一人静かに時間を過ごす・・・そんなことはなかなか出来ない。さみしい生き物ですよ。男ってやつは・・・愛媛・松山から流れてたどり着いたのだ!

2011/9/3  11:43

何といっていいのかわからない  永住できる目黒区を考える

遅ればせながら、あわてて長崎へ向かったのは・・・・・

 


 渡辺司さん 79歳がご逝去されたからである。


 被爆の朗読劇「命ありて」をこの17年にわたって演じ続け、原爆の悲惨さを伝え続けた。

 病に侵されながらも8月5日に237回目の上演をやり遂げ、これが最後の舞台となった。

 NHKをはじめ各局が報じている。


 渡辺さんは13歳の時、爆心地から1・6キロの長崎市の自宅で被爆。放射線の影響とみられる急性症状で危険な状態に陥ったが、一命は取り留めた。95年から続けた朗読劇では、友人や母が原爆症などで次々と亡くなったつらい体験を語ってきた。

 この「命ありて」の脚本の手術を行ったのが何を隠そう、私です。

 渡辺さんの息子さん(現 予備校校長)から相談を受け、私の仕事が終わらぬのを東京まで上京されて何時間も待たせた挙句、

 かなり激しく手を入れた。

 当時、私は、血気盛んな若手のTV編集者であり、作詞家としても道が開けおごりがあったのだ。


 たしかに持ってこられた体験談の脚本はゆうに2時間を超えるもので、

 森田「見る側に立って考えないと成立しませんよ」

 渡辺さん「しかし、こういうことが伝えないといけないうえで大事では・・・」


 若輩者の私は聞き入れず手をいれた。


 数時間やり取りしたうえで、3分の1はカット、そのかわりB29の飛来音や原爆の音などを私が準備して効果音として臨場感を語りだけでなく取り入れることで・・・・・


 ほんとうにバッサリ切って始めた芝居だったことは、のちに聞いた話。


 なんと失礼なことをしたのかと、恥ずかしいばかりである。


クリックすると元のサイズで表示します

お通夜には、長崎市長をはじめ、平和運動にささげる方、被爆者、2世の方々など多数が参列されていた。

私は喪服も準備せず、普段着で飛んで行ってしまった。



クリックすると元のサイズで表示します

芝居で使われていた衣装
 

 がんが分かったのは今年5月。医師から「手術はできない」と告げられた。

 「ああやっぱり」と話したが「喉頭がんでなくて良かった」と朗読劇に意欲を燃やしたという。

 最後の舞台では腕が細り、医師も無理だという中、つえなしでは立てない状態で、初めて黒衣の助けも借りて演じ切ったそうだ。

 喪主である奥様にも17年ぶりにこの席でお会いしたら、

 「あなたの言った通り、一度やったらずっとやめられなくなって大変ですよと言ったがここまでやりました」

 あまりに気丈でにこやかだったので、思わず、

 「お疲れ様でした」

 と言ってしまった。


 棺のなかの司さんもやすらかな御顔でした。

 戦後66年、平和を願い、身をもって伝え続けた被爆者がまた一人、生涯を閉じた。


 わたしは、日ごろのくだらないTV番組の議論や、文句ばかり言ったり、いい歳して自己主張ばかりする了見の狭い我々が、本当に平和とか、原発議論とかできるのだろうか。

 相手を思った人権擁護できる、自己犠牲ができる大人になりたいものだ。

 
 笑うこと、ほほ笑むことを忘れた大人たちがいい番組だとか、指導だとかできるわけがない。




 謹んでご冥福をお祈りいたします。



 
0
タグ: 被爆体験 長崎 渡辺

2011/6/15  14:29

◆「下請かけこみ寺」をご活用ください。  永住できる目黒区を考える

◆「下請かけこみ寺」をご活用ください。

全国47都道府県(48か所)に設置している『下請かけこみ寺』では、「納品後に代金の値引きを求められた」「支払日が過ぎても代金を支払ってもらえない」「期日どおりに納品したのに受け取ってもらえない」等の取引に関する中小企業の様々な悩みの相談に相談員や弁護士が親身になって応じ、問題解決に向けたアドバイスを無料で行っています。秘密は厳守いたします。

また、中小企業が抱える取引に係る紛争を迅速に解決するため、調停人として登録された全国の弁護士が、裁判外紛争解決(ADR)の調停手続きを無料で行っています。
 
詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.zenkyo.or.jp/kakekomi/
……………………………………………………………………………………………
◆「業種別 下請代金法・下請ガイドライン説明会」の開催
 〜業種別に下請代金支払遅延等防止法の概要及び違反事例と
                  下請ガイドラインを解説します〜

「下請代金支払遅延等防止法」の概要と違反事例、下請事業者と親事業者の理想的な取引などを例示した「下請ガイドライン」を業種毎の特性を考慮して解説する「説明会」を開催します。「出張説明会」も希望により開催します。
受講料は無料です。
※対象業種以外の方も申込みできます。

【説明会】
[対象]下請事業者及び親事業者の外注(購買)業務を管理する方等
[日時]6月22日(水)〜7月27日(水)(下請ガイドライン策定業種毎に開催)
[場所]全国中小企業団体中央会研修室(東京都中央区)

【出張説明会】
[対象]親事業者又は下請事業者が属する組合、業界団体等
[日時]平成24年1月末まで随時(希望により調整可)
[場所]希望により調整

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www2.chuokai.or.jp/hotinfo/shitauke-guideline.htm
0

2011/5/30  11:17

『買ってやれなかった茶碗』  永住できる目黒区を考える



●鹿児島県の「獅子島」で生まれ育った小久保三郎(仮、57才)は現在、名古屋で「株式会社小久保建機リース」(仮)の社長をしている。

先祖代々借金が大嫌いで小久保の会社も当然ながら無借金。不況で仕事が減った今でも中国から研修生を5人も受け入れるなど、余裕のあるところを見せている。

●そんな小久保が、ある会の二次会で私の前に座った。

「武沢さん、私もあなたに言われて【Wish List】を書き始めたところ
だが、絶対不可能な Wish は書いてはいかんのだろうか?」と聞く。

「ほぉ、絶対不可能なWish。たとえばどんなことですか」と私。

「死んだ親に会いたいんだ」と彼。

●事情を聞いてみるとこうだった。

「獅子島」の小久保家で8人兄弟の7番目(三男)として生まれた三郎は、県内の高校を卒業すると島から出るように親に言われた。

両親は農家。借金もないし、長男が残ってくれればあとはちゃんとやってゆけるから、とにかくウチのことは何一つ心配せずに町へ行け、と言われた。

●三郎少年は一番やんちゃ者で、親からいつも目をかけられてきた。
そんな三郎が家からいなくなるのは親としてもさみしい事だったろう。
涙ぐんで港まで見送りにきてくれた両親の前で三郎は言った。

「一旗あげて、きっと帰ってくるから」

すると母は気丈に
「帰ってきても寝るとこがない。帰ってこんでええ。電話だけすりゃ」
と言った。

●あれから約20年。結婚式のとき以外は一度も会わなかった。
電話やハガキで連絡するが、三郎も会社を興すなどの忙しさにかまけて一度も島へ帰らずに時だけが過ぎさっていった。

「チチシス イチド カエレ」の電報を受けとったのは三郎が40才の時だった。
父は胃がんでなくなっていた。通夜の席で再会した母は75才になっていた。ひどく痩せていたので健康を気づかったら母もがんにおかされいると聞かされた。

●通夜の夜、親父の棺の前で三郎は悔いた。
「おやじ、申し訳ない。オレはこの20年間なにひとつ息子らしいことをしてこなかった。せめて、母には何か恩返ししたい」と父の前で誓った。

●三郎は、島を発つとき母を旅行に誘ってみた。
昔から「京都へ行ってみたい」というのが母の口ぐせだったことを思いだしたからだ。
このとき、母はめずらしく三郎の提案をすんなり受け入れ、翌月親子で京都旅行をした。

●互いに募る思いはたくさんあるのだが、会話が進まないまま清水寺まで来た。
二年坂の売店へ立ちよった二人。母は何か土産ものを物色しようとしたのだろうか、清水焼の前で立ち止まった。

●三郎はその様子を見ながら、「ちょっとオレ、トイレ行ってくるわ」と母に声をかけた。
数分後、トイレから戻って店内を見渡すと、母はさっきと同じ場所で、同じ茶碗を手にしていた。

「あ、母はこの茶碗がほしいんだ」と思い、三郎はさりげなく母の横に立って値札を見たら『1万円』と書いてあった。

●当時、仕事がうまくいかず財政的に苦しかった三郎は、その1万円が出せなかった。母と京都に来ることが精一杯だった。

だから、三郎は茶碗を見ないふりをした。

そして明るく声をふりしぼって、「あ、そうそう、おふくろ。京都名物は何といっても漬け物だよ」と言った。
母も敏感になにかを感じたのだろうか、その茶碗を大切そうに元に戻し、漬け物の売場へ移動してくれた。

●その翌年、母は帰らぬ人になった。

三郎は今でもその時、母に茶碗を買ってやれなかった自分が不甲斐なく、母に対して申し訳ないことをしたという気持ちがぬぐいされない。

もう57才になるのに、あんな中途半端な京都旅行なら招待しない方が良かったのかも知れない、とまで自分を責めることがある。

●「武沢さん、だからオレのWish Listに『もう一度母を京都に連れて行って茶碗をプレゼントする』というのがあるのだが、これって間違ってるだろうか」と小久保社長。

●私はしばらく声がでなかったが、気をとりなおし、こう申し上げた。

「いや、そういう Wish は大なり小なり僕にもあるし、それを書いておくことは全然間違ってないと思いますよ。それに、そのWishだって絶対に達成不可能だとは思わない」

すぐにでもその茶碗を探してきてくださいよ。

そして母の位牌か墓石にプレゼントしましょうよ。それが無理なら、自分が旅立つときにその焼き物をプレゼント用に持参しても良い。
だから絶対不可能なリストなんてないと思う、と小久保社長に申し上げた。

小久保社長はその時、「ありがとう」とだけ言ってあとは黙っていた。


今日、スタッフのご母堂の告別式。

人には上手く伝えきれない思いがある。

4

2011/5/23  5:43



 噂の現場だかを見て、若い女性がとんでもない親子丼を作るのを見て、晩飯を親子丼にしてもらった。

 番組のようなのが出てきたらと思ったが、さすが長く生きてました^▽^^▽^

 
 素晴らしい!


 食べすぎです。それも考えて玉ねぎ多め。

 しかし、



 そのあと、








 リビングで爆睡・・・・・やってしまった汗zzz汗zzz早起きで、今日は昼間眠そうだ。

 まあ、やることは山のようにあるので・・・・・・・

 まず、整理しないと何からやればいいのか。



クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/1/29  12:06

元気いっぱい特製ジュース力こぶ  永住できる目黒区を考える

最近続いている胃痛に効くかも♪

りんごのしなびた3個
ヤクルト2本
オレンジジュースと氷少々



なかなか成功だ!
美味いです。

朝から読んでいる役所の書類が´Д`

なんとかわかりやすい用語解説して欲しいですよ〜炎

日本の体質改善は本当に早くしないと破たんするのがよくわかった。

このままだと3年で日本株式会社は倒産する。

税金払いたくないけど、社会保障をチョキ



そーんなの無理だったら!派遣村だのなんだの言うが、本当にちゃんと彼らは税金払っているのか?

社会保障の意義はわかるが、他力本願では生きていけない。そもそもこの小さな国、カリフォルニア州より狭い国に、これだけ人口がいて、医療の進化で延命していったら、高齢化進むの当たり前でしょう。

バランスシートがそもそもないんだから、急にバランスを取ろうとしても難しい。

これを解決するにはとにかく国の財政を黒字化して、会社にして言うとキャッシュフローが出来るようにしないと、国家財政を見ないで、クレジットカードで買い物し続け、リボ払い続けたら、役人だけバブル気分のままで政府の議論が前に進まなければ当然、民主主義でもない。

本気で国会ちゃんとやって、つまらんパワーゲーム続けてたら国債はダウン、競争力ダウン、国民の士気もダウン。

谷垣くん、生産性を考えようよ。現在の基は、自民党の政策がつくったのだから。

派遣などの行き過ぎた規制緩和や、郵政改革、細川元首相が言っていた「国民福祉税」の廃案化、ゼネコンとの癒着した体質が作り上げた、「公共事業」という名の票集めと日雇労働者の肯定・・・・・

私腹を肥やしているのは、政治家だけなのか?


俺は、痛みかけたリンゴで私腹を満たす!!!





クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/12/12  18:30

無事帰還&退院しました報告  永住できる目黒区を考える


 無事、帰ってきました

 東京も十分寒いです。そんなことも言ってられない、仕事山積み
 メールにスタッフの子供が退院したとの連絡があったので載せておきます。

 こちらも無事帰還です

 忘年会など、若手が企画しております。

 25日土曜日ですが、みなさん会費無料ですので、参加できる方は連絡ください。

 会社の人間だけでは面白くないですし、関係者、友人、なつかしい仕事仲間など垣根がないので、パァ−っといきましょう!




BCCにて失礼致します。
昨日退院しました。
医師から説明があり、今後は三回目のフォンタン手術を目指せる事になりました。一才から二才のあいだに行うのが一般的です。
●●(子供の名前)の症状で、ここまで生きて二回目の手術が成功したのは、ここの病院では初めてのケースだそうです。とても喜ばしいのですが、データが無いので定期的にカテーテル検査をする事になりました。
自宅では肺の圧力を下げる為に、在宅酸素と正確な時間に飲ませなくてはならない薬が増えましたが、口からミルクが飲めるようになり、泣き声も力強くなりました。

今後同じ症状の赤ちゃん達が後に続けるように、●●と頑張ります(^-^)v


   来年も、



   私も頑張ります。


   
 
  クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 子供 出張 帰還

2010/11/30  11:23

グレン手術成功!がんばれ若い命  永住できる目黒区を考える

 現在育休をとっているスタッフからメールが来た。
 うれしい知らせである。

 育休といっても、平凡ではない。

 子供は「無脾症」という天からの運命を預かって生まれてきた。

 心臓にもかなりの問題を抱えて、出産後延命手術に耐え、過酷な日々を乗り越え今日にいたる。
 一言で言えるものではない、育休である。

 そんな小さな命は、「生きるという希望」を胸に抱き、ひとつの大きなハードルを乗り越えた。

 2度目の手術の成功である。

 下記のメール、11月25日のものであるがご紹介したい。


今朝順番が繰り上がり、八時半から手術が始まり、十五時半に終わりました。
癒着で心臓に辿り着くまでに時間がかかり、予定より二時間長かったのですが、心配していた不整脈もなく、成功しました。
一回目の術後より顔色も良くほっとしました。
執刀医は術前術後を他の医師に任せ、手術のみに専念するようになってから、十五キロ痩せたそうです。
命を削って、子供達に生きるチャンスを下さっているのだと思いました。●●(子供の名前)も生かされています。感謝。応援ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します


 医療というのは万人のためにある。さまざまなケースがあるが、もっとも重要視されなくてはいけないのは、「子供」であろう。

 これからの日本を、世界をしょって立つのはやはり若い力なしには考えられない。
 さまざまな問題で、政治は揺れ、経済状況は不安定ではあるが、歴史は絶えることなく未来に続いている。

 そのためには、「新しい命の重要さ」を誰もが軽々しく考えてはいけない。

 私たちが、いま、文句を言いながら、愚痴を政治や上司にぶつけながら生きているのは、ある意味で「幸せ」なことであることに気がついて欲しい。

 人生を無駄にしないでほしい。

 この「育休」に対してだけでも企業の風当たりがまだまだ強い。

 彼女は非常に優秀な番組編集者である。凛として編集現場をしきり、弊社立ち上げ当時から数々の過酷な現場を駆け抜けた同士である。
 
 番組編集とは、番組制作の最終工程に近い。これで出来の良しあしが決まるといっても過言ではない。
 簡単になれるものでもなく、常に指名をされるのも「一握り」といっていい。

 彼女は、その一握りの人材であり、映像編集、構成を携え、難題に答え、TVの文化をしょってきたのだ。

 復帰を心から祈っている。

 にもかかわらず、放送局側は「下請けの産休・育休ですから」と頭のすげ替えなどいくらでも出来るような言い方をする。


 マスコミで大声で行っていることと、自分たちの立場は逆である。

 確かに放送局の正社員になることは、有名大学卒の学閥やコネクションがないと難しいのかもしれない。

 局員様になれば、大手を振って産休・育休取れるかもしれない。組合の強さや労基に守られ守るシステムが確立されている。

 しかし、我々下請けはどうだろう?

 子供産みたくても、徹夜だらけで薄給で働くADをはじめ、まさに「権威力のピラミッド」が作られている。

 そして、気がつくと年を取っていたり、身体を壊していたりする。

 この保証は一体だれが????といいたい。


 先日もある放送局の管理職が「結婚して帰る時間が気になるようでは終わりだな」と前日ゴルフで休んでいたプロデューサーに言われたと行きどころのない話を某制作会社のDに聞かされた。

 やはり、生活保障された退職後も関連会社への天下りが約束された人たちにはわからんのかも知れんが、「現場で文化を支えているのは我々だ!」と声を大にして言いたい。

 制作会社経営側もそんな奴らには凛として闘うべきだ。


 予算がないからをすべて飲む前に、公的機関に相談しよう。



 話を戻すが、みんな安心して将来のことを考えられる環境づくりのために「ひとつの小さな命」がすくすくと育ってくれることをみんなで支援しようではないか!

 そして、都合のいい社会構造と闘うには「連帯」も大切である。

 僕らのギャラ下げる前に自分たちの給料下げて、社会貢献したらいかがか、上座の方々!



 そして、医師の数、いや、数だけ増えても無能ならだめ!

 心身共に健全で、「患者の心と体を守る」、医師を早急に育成することに税金を使っていただきたい!

 人と人のつながりのある地域づくりにまずは力点をおいて、議員給与など最高のボランティア精神の上に成り立つよう、国民平均給与所得に連動して国策、県市区町村策の成功報酬にしたら税金の無駄減ると思うぞ。

 福沢諭吉の言葉をもう一度、議員は習ってこい。
16

2010/11/19  5:42

ニュース編集だ!  永住できる目黒区を考える

 
 人生久しぶりのニュースダイレクト編集!早い早い!

 というか、ノンリニアと違って悩むカットで「とりあえずなんて言ってたら間に合わない、ラッシュとイメージと思い切り、そして何を伝えるのかの把握がすべて。

 カラーバーいれて待って置くなんて何年振りか。

 ニュースで気になる予算委員会・・・・・見てて呆れましたが、ラッシュの中身がない。

 子供のケンカだ。外交やら普天間やら財政やら雇用、派遣問題。。。。。。

 上げ足とっている場合ではない! 重箱の隅つついている場合でもない、「国を、国民を分断するような政治」はやめてほしい。

 仕分けされたら従うか、法的根拠を求めるなり、政治的冷戦を続けるより何かあるだろう。

 国民に問うてもよい。


 閣内ベクトルは、舵は、この日本丸は何処え行こうとしているのか。



  そんな中で、法人税の減税!、いいことだ、日本は高すぎつ。

  

  ・・・・・・


  。。。。。。。


  と思いきや。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


  なんだか「なんでもありの増税」という様相を呈してきた。

  理屈もなにもなく、なりふり構わずちょっとでも理由のつくものは増税論議の俎上にあげるという感じ。

  その中で、またまた役員報酬の話も論点に上がっている模様。

  今度は、役員報酬の給与所得控除について、普通の社員の半分にしよう、などという案が出ているようだ。
  
  大企業や官公庁とかでサラリーマンしかやったことのない人ならではの発想ですね。本当におめでたいことです。

  中小企業の社長の場合には、まさに自分の全財産をかけて経営にあたって、会社の業績がいい時は、できるだけ節税できるように会社の利益と役員報酬のバランスをとっている。

  それは、なぜか。

   銀行もお金を貸してくれないような非常時には、社長のお金が最後の拠り所。



  それに、会社の業績が良くないときは、役員報酬をゼロにしてでも会社を存続させ、雇用を守っている。

  そういう意味で、中小企業の社長の役員報酬は本当はもっと税優遇されてもいいくらいのもの。
  
  そういうことがわからないで、
 「社長はなんだかいい暮らしをしてるよね」という感覚で増税するのは、本当に失礼な話です。

  雇用を守り、日本の経済の根幹を支える苦労を背負っている人がその苦労も理解されずにピンポイントで増税の対象になるのは許せない。


  国の財政難を企業に押し付けるな!

  独立行政法人やら、企業努力せずして安泰な財団やら特殊法人、お布施という名で税金逃れている宗教法人はなんだ!

  創価学会の組織票目当ての政治なんかくそくらえだ!!

  政教分離、そして税金を納めさせましょう。


  政府には、役人に人事権はないのか!


  久しぶりに頭使って早寝早起きの森田です!!!!!!!!!!!

  
クリックすると元のサイズで表示します
6

2010/11/13  19:44

日曜大工シリーズ!貼り付け  永住できる目黒区を考える

羽板を下だけだが貼り付けましたT▽T

意外に美しい!!!!!!!!!!!!!

上は大変そう、照明もつけなきゃ。

アウトレットだが、桧の木目と香りが力こぶ
乾いたらカットしてカウンターの高さに揃えて、コーナーだけだ!

ノコギリで手まで挽いてしまった汗ので今日は土下座

ノコギリの傷は直りにくいのよね、ガリガリっと傷になるから。

陽が暮れたので、今度は本業の仕事します。

明日はHTMLのお勉強!

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 大工 ヒノキ 羽板

2010/11/8  23:39

また調査対象企業に指定されてしまった!!  永住できる目黒区を考える


クリックすると元のサイズで表示します

昨年に続き、通産省から「特定サービス産業実態調査 調査対象指定企業」に指定された。


結構大変です。私の仕事また増えるし、細かい。

 親会社(取引会社)が‣……

   下請け法にのっとった単価を、支払っているか?

   キャンセルでどう対応しているか?

   取引金額の開示

   請負額減額などの事後要求の有無

   などなど、


 下請け零細企業としてはありがたいが、なにせ数字なので面倒です。

 当然取引先も明記しますので、この業界ありがちな上記のことを、今後のテレビ・ネットで働く若者が定着し、正当なギャラと業務時間が労基で守られることを望む我々には、実体を政府が把握し改善していくものはしていかないといけないので頑張ってやりますが。

 書類が細かいのが難点です!


 でも、やらんといかんとですよね。
1

2010/10/18  9:36

制度は形骸(けいがい)化しているという  永住できる目黒区を考える

先日、岐阜の解体工事現場で悲惨で、醜い人災としか言いようのない解体現場倒壊事故が起きた。
 
 問題は、「制度は形骸(けいがい)化しているという」責任者問題。

 結局、行政指導にしかならない、現場主任責任者これも実は講習だけで取れたりする。

 人材派遣免許も講習だけ。

 結局、ずさんな形骸化した制度だけが残っていて天下りの温床になっている。

 渋谷の「H&M」で一定期間で大弾幕の張り替えなんかクレーンでやっているが、歩行者は誘導されてその下を歩いている。

 はっきり言っておかしい。おれは通りたくない。釘1本で死ぬかもしれない。

 これだけクレーン倒壊だの解体事故だの言っている割には理にかなわない。

 解体とは意外に危険である。

 しかし、解体・産廃には法をすり抜ければ実はドル箱産業である。

 それを知って当然のごとく役人接待、天下り、暴力団など群がり、現場が最も低賃金の危険地帯になる。



 中国の悪口言えないなあ、日本も。そんなシステムだらけです。

 
 人の生き血をすすり、不埒な悪行三昧の形骸化システムで法外な利益をむさぼる醜い浮世の鬼を


 退治てくれよう。。。。。


 補助金やら、助成金やら建前だけで流すのやめる政府を作れ!

 形骸化=骨抜き。 まさに官僚政治である。

 


 
0

2010/10/16  13:11



友人からメールが来ました。

もし、興味がある方はご覧いただけたらと思います。

****************************************************************



渡辺正浩です。御無沙汰してますがお元気ですか?

さて、例年の事になりましたが、僕の習っているフラメンコギター教室の
発表会が行われますので、案内させて頂きます。

日時;11月7日

場所;半蔵門 Tokyo FM Hall
     (ホームページはこちら http://www.tfmhall.jp/
index.html)

午後3時半開場、午後4時開演です。

渡辺の出番は午後5時以降になると思います。
(申し訳ありませんが、まだ順番が確定しておりません)

今回は、課題の演目に超名曲をやらせてもらう事になり、
現状、仕上がりも順調で、本番では良い演奏をお届け出来るのだろうと、
ささやかながら自負しております。
(ネタバレOKならば原曲はコレです→http://www.youtube.com/
watch?v=qDw8WtpzqkU)

もしお時間が許す様でしたら、是非見に来て下さいまし。

以上、よろしくお願いします。

渡辺 正浩

0

2010/9/29  0:24



クリックすると元のサイズで表示します

急激な温度変化で風邪をひいた。

しかし、私らの仕事、休むことは余ほどでないと許されない。そういう仕事です。


昭和天皇崩御の日、39.4度の熱だったが、徹夜だったし、そんなものだと思っているが、年のせいかきつい汗

昨日は労基でテレビ番組制作における、賃金や長時間労働の現状について講習があったが、法律と現実を同化させるには、構造改革以外にないと思う。


実際、構造改革しても、過酷さや信条は変わらないと思うが、雇用の安定と深夜勤務に対する(ダラダラやっている夜型の人は勝手にしてもらって。。。。。お前らのせいでイメージが悪いのも事実だ!)25%アップの深夜手当ぐらいは、発注元は考慮すべきではないだろうか?

しかしながら、いろんな職種と絶対サラリーマン出来ない個性の方々が多い仕事なので(苦笑)、均等にはいかないでしょうけど。



今日はへたりながら試写に行ったが、早く終わり、さっきまで寝ていたが、貧乏症でパソコンの電源入れて仕事はじめてしまった。



ムトーハップの風呂入って早く寝よ。
2
タグ: 発熱 葛根湯 試写

2010/9/29  0:23

1食に異議ありムカッ  永住できる目黒区を考える


クリックすると元のサイズで表示します

昔からめんどくさがり屋なので、社食主義。

しかし、高くないか?NHKの食堂。

これで600円超えたら高いよ。お茶碗も小さくなったし、ラーメン湯切りしないし、鶏肉メニュー一週間続くし。

20年前のバブル期と同じ値段だもんね。よく考えるとおかしい。


松屋は牛丼250円、セットでも。。。。。


もう少し競争が必要ではないだろうか?

食器に口紅残ってるのも問題があるが、何か高い原因は内部的にあるのか?

給料の安い我々下請けにはもう少し割引きしてほしいものだ。


だったら、外で食えというなら署名集めて外で喰う運動を展開するか、近くに安い店招致しよう。

実際、局員の方が「ビジネスランチ」とか言って外で食べてるから、下請けで持っていると思うのだが?

2ちゃんねるでたぶん、食堂でこれだけ書かれるのも珍しい。

0
タグ: 社食 社員食堂 高い

2010/9/24  5:24


だいぶん、解体した汗


まだまだ面出しやら、上を破壊しないとだめ。



編集終わらねーと近所迷惑なのです汗


地道です!


ビールで寝ます。


また、いらないもの捨てますねん〜!


山のような本をどーする汗

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 目黒区 駒場 区議会



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ