除した。
これに対して「「圧力に屈したのか、ヨワッチイ!」という声が多く届いている。

●確かに「お願い」はされた。しかし、当事者ではなくある意味被害者?に近い立場の方からの「お願い」だったのでそうすることにした。顔を立てるという意味でもあるが、どういう結論を出すか、今後の処罰を確認するまで「お願い」を受け入れることにした。

●上記にあるように大臣までちゃんと届いているのか、上司への報告がいかになされ、トップからの謝罪、もしくは経緯報告がなければ私もトップとして、政治的に無力な社員を無力な社員を守る義務がある。当然のことである。

●何の処罰もなく、謝罪もなく、まして、「屈した」とあざ笑われたら…
 「よわっちくてすみません」か。世の中そんなもんよで終わらせられる表向き「長いものには巻かれる」私になってしまったと笑ってやってください。

 どんな声も、風通しよくしたいものだ。また、届けてくれる皆様に感謝したい。
 
0

2008/2/20  2:09

笠さん記事いただきました!  永住できる目黒区を考える


ブログを観ていたら、ちょい古い記事ですが、見つけたのでいただきます。
トラックバックなるものの使い方が今ひとつ解らないので引用で失礼します。
来週あたり、飲みましょうか?しかし、笠さんもお忙しいでしょうから無理はなさらず、英霊顕彰会会長として奉職してください。応援します。

次回目黒区議会議員予定推薦候補と新年のご挨拶 傑作(0)
2008/1/13(日) 午後 4:53衆議院東京第5小選挙区目黒世田谷政界 Yahoo!ブックマークに登録
昨日は 目黒区議会議員の選挙で推薦した モリタヒロシさんと渋谷でプチ新年会 御本人は次回も区政を目指す決意を堅く持っており 固定資産税の撤廃を政策として掲げるという線で 合意も形成しており私としては目黒区議会議員の選挙では推薦し協力に応援しようと予定している そんなわけでプチ午前様のため昨晩はコメントの返事を書くことが出来ませんでした 御免なさい

0

2008/2/20  1:31

人生の筋  ラスト

●福澤諭吉は、一生を貫く仕事をもつことが世の中で一番楽しくて立派なことだと語っている。
一生を貫く仕事とは、文字通り仕事が一つという意味ではないはず。
一生を貫くテーマをもつことが大切なのだと思う。

●理想の会社をめざし、理想の仕事ぶりを追求し、理想のライフスタイルを目指してチャレンジし続けよう。そうした生き方を許容する会社、いや、それを促進しようとする会社でありたいものだ。

●実際、どこにあなたの天職があるか分からない。何歳でそれに気づくかも分からない。

日本映画界の巨匠・黒澤明氏も、映画監督になろうと思っていた人ではない。画家を目指していたのだ。
 必要に迫られて画家をあきらめ、「何か仕事はないか?」と、新聞を見ていたら映画会社の求人募集広告が目にとまった。応募したところ、偶然にも受かってしまったのだ。
 しかも、撮影所へ行ってみると(ドーランで)顔を白く塗った変な人がたくさんいて、「気持ち悪い」と思った黒澤。

 父親の勇氏に「辞めたい」と相談したところ、「辞めるのはいつでもできるから、まあ、ちょっとやってみたら」と言われ、辛抱して続けているうちに、徐々に映画の世界が楽しくなっていったという。

どこかでスイッチが入ったのだろう。7年後(33才)、「姿三四郎」をものにした。

●松本清張だってそうだ。

氏は戦後間もないころ、北九州の小倉に住みながら朝日新聞西部本社の広告部につとめていた。

 そんな昭和24年のある日、『週刊朝日』が「百万人の小説」募集を発表した。小説を読むのは好きだったが書いたことはなかった松本清張。
 だれかが特選の30万円を獲得するのかと思うとうらやましく思った。
しかし、まだこの時点で彼には応募する意思が、さらさらない。

●ちなみに昭和24年の物価は、週刊誌15円、公立高校授業料3,000円、トンカツ100円、コーヒー20円、都バス1区間10円。物価がどんどん上がっていくインフレ時代だ。生活が苦しかった。
 そのころの懸賞賞金30万円は、今の500万円程度か。
賞金はほしかった松本。

●とにもかくにも、書く気がなかった松本清張がふとしたことをきっかけに「書いてみよう」と思うに至る。
それはある日、何げなく冨山房の百科事典をひろげていたときの事、「さいごうさつ」という項目が彼の目に飛び込んできた。


●「西郷札(さいごうさつ)」とは、明治初期の西南の役で西郷軍が発行した軍票のこと。この軍票の存在とそれをとりまく人間ドラマが松本の執筆意欲を刺激した。

「面白い筋になりそうだ」

と思った松本は、仕事の合間に資料室にこもって西郷札に関係する資料を読みふけり、要点をメモし、ついにあらすじをまとめた。

●だがコンクールの期限はすでに二ヶ月後に迫っていた。まだ一文字も書けていない。
原稿用紙が高価な時代。今の作家のように書いては破り、書いては捨て、などと豪勢なことはできない。

紙質の悪いノートに鉛筆で下書きし、別のノートで書き直し、推敲し、最後に原稿用紙にペンで清書した。

●書けるのは夜しかない。奥さんと子供5人が眠る蚊帳のなかは狭くて蒸し暑い。蚊帳の外で書く。

うちわを片手に蚊を追いやりながら書く。万年筆は高価で買えないので、インクボトルにペン先を浸けながら書く。

●どんどん締切が近づいてくる。おまけに原稿の制限枚数も近づいてくる。だが、松本の小説に結末はやってこない。

「どうしよう、結末がない・・・」

結局、松本は結末を書かず、読み手の想像に任せるというスタイルをとることにした。芥川作品などに、そうした小説がなくもない。

●結局、この小説「西郷札」が入選し、賞金10万円(今の150万円くらい)を手にした松本。時に 清張40才。
両親を含めて妻子8人暮らしの大黒柱として、筆一本で生計を立てる決心をした。

●松本は晩年になってもこの当時の記憶が鮮明のようで、そのころの様子が氏の随筆『実感的人生論』に詳しいのでご興味のある方はどうぞ。
0

2008/2/14  2:04

バー  

なんだかいい事がないですがバーでモルトを一息つくと頑張ってみようと思う。人だから、すべてにおおらかになれない。しかし、人間らしい。みんな同じように、完全なんてない。だからいいのですな。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/2/9  20:01

久々の時間  ラスト

 この最近、編集やら、トラブル対応やらで全然時間がなかったのが、ひょんなことで時間が取れた。
 さっそく溜まっていた請求書やスケジュール調整、取引調査票、新年度番組の制作見積もりなどをやりつつ書いている。
 昨日病院で、採血の量が多かったか(根本的に血が苦手で・・・)ダウン。そのあと銭湯に行ったのが災いしたか、シャブ中のような内出血。どうも怖い。昔から。

 しかし、書類というものはなぜこんなにあるのか? 地球に優しいとかエコとか言うが、とにかく書類で紙を浪費、時間の忙殺、まあ、社保庁のようなお粗末なデータも考え物だが、果たして役に立っているのかと思われる見積もりや調査が多い。また、窓口がいくつもあったり、重複していたり、なんかすさまじい遠回りをして当人同士がめぐり合う。(もちろんスタート点は当人同士で)

 また、これから年度末、新年度に向けて長い遠回りが待っている。
PCの普及でもっと簡素化して、TV局も余剰人員を制作に出して欲しいと思う。
専門職の大変さも解り、紙一枚や机上論で埒の開かないことがたくさんあることに気付くであろう。

 とプレイングマネージャーの愚痴だが、昔の提案や決算書なども順法内で処分すればこの部屋もいささか広くなるだろうな。

 東京のオフィスの一斉シュレッダーの日でも決めたら、なんかに使えるかもしれない。
たぶんただ事の量ではないと思う。

 お後の方が大変なようで・・…働こう!!!
 
0

2008/2/6  23:01

インスタント  




クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/2/4  14:42

(無題)  ラスト

【今日の言葉】

 「今の世代にもっとも欠けているのは『屈辱感に耐える』訓練であ
 る。この訓練が行われないで、そのまま社会から大人あつかいされると、
 おのれのすること、なすことはすべて正しいと思うようになる」
                (遠藤周作)
0

2008/2/3  16:17

銀世界\(^_^)/  

大変ですよ〜、帰れない!しかし、すべてを隠して、白の化粧はすがすがしい。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ