一人静かに時間を過ごす・・・そんなことはなかなか出来ない。さみしい生き物ですよ。男ってやつは・・・愛媛・松山から流れてたどり着いたのだ!

2011/8/19  16:14

テン場下見  秩父の隠れ家アトリエ

昨日、来週からやっとの夏休みに向け、渓流釣りキャンプのテン場の下見に行ってきた。

朝6時起床、車で秩父湖を超え、秩父湖手前のよろずやで(コンビニが浦山こえるとないことがわかった)カップめんとパンを買い雲取林道の通行止めの看板を無視、いざ遡上

クリックすると元のサイズで表示します
標高700mこの位置からは雲取山は見えず。
右の山の沢は昨年救助ヘリ、日テレの取材グループなどが遭難したやま。合掌。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

大洞ダム超えたあたりから、がけ崩れ連発!
それにしてもここ数年、ガレているようだ。パンクが怖いので恐る恐る。。。。
でも落石も怖いので早く行きたいが。。。

クリックすると元のサイズで表示します

樽沢超えたあたりで沢が見えた。しかし降りるには100m以上下りなけりゃ・・・・
ザイルがいる釣りはきつい、無視したいが下りたいものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに先に堰堤発見、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


そして、10年ぶりのテン場予定地に到着!

荒沢がゆるやかに流れている。平らで遡上に便利なのでここが破壊されていなかったのが何よりだ。

相当たき火の跡がある。通行止めの看板をみんな無視してきているようだ。

きょうはこれだけ気温が下がっているので、このとき(昨日)と違って寒そうだ。

標高はおよそ1000m

車止めのバーを開けてすこし大洞本流の遡上を試みたががけ崩れがあまりにひどく、ここをベースにして惣小屋谷まで歩いていき、雲取の源流を目指すことにしよう。

それにしても魚影がない!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず昼飯

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

帰路意外なガレ場のテン場候補発見ちょっと第二候補にしておこう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ちょっとだけ下見、なかなかいい感じ!



帰り道眠くて死にそうになったが、往復100キロなんとか別荘にたどりつく。

スパルタンな車でよかった。


きょうは涼しく爆睡したのは言うまでもない。

あすは生放送立ち会い。

富士山程ではないがなかなか楽しみなキャンプである。
0
タグ: 渓流 釣り 大洞川



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ