2008/10/27

やっぱり『CUPIDO』  
私はパン・マニアではありません。
パン屋さんにもパンそのものにも全然詳しくないし、そもそもパンを焼けないし。。。
(お菓子が作れるからといって、パンが焼けるとは限りません!)
そんな私が、ここのだったら三食パンでもいい!と思ってしまうのが、奥沢の『CUPIDO』です。

前回行ったのは夏休み前だったから、かれこれ3ヶ月前。
にもかかわらず、ドアを開けたとたん、いつもの笑顔で「お久しぶりですね、お元気でしたか?」
と澤口さん。
あぁ、忘れないでいてくれたんだ。。。
とっても嬉しい気分でそそくさと店内のテーブルに。

本日のスープセットは、かぼちゃのポタージュ。
本日の煮込みセットは、豚肉とレンズ豆のトマト風味。
家から奥沢まで歩いてお腹がペコペコだった私は、迷わず煮込みセットを注文。
クリックすると元のサイズで表示します
セットの2種のパンは、何種類かの雑穀入りのパン・ド・カンパーニュと何%かのライ麦入りの
パン。
ていねいに説明してくださったのに、食べることに頭がいっていて(笑)

季節のデニッシュもおいしそう♪
イチジクや柿など先に選んでおいて正解!だって帰りには全部売り切れだったんですもの。
クリックすると元のサイズで表示します
大好きなガレット・ドフィノワーズもあんパンもはずせません。
半分にカットしてもらったバゲットと、豚肉のリエットは明日のランチ用に。
クリックすると元のサイズで表示します
ひっきりなしに訪れるお客さんを見ていると、地元(?)の常連さんがとても多そう。
一人でフラッと「いつものアレとアレ」を買いにいらしたオジサマ、白髪の美しいおばあちゃま、
「それぞれ食べたいパンを選びましょう」と楽しそうなご夫婦、などなど。
なんてステキな常連さんたち。

時々澤口さんがテーブルに来てくださって、久しぶりにお話できました。
超人気店ならではの悩みやジレンマもあるみたいですが、来月5日の2周年を機に、3年目の
抱負を熱く話してくださって、思いがけないハッピーな休日のひとときでした。
11月5日の2周年記念日、絶対に行くぞ〜!と自分に誓った私でした(笑)

『ARTISAN BOULANGER CUPIDO』
世田谷区奥沢3−45−2 TEL03−5499−1839

2008/10/26

『粉と卵』のスイートポテト  
あまり冴えないお天気の日曜日でしたが、久しぶりに奥沢に。
自転車に乗れなくなってから(笑)、せっかくの休日でも家に引きこもっていることが多くなり、
これではいけない!と歩いて行ってきました。
目的はもちろん『CUPIDO(クピド)』です♪
が、その前に「スイートポテトがすっごくおいし〜い」と教えてもらった『粉と卵』に寄ってみま
した。
以前、富ヶ谷にあった頃には行ったことがあるけれど、奥沢に移ってからは初めてです。
クリックすると元のサイズで表示します
午後早い時間帯なのに、ショーケースの中の生菓子は数えるほど。
これだけ売り切れるということは、とても人気のあるお店なんですね〜。
「9月18日にテレビで放送されたときは、翌日は朝9時からお客様が並ばれて、午前中に
すべて売り切れたんですよ」と、お店のマダム。
今日はスイートポテトはあと7つだったそうで、よかった〜。
「上のカリカリがなくならないうちに、早目に食べてくださいね」と、親切なマダム。
クリックすると元のサイズで表示します
さつまいもを焼き芋みたいに焼いてから実を取り出し、生クリームなどを混ぜてペースト状に
したあと、皮をお皿代わりにしてピラミッド型に盛っているそうです。
そして、上のカリカリとは・・・表面がキャラメリゼされていました。
クリックすると元のサイズで表示します
うん、うん、本当においし〜い♪

『Patisserie 粉と卵』
世田谷区奥沢5−2−5 TEL03−3718−0901

2008/10/24

ユーロに両替するべき?  
最近の為替変動に一喜一憂している方も多いですよね?
私の周りは、もっぱらフランス旅行狙いのユーロ両替組み(笑)
毎日いろいろな情報をメールで送ってくれます。
私も信頼できる銀行員の友人に、ユーロが下がったとニュースで聞くたびに
「今がチャンス?今がチャンス?」としつこく聞いてきました。
今日のレッスンでも、交通費と時間をかけてまで、今日すぐ両替することもないんじゃないの
と言われ、そうだな・・・と落ち着いていたのですが。
買い出しの帰り道、一体いくらで両替してくるんだろう?とフラリと寄った二子玉川の銀行で
「米ドルは売り切れました」の貼り紙を発見。
え〜っ?紙幣って売り切れるんだ?
知らなかった。。。
突然すご〜く焦った(笑)私は、先ほどの生徒さんたちの忠告も忘れ、渋谷の両替コーナーに
向かっていました。
なんと、長蛇の列だったんですよ〜。
待つこと30分、ここでも「米ドルとなんとかは、今日は売り切れました」とのアナウンスが。
ユーロもほとんどなく、私の順番で20ユーロ以上の紙幣はおしまい。
「残りは10ユーロと5ユーロ紙幣になりますが、いいですか?」
微々たる金額の両替だったのでノン・プロブレムでしたが、なんだか明日にも飛び立ってしま
いそうな気分に♪
それにしても、この夏の旅行中の1ユーロ170円は、本当になんだったんだろう・・・

2008/10/22

The Secret of the Grain〜クスクス粒の秘密〜  
めったに映画館に行かない私が、なぜか見つけてしまった『クスクス粒の秘密』。
なにげな〜く見ていた東京国際映画祭のお知らせの中から、“クスクス”の4文字を発見し、
「これはフランス映画に違いない!行かなきゃ!」。
説明文を読むと、チュニジア系フランス人家族がクスクス料理店を開業するストーリーらしい。
で、これまためったに行かない六本木ヒルズに行って観てきました。
こんなの観る人いるのかな?(あっ失礼!)と思いながら、前もってチケットぴあに立ち寄ったら
残席わずか3枚!
映画好きはたくさんいるのですね。
フランスのちょっとさびれた港町で、移民が多そうな感じの町が舞台。
なんだか私までその町にいるような気分になって、「クスクス粒を早く蒸らさなきゃ!」みたいな
気分になって(笑)不思議な感じの2時間半でした。
会話はフランス語で、字幕は日本語と英語。
フランス語のシャワーを浴びた気分で、これで今日の夜ゴハンがクスクスなら気分は最高なの
にな。
クリックすると元のサイズで表示します
これは、もう5年も前にパリで食べたクスクス。
以前はパリに行くたびにクスクス屋さんでゴハンを食べていたのですが、「うわぁ、感激〜」と
いうクスクスになかなか出会えません。
たまらないっ♪っていうクスクス、いつか食べたいです。
ちなみに、この映画は10月24日(金)20:30〜にもう一度上映されます。

2008/10/22

焼きりんごのバニラアイスクリーム添え  
今日の夜、なおみちゃんと一緒に行ったビストロのデザート。
りんごを85℃のオーブンで8時間(!)焼くと、トマトを湯剥きしたときのように、皮がツルンと
剥けるんですって。
トロトロ〜の酸味のあるりんごと冷たいバニラアイスの組み合わせ、なんておいしいの♪
タルト・オ・ポムやアップルパイのバイラアイスクリーム添えが大大好きな私としては、これは
最高の組み合わせですね〜。
アーモンドダイスで作られたチュイールも、ヌガチンみたいにカリッネチッとしていて、しあわせ
なデザートだったなぁ♪
クリックすると元のサイズで表示します
85℃の温度設定なんて、我が家のオーブンではできないから、これは食べに通うしかない
ですね。

2008/10/20

テオブロマのマロンマロン  
停電のせいで、突然外出せざるをえなくなった私。
お隣のAYAKOさんはどうしているかな?とメールをしたら「瀬田モダンゴルフで打ちっぱなし
の練習よ♪」とのこと。
いいな〜、趣味のある人は。。。

と、昨日見た『ソロモン流』を思い出しました。
私にだって趣味はあるじゃないか(笑)
「そうだ!テオブロマに行って、あの栗がいっぱいのお菓子とモンブランを買いに行こう!」
クリックすると元のサイズで表示します
昨日の『ソロモン流』をご覧になった方はわかりますよね?
「テオブロマ」の土屋シェフが、和栗を使った秋の新作ケーキを作りたくて、高松まで行かれて
探し出した内子産の和栗。
その栗をペーストにしたものとチョコレートを生地に混ぜ込み、栗の渋皮煮をゴロゴロと入れて
仕上げにもチョコレートとナッツを散りばめたケイクがこちら(↓)。
クリックすると元のサイズで表示します
うわ〜、本当に栗がゴロゴロしていて贅沢すぎる。。。
明日のレッスンにいらっしゃる方には、お味見がありますからお楽しみに〜♪

2008/10/20

停電!!  
今日、私の住んでいるマンションは12時30分から16時30分まで停電でした。
以前から停電のお知らせは回っていたのですが、断水のときのように余裕を持った時間帯
だと思っていたら、本当に12時30分に色々なものが消えました。
照明とテレビの画面が突然消え、冷蔵庫の中は真っ暗になり、電話も使えなくなりました。
「今月のケーキ教室の材料を保冷バックに移し変えなきゃ!」
と、冷蔵庫から牛乳、生クリーム、マスカルポーネチーズを取り出すために手を洗おうとしたら。。。
なんと、蛇口をひねっても水が出ないのです。
停電になると、断水するということを初めて知りました。
クリックすると元のサイズで表示します
さすがに4時間、さすがにこの状態で家にいる訳にもいかないので、出かけることにしました。
フラフラと家を出てエレベーターの前に来て・・・やはりエレベーターは止まっていました。
電気がないって、ものすごく困ることですよね〜。
さて、どこに行こうかな?

2008/10/19

慶應賛歌グランドコンサート  
今年は、慶応義塾創立150周年。
11月8日の記念日に向けて、いろいろな行事が目白押しです。

その中のひとつ、「慶應賛歌グランドコンサート」に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
一部は、クラシック、ジャズ、マンドリン・オーケストラ、そしてダーク・ダックス。
二部は慶応義塾塾歌や応援歌、150周年を記念して募集した新しいカレッジソングなどなど、
4時間以上のコンサート。。。長いっ!!
写真の左端は、司会をされた元NHKの宮本隆治アナと紺野美沙子さん。
紺野美沙子さんが、とってもお綺麗でした♪
卒業してから20年以上経っているのに、在学中4年間歌い続けた塾歌は覚えているものです
ね〜。

2008/10/18

ウィーンのおみやげ  
今日のレッスンには、名古屋からYUKAちゃんが来てくれました。
ちょうどプラハ・ウィーン・ワルシャワの旅から帰ってきたばかりのYUKAちゃん、片手にいつも
のお野菜、片手にウィーンみやげを持ってきてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
「ハイナー」のザッハトルテと、「ゲルストナー」のスミレの砂糖漬けです。
わ〜い♪♪
“シシィ”という愛称で国民から慕われていたオーストリア皇后エリザベートが、大好きだった
というスミレの砂糖漬け。
皇室御用達のカフェ「ゲルストナー」で売られているそうです。
ウィーンは10年前に一度行ったきりで、しかもパリのついでだったような記憶が(笑)
当時、高山厚子先生にウィーン菓子を習っていた私は、「ハイナーのケーキが一番おいしい」
と教えていただき、目を輝かせながら「ハイナー」に駆け込んでザッハトルテを食べたことを
覚えています。
その頃はデジカメも持っていなかったので、どこにしまってあるかわからないアルバムを開く
しかないんですよね。
デジカメって素晴らしいわ♪

ところで、スミレといえば。。。
ニースと香水で有名なグラースの間にある、南仏の小さな村トゥーレット・シュー・ルーでは、
毎年3月の第一(もしくは第二)土曜日に“スミレ祭り”が開催されます。
コート・ダジュールにいくつもある「鷲の巣村」の一つで、ヴィクトリア・バイオレットというスミレ
の栽培で有名な村です。
春の訪れをお祝いするお祭りで、マルシェではスミレのアイスクリーム、スミレのリキュール、
スミレの砂糖漬けなどが売られるそうです。
来年こそ行きたいなぁ。。。

2008/10/17

ピエール・エルメのお菓子教室〜ビュッシュ・サンフォニー〜  
今日は「ピエール・エルメ」のお菓子教室。
Buche Symphonie(ビュッシュ・サンフォニー)という、クリスマス用のアントルメでした。
クリックすると元のサイズで表示します
ビスキュイ・ジョコンドを型に敷き込み、アーモンドビスキュイとクリームチーズのムースを層に
して流し入れ、間にイチゴのコンポートをサンド入するという、爽やかなケーキ。
。。。なんですが、なんだか拍子抜けするほど簡単で、ちょっとビックリ。。。
家庭でも作れるようなものにしてくださいと、リクエストがあったのかしらん?
クリックすると元のサイズで表示します
クリスマス用のお菓子というより、イチゴのおいしい春先に作ってみたいなと思わせるケーキ
でした。
次回のお菓子教室は、なんと来年4月だそうです。
待ち遠しいなぁ。。。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ