一人静かに時間を過ごす・・・そんなことはなかなか出来ない。さみしい生き物ですよ。男ってやつは・・・愛媛・松山から流れてたどり着いたのだ!

2012/10/29  22:15

ドクターストップ  

最近、具合がイマイチだったがヤバいです。

ここまでヤバいとは思いませんでした。

ちょっと、皆様にご迷惑おかけいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2012/10/29  15:29

なんと爽やかな  

清々しいほど綺麗な…

















病院だなぁ。

待ち時間もあまりなく、最新鋭。



長患いじゃないといいです。


長患いたくさんしょっているので。


検査結果待ちです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/24  9:40

正社員でも40歳年収280万円の絶望  永住できる目黒区を考える

いやな記事がもう一つ。

http://topics.jp.msn.com/wadai/spa/article.aspx?articleid=1477425

 ある意味、仕方がない。それくらい日本経済は今、ダメです。断言します。

 日本って「親方日の丸」の悪い癖が抜けない。なぜか?


 「楽」だからである。 「冒険」より「安定」である。

 たまに冒険して成功する村上ファンドとか、ライブドア等のIT産業、ユニクロ・・・・

 この会社は、「冒険する備え」が出来ている。頭がいいし、人のまねでない。

 そして「時代を見る」力に長けている。

 そして「ゆるぎない自信を裏付けるキャッシュ」を持っている。


 結局スキルを身につけない限り、「頭数」になってしまうのだ。

 とはいえそんな人は少ない。だから大企業志向になる。下請けに甘んじる。


 ゼネコンが仕切る時代を戦後自民党の公共事業神様を植えつけられた結果、新参者は排除され、古いシステムに振り回される。

 年金未納で生活保護の金額に対して、「まっとうに年金払ってもらえる年金額が生活保護の半分」にも満たない不条理な今、この「ねじれを民主党に矯正!」と期待したが・・・

 なにせ凝り固まった社会構造、そんなに急には「利権」を官僚も地方の有力者も手放すはずがない。



 親方日の丸の癖が抜けない構造を、我々が変えようではないか!

 排除されたら「冒険する備え」が出来てない無能な僕だったということだ。

 

 「男は強くなければ生きてゆけない

      優しくなければ、生きてゆく資格がない」


 要は人のせいにしすぎた経済構造の顛末だ。

 赤字国債1000兆になったら、「そもそも生きてゆく資格がない」だろう。

 
 あるいは、日本というアジアの1地区になって国家であることを放棄するか。

 形より、国民をという政治を掲げるなら国債を紙切れにして政治家は懺悔してくれ。

 
 もうひとつ、中国とかの格差問題を言う前に、「我が国の格差問題」を議論して、公職の身における政治かなんぞは、わが身を捨てる覚悟で臨んだのだから、給与を国の平均所得にするべきだ。


 平均所得にすれば、効果がはっきりわかっていいと思うがいかがだろうか?

 それでも政治家を目指す方は、本物だと思うが。

 サラリーマンも、努力をするべき。相談だけは多いが、自発的でない。自分たちで良くしていく努力をしないとストレスたまって仕方がないと思うのだが。。。。。


 
0

2012/10/24  9:04

17万人のアンケートで「TVつまらなくなった}70%越え  永住できる目黒区を考える

 この記事は、ある意味、わかりきった結果であるが・・・・

 http://topics.jp.msn.com/wadai/r25/article.aspx?articleid=1476819


 70%以上がTVはつまらないというのだから、ほぼ世代すべてがつまらなくなったという回答だといってよいだろう。

 ダラエティー(ダラダラ同じ芸人で内輪ネタをやっている)やタイトル変わったが、結構番組の焼き直し、企画の使いまわしが見る人を失望させる。

 ドリフの「8時だよ全員集合」とか「俺たちひょうきん族」「見ごろ食べごろ笑いごろ」みたいな、身を張った「コント」はしっかり計算もされているし、プロのエンターティナーをかんじる。

 ドラマも、「雑居時代」「水漏れコースケ」「傷天」「探偵物語」「太陽にほえろ」「キイハンター」「大江戸捜査網」「夜明けの刑事」「特捜最前線」「金妻」「ハーフポテトな俺たち」「ふぞろい」「金八」・・・・

 ワイドショーもよくわからないタイトルで色がない。

 「ウィークエンダー」「11P」「オールナイトフジ」みたいな過激さのある番組もない。

 「プロジェクトX」「シルクロード」のような、「見てよかった」と思える感動がない。

 PTAがうるさいとか、差別だとか、みんなで自己規制をかけるから余計つまらない。

 作る側も、試写(上司のチェック)が多くなり、いろんな意見に振り回され、ディレクターの本来ねらった刃が削られ、角のない平凡なものになってしまう。

 これはTV界の定年延長による、「高齢化」である。

 TVは時代の生きものだったのが、今過去の生きものになろうとしている。

 「面白い」を誰が決めるかは、「オーディエンス」である。管理職ではない。


 昔のドラマは、時代と青春を感じるが、落ちが今と違って決して明るくないドラマも多かった。

 要は、作る側の独自性が感じられる。

 ある意味、TV屋としては寂しいが、再放送してほしいなあ。


 少なくとも、40代50代は「TVが面白くなった」と答えるであろう。


 

 
0

2012/10/22  6:57

秩父の冬支度力こぶ  

金曜日に行こうとしたが


仕事が終わらず、土曜日に行き、水道管の電熱やら、マンション大規模改装で壊したベランダの材木の薪運びに一人ダッシュランナー


地盤沈下で傾いたバルコニーを地元の解体屋さんにユニックで上げてコンクリート基礎を


大掃除して今帰宅汗

一人ドライブは眠い!

とにかく、寝ます。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2012/10/20  10:01

虎・平田2軍監督「休み」って言葉使うな!  ラスト

 虎ファンとしては笑い話であるが、僕の持っているマンションは中古で買ったが、
 
 実は前の持ち主が、平田勝男2軍監督である。



 こら、投機せえへんと、勝つ野球しーや!

 実力=(才能×努力)²×人生係数+余暇善用+ポシティブシンキング+余裕


 最近のタイガースは「余裕」の意味を間違えている!
 
 来期は実力に、そして成績に伴った「余裕」持ってほしいわ。

 平田さんこうたころはバブルでっしゃろ。

 もう一回、バブルにしてーな!



 年俸バブルはもういかんで!人間もらい過ぎても働かん輩折るんやで。

 クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/18  14:38

放送法(昭和25年法律第132号)第65条第1項  ラスト


今、経産省、来年度予算意見書の取りまとめで、見つけたこの記事。

放送法って、昭和25年のものなんですね。

シャッター商店街の助成金で延命治療ばかりも問題だが、これも戦後レジームではないだろうか?

金出すから、口も出す。。。。

報道倫理で差別用語の取り扱いが厳しくなり、シナを使えるのは石原都知事くらいのものだろうが、

「放送事項その他必要な事項を指定して国際放送等を行うことを要請することができると規定しています。」

というのは違憲ではなかろうか?

もともと、いや現在も北朝鮮の暗号放送もしかり「謀略放送」の歴史がある海外向けラジオ。

戦時中の「東京ローズ」も有名だが、この表記は放送内容を指示できるということに他ならない。


「また、同法第67条第1項は、このために要する費用は、国の負担とする旨規定しています。」

は税金投入してもそれをやるということですよね。


戦後70年をまじかに控え、果たして年金といい、社会保障といい、助成金のばらまきといい、国家財政は火の車の中、今の子供たちが大人になるころ、「平和」を確約できる状態なのだろうか?

きな臭いなあ。




9.日本放送協会に対する平成24年度国際放送等実施要請
【総務省報道資料】《発表日:平成24年3月14日》
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu11_02000013.html

--------------------------------------------------------------------------------
 総務省は、本日、日本放送協会(会長:松本 正之。以下「協会」)
に対する平成24年度国際放送等実施要請について電波監理審議会
(会長:前田 忠昭 東京瓦斯株式会社顧問)へ諮問し、同審議会から
要請を適当とする旨の答申を受けました。
 本件に係る要請は、平成24年4月1日付けで行う予定です。

1. 放送法(昭和25年法律第132号)第65条第1項は、総務大臣が、協会に対し、
放送区域、放送事項その他必要な事項を指定して国際放送等を行うことを
要請することができると規定しています。
  また、同法第67条第1項は、このために要する費用は、国の負担とする旨
規定しています。

2. 総務省は、平成24年度における国際放送等の実施要請について、
本日、電波監理審議会に諮問を行ったところ、同審議会から諮問のとおり
要請することを適当とする旨の答申を受けたことから、別紙
(http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu11_02000013.html参照)
のとおり実施を要請することとなりました



ほかにも助成金の意味不明なもの洗い出してますが、このボランティア、結構大変ですよ。

まあ、本来そういうオンブズマン的議員が給与もらい過ぎていたりするのも一番の粛清材料と思いますが、世間のみなさんはどう思いますか?

本来、国民に問うべきという気がします。ここまで赤字の不況の、みじめな国になってくると。
0

2012/10/17  15:17

不謹慎だが、爆笑してしまった  作詞

不謹慎だが、s社の書き込みで笑ってしまった。

人ごとではないが、人生楽しみ方がいろいろあるものだ。




YOUは無職!書類審査で落ちてくる〜
YOUは無職!採用試験落ちてくる〜
熱い心、履歴書に書いても〜、今はム〜ダだよ
受けたところで、面接ひとつでダウンさ〜

YOUは無職!履歴書書くの早くなる〜
YOUは無職!なぜか書くの早くなる〜

職を求めさまよう心今〜、熱く燃えてる
すべて落ちて無残に飛び散るはずさ〜

転職試験受けるため〜、お前は旅〜立ち〜
明〜日を見失っ〜た!!
微笑み忘れた顔など〜、見たくはないさ〜
職を取り戻せ〜



すごい時代だ。

この国大丈夫だろうか。
4

2012/10/13  11:01

大量にカレー作って焦がした汗  永住できる目黒区を考える

カミサンがまたロシア出張で、自炊にくたびれて


面倒なので大量にカレー作ってみたよ汗

豚肉のブロックが1キログラム600円だったので、トマトジュースで煮込んで生姜とにんにくで炒め…


の、はずが・・・・・・




クリックすると元のサイズで表示します


焦がした汗肉を大きく切り過ぎたらしいのと、しょうがが多すぎたのでオリーブオイルを吸ったようだ。


鍋交換汗


7時間煮込んでいます。すごい、肉が半分ぐらいとけている。ジャガイモや玉ねぎも。

ニンジンは強いなあ。


しばらくはカレー食べて


内緒の仕事に燃えます! これ、ほとんどボランティアです。その割には大変なので後回しにしていたのですが。。。。。

今週末に終わらせないと間に合わない。

クリックすると元のサイズで表示します



その前にマンション大規模改装工事のサポートが

泣きそうねんけど〜汗


カミサン戻ってきたら、大量の洗濯物が待っておりますよ〜〜

だって大規模改装工事でベランダの洗濯機がないのだよ!


決して嫌がらせでないのだよ汗


それにしても時間が作れないなぁ。

僕はいつまでこんなに働き続けるのだろうか?年から年中何かに追われている。

お願いよ、会社でトラブル起きないことだけを祈ってます。

ほんとうにおねがいっ!!!!!

そうだ、事務所の賃貸契約更新しなきゃ!

就労データも出さなきゃ!

行政の入札資格申請も19日までだ!

IT戦略室のネット引かなきゃ!

もう無限大にやることだらけだ。

           末端社長のボヤきでした。

それにしてもあっちい。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/10/7  5:30


●僕は、「運」をとても大事にしている。

運はあらゆる努力や挫折の上で、長い時間かけて付いてくるオマケみたいな気もするが、何となく見ていると運のいい人、悪い人には傾向がある気がする。

  短気な人
  自分が一番正しいと思っている人
  人の話が聞けない人
  許してあげようという気持ちの少ない人
  すぐ悪口に興じる人

  ・・・・・・見ていると何となく空気が硬い。

  人をあまり寄せ付けない、それは運も寄せ付けない気がする。


●徳川家康は三方原(静岡県浜松市の北部)の合戦で武田信玄に大敗を喫した。野球で言えばコールドゲーム、ボクシングならリングにタオルが投げられるほどのボロ負けだ。
相手の武田信玄軍は、川中島で上杉謙信と幾たびもも交戦し、戦上手この上ない日本を代表する屈強軍団なのだ。

とにかく家康は馬上で脱糞しながらも、ほうほうの体で逃げ伸びた。

●だが、家康は立派だった。この敗戦を教訓にするため、自分のみじめな姿を絵師に描かせているのだ。トップとして、なかなかできることではない。

この敗戦が忘れられぬ家康は、のちのちになっても
「負けを知らない人はよろしくない。私の場合、三方原で・・・」というようなことを周囲に語っている。

●余談ながら、天下の“赤具足”武田軍団に真っ向から立ち向かった若武者がいると、敗戦後には家康の名が天下にとどろくことになるから、家康という男はこのころから強運の持ち主だった。

●ともかく、負けや失敗を周囲から排除するから運がよくなるのではない、と私は思うのだ。
どれだけ沢山の失敗や挫折、それに不遇というものを知っていたり、体験しているかということが、人間の深みにつながるのではなかろうか。

●成功しか知らない人(そんな人はいないと思うが)や、成功することしか興味がない人(こういう人は多い)は、他人の感情や心の痛みが理解できなくなりがちだ。そういう経営者では良い会社が作れないと思う。

●哲学者ヴィトゲンシュタインは、「人間の偉大さを測る尺度は、その仕事に支払った犠牲の多寡である」と述べている。

犠牲を支払えばだれでも後悔するだろう。しかし、その後悔が偉大さを生むのだ。

●負け、失敗、犠牲、後悔、不運、不遇といったものを避けるのではなく、それらの上に成功や偉大さが成り立っていると考えみてはどうだろう。

奉仕の精神は、「明るいナショナル」である。


これからも僕はたくさん挫折を体験するだろうが、そのぶん人生ちょっと「まあいいじゃないか!!!!」とたくさん言えるようになったら、楽になれるような気がする。

その分にいい勉強をしたという「引きだし」が自分のものになれば、社会とはドデカイ教室である。




クリックすると元のサイズで表示します
1

2012/10/3  4:04

番組編集と中間決算のはざまで・・・・・  ラスト

 
 また、朝になりそうだ。

 中間決算に追われ、番組の仕事、私はひとり一日休んで紙と電卓と経理ソフトに向かい合う。。。


 中間決算なんか僕らみたいな零細会社にあまり意味はなく、下請けの辛いところです。

 放送局は言うは易しだが、こっちは3ちゃん企業みたいなもの。結局身を粉にしてやるしかないわけで・・・・・


 こういう「しきたり的仕事」はなくしてほしいものだ。

 契約書の「収入印紙」も同じ。


 コピーでいいNEDのような会社もあれば、JIBみたいに何万もする無駄な収入印紙に美学を持っているところもある。


 世の中、ある程度ファジーでおおらかでないと住みづらくて仕方がなくなってしまう。

 細かすぎるルールは「本来業務」を駆逐するだけでなく、経済効果がない。

 



 と、ぐちりながらあと少しだ!!!!


   クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ