2008/8/19

ブルターニュ紀行〜フランス一のマカロン屋さん  
カンペールにあるとてもステキなパティスリー『ROLLAND PADOU』。
クリックすると元のサイズで表示します
“フランスで一番のマカロン”屋さんだそうです。

「これは食べるしかないわねっ!」
朝食を食べた直後なのに、キャラメル・ブール・サレ(当然!)、新発売のブラジル(モカ味
でした)、ライチなどを選んで奥のサロン・ド・テへ。
クリックすると元のサイズで表示します
一番かどうかは私にはわからないけれど、とってもおいしい〜♪
これからキブロンに出発なので、車の中でのおやつにクイニーアマンとマカロンを12コを
選びました。
クリックすると元のサイズで表示します
これでカンペールにさよならです。

2008/8/19

ブルターニュ紀行〜Les Niniches  
ニニッシュ、それは細長いペロペロキャンディー(キャラメル)のことです。
フルーツ味のものもあれば、キャラメルやチョコレート、コーヒー風味のものもあります。
キャラメル王国のブルターニュ地方では、このキャラメルのニニッシュが多く売られていて、
私はそのニニッシュを現地で食べるのを楽しみにしていたのです。

というわけで、さっそく『La Maison d'Armorine』へ。
クリックすると元のサイズで表示します
カウンターのうしろには、ニニッシュのボックスがズラリと並んでいます。
うわぁ〜、何種類あるのでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します
子供だけでなく大人も、それもおじさまが必死になって(?)ニニッシュを選んでいる光景を
見れることが、フランスにいてとっても嬉しいことのひとつです(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
12本入り、24本入り、36本入り・・・の缶もあります。
缶コレクターの私としては、もちろんひとついただいて♪
さぁ、好きな味のニニッシュ選びにどれだけ時間がかかるかしらん?

2008/8/19

ブルターニュ紀行〜Ppnt-Avenのガレット屋さん  
「キャ〜♪」と思わず歓声をあげるほど、ガレット屋さんがいっぱい!
クリックすると元のサイズで表示します
ガレット・ブルトンヌ別名“ガレット・ポンタヴェン”。
ガトー・ブルトンヌを小さなサブレにしたもので、ここポンタヴェンが発祥と言われている
お菓子です。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、画家ゴーギャンが、タヒチに移り住む前の数年間をここポンタヴェンで過ごした
ことから“ゴーギャンに愛された町”としても有名なのです。

ガレット屋さんとギャラリーがあちらこちらに点在している、とても美しい町。
なんだか心が洗われるような、そんな気がします。
ガレットに目移りさえしなければ・・・(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

2008/8/19

ブルターニュ紀行〜美しい町Pont-Aven  
翌日も車でカンペールから1時間ほどの小さな町、ポンタヴェンにでかけました。
町の中心を流れるアヴェン川に水車がいくつかかかっている、まるで絵のような美しい
町?村?です。
クリックすると元のサイズで表示します
でも、私の目的は。。。?

2008/8/19

ブルターニュ紀行〜Carnacの海  
もしもブルターニュ地方に旅行に行こうと考えていらっしゃる方には、ぜひカルナックを
お勧めします(笑)
海はキラキラ輝いていて、メイン通りは華やいでいて、タラソテラピーもあって、もちろん
マルシェはにぎわっていて。
でも、町の中心部は海岸から少し離れているのでとても静かなんです。
クリックすると元のサイズで表示します
行ってみないと、わからないですね。

2008/8/19

ブルターニュ紀行〜とってもステキなデジュネ  
「朝、雨がパラパラしていたから、お庭でのランチじゃなくておいしいレストランを予約したの」
と、連れて行ってもらったお店は『La Calypso』。
漁師さんが釣った魚をそのまま届けてもらって炭火焼きにするという、このあたりでは一番
おいしいお魚を食べれるお店だそうです。
「グリルした魚が食べたくなったらいつもここにくるの」と、DENISEも嬉しそう。
クリックすると元のサイズで表示します

それにしても・・・まさか、コロワイエ家のみんなとフランスの端っこで(カルナック、失礼!)
一緒に食事をするなんて、
そんな夢みたいなこと数年前までは考えてもみませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
先週も会ってくれたDENISE。
最近はホテルには顔を出していらっしゃらないけれど、お元気そうなPIERRE。
いつもフロントで頼らせてもらっている、次男でホテルを任されているJEAN-FRANCOIS。
JEAN-FRANCOISのお子さんで、長男のPIERRE-EMILEと次男のJEAN-FELIX。
名前を覚えるだけでも大変だけど、会話も辞書片手だから大変だけど、でも私にとっては
本当に本当にしあわせな時間でした。

海を見渡せるメゾネットタイプのアパルトマンで、午後のティータイム。
クリックすると元のサイズで表示します
JEAN-FRANCOISと息子さんたちは海に遊びに行っちゃいました。
それにしても、優雅な夏の過ごし方だなぁ。。。

2008/8/19

ブルターニュ紀行〜Carnacのマルシェ  
カルナックの町は、日曜日と水曜日がマルシェの日。
あぁ、なんてついているんだろう。。。♪♪
お家に行く前にマルシェへ寄り道させてもらうことにしました。

日本で手に入るカルナックの情報というと、“先史時代の巨石群”のことばかり。
無数に並んだ巨石の列はあまりにも壮観で、誰がどこからその巨石を運んできたのか?
諸説あるものの謎に満ちているようです。
その情報ばかりが頭にあったので、カルナックがこんなにリゾート地で、夏の間こんなに
別荘族がすんでいるなんて、想像していなかったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
とにかくすごい人・・・「この辺では一番大きくてにぎわっているのよ」とDENISE。
クリックすると元のサイズで表示します
どこのマルシェでも、BIOは人気ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
今晩の夕食のおかずは蟹なのかしら?エビなのかしら?なんだか楽しそう♪
クリックすると元のサイズで表示します
プラリーヌ売りのおじさん、親切なことに作り方を全部説明してくれました。

さて、これからいよいよコロワイエ家へ。
DENISEの手書きの地図だけで、果たしてたどり着けるのでしょうか?

2008/8/19

ブルターニュ紀行〜Carnacへ  
しつこいようですが、私のパリの定宿はホテル・バルコン。
(すごーくいいホテルなので、パリ旅行をお考えの方は、ぜひ私にご一報ください♪)
そのホテルのオーナー・コロワイエ夫妻とは、どういうわけか仲良しになり、特にマダムの
DENISEは私のことをとってもかわいがってくださるのです。
今回のブルターニュ旅行をメールで伝えると、
「私たちのカルナックの家に招待するので、ぜひ遊びにきてね」と言われ、パリでのランチ
ではアバウトな地図を書いてもらい、
そして。。。とうとう本当に実現してしまいました!!

クリックすると元のサイズで表示します
レンタカーのマニュアル車を夫に運転してもらい、高速道路をとばしてカンペールから2時間弱で
カルナック到着です。
ちなみに、ブルターニュ地方は高速道路が無料なんですよ。

2008/8/19

ブルターニュ紀行〜Creperie  
ブルターニュ地方では、カフェの数より多いと言われているクレープリー。
これだけあると、一体どのお店に入ったらいいのやら。。。
きっと、どこもおいしいんだろうけど、でも最初のお店はやっぱり重要なので(?)ウン十年前の
FIGAROの切り抜きに載っていた『Creperie du Salle』へ。

クリックすると元のサイズで表示します
テラスも店内も満員、カンペール焼きのお皿があちらこちらに飾ってあってとてもかわいいお店。
クリックすると元のサイズで表示します
ガレット(そば粉のもの)は、ハムとトマトで軽めに。
クリックすると元のサイズで表示します
クレープ(小麦粉のもの)は、バターとお砂糖でシンプルに。

このあとも、何度もクレープリーに行ったのですが、ここほどおいしいガレットとクレープには
出会えませんでした。
カリッとしていて、ちょっぴりモチッとしていて、具のトマトがこれまた超美味♪
バターとお砂糖だけのクレープも、バターがおいしいから?とにかく最高!!

2008/8/19

ブルターニュ紀行〜Quimperのマルシェ  
到着した土曜日は、ラッキーなことにちょうど週2回のマルシェが開かれる日。
さっそく出かけてみました。

うーーん、あるわ♪あるわ♪私の大好きなブルターニュ菓子が勢ぞろい♪
クリックすると元のサイズで表示します
“Gateau Breton(ガトーブルトン)”
こちらはナチュールと書かれていて、バタータップリの香りで、いますぐ食べたい!
クリックすると元のサイズで表示します
こちらもガトーブルトンですが、間にフランボワーズやプリュノーなどのコンフィチュールがサンド
されています。
クリックすると元のサイズで表示します
“Kouign Amann(クイニーアマン)”
丸だけでなく四角く焼かれているものもあります、とにかく大きい!
クリックすると元のサイズで表示します
“Far Breton(ファーブルトン)”
どのお菓子もほしい分量を言ってカットしてもらい、量り売りになっています。

ほかにも新鮮な野菜やフルーツ、チーズにお花、シードルにチキンのロースト・・・と、お店は
ずーっと続いていて、マルシェは歩きは本当に楽しいっ♪


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ