2007/2/2

さぁ、クレープを焼きましょう♪  
クレープは、特別な材料を揃えなくても簡単に焼けます。

ボウルに、ふるった薄力粉50g、グラニュー糖10g、ほんの
ちょっとの塩を入れ、全卵L玉1コを加えて混ぜ、牛乳125cc
を加えて混ぜ、溶かしバター15gを熱いうちに加えて混ぜ、
終わり。
大事なのはこの後です!
このままラップをして冷蔵庫で3時間くらい生地を休ませて
あげてください。
あとは、一回目だけうすくバター塗ったフライパンで二回目
からはそのままで、ひたすら焼いていくだけです。

私は、焼き立てのクレープにショコラ・スプレッドをたっぷり
塗って食べるのが大好きです♪
左側は、『ボワシエ』のものでチョコレートとフランボワーズ。
真ん中は、いがらしろみさんが『CINQ』のイベントのときに
作られていたもので、上はチョコレートとヘーゼルナッツ、下
はチョコレートとオレンジ。
そして右側は、フェルベールさんとフィガロ紙のフランソワ・
シモンさんが雑誌「TITLE」のために作られたスペシャリテ
で、チョコレートとマンゴにバルサミコ酢やしょうがや胡椒や
レモンとオレンジの皮や色々。

う〜ん、クレープなしでもいいかも!?

クリックすると元のサイズで表示します

2007/2/2

今日は「ド・ラ・シャンドール祭」、クレープを焼く日です。  
2月2日、フランスでは「ド・ラ・シャンドール祭」というお祭り
の日です。
聖母マリア様のお清めの日にクレープを焼いてお供えした
ことから、クレープを焼く日になったそうです。

そして、ただクレープを焼くだけではおもしろくない(?)と思っ
たのか・・・
右手に金貨、左手にフライパンを持ちながらクレープを焼き、
焼けたクレープを高く放り上げて上手にフライパンでキャッチ
したら金運に恵まれるという、なんとも不思議な運試しの日
でもあるのです。

実際、硬貨を握り締める右手は汗だらけ、左手ではクレープ
を焼くこともクレープを放り上げることもできませんでした。
そう簡単には、お金持ちになれないのでしょうね。
。。。そうです!やってみたのでした!

クリックすると元のサイズで表示します


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ