2010/5/26

5月のお茶のお稽古  
私が日本にいるタイミングに合わせて、すみこ先生にお稽古していただいているお茶。
今日は、前回のイースター茶会から1ヵ月半ぶりの5月のお稽古でした。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
5月なので、百合の花のモチーフのものがあしらわれていて、水差しやお茶碗もガラスになっています。
さりげない季節感の演出が、日本的でとてもステキです。
。。。が、ステキに付いていけない、できの悪い生徒2人。
「今日は盆略点前を極めたいです!」
実際には柄杓の使い方がわからなくて、前回のお稽古でナナさんも私も頭の中が真っ白になっちゃったの〜。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
まっ、とりあえずは楽しみのお菓子。
主菓子は“のどごし一番”「たねや」の本生水羊羹、口どけがよすぎます♪
干菓子は 京の洛北「貴船川」のきらめきを、白・ピンク・青の三色干琥珀に表現したという「俵屋吉富」のゼリーのようなお菓子と、美しいアイシングのシナモンクッキー。
アイシングを見ると、先週のことを思い出してブルブルっと震えてしまう私(笑)
     クリックすると元のサイズで表示します
さぁ、そしてこれがお茶を点てている私の姿、真剣そのものです。
今日でなんとか盆略点前はマスターできたような気分♪
そもそもお茶を習い始めたきっかけは、フランス各地で買い集めてきたカフェオレボウルと私のお菓子の“シトロン風茶道”で、パリジェンヌの友人たちをおもてなししたかったからなのです。
今年の夏休み、フランスでこの腕前をご披露できるかな?

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ