2009/6/29

そうだ!お菓子教室をしよう♪  
今日の外来診察。
11時半の予約が、私が呼ばれたのは14時過ぎ!
病院でなければ「なんのための予約なのよ!」と、みんな暴れるでしょうね〜。
私の主治医の三浦先生、モテモテです(笑)
それだけ患者さんが多くて、それだけていねいに対応してくださるということで、本当に信頼
できるいいお医者さまなんです。
そして、待ちくたびれたあげくの検査結果は、いいこととあまりよくないことと両方でした。

うーーん。。。

そして、考えました。
「今できる、一番楽しいと思えること・・・そうだ!お菓子教室をしよう♪」
すぐに現実逃避する私です(笑)

それで突然ですが、来週の後半と再来週の前半にレッスンを再開することにしました。
9日(木)10日(金)11日(土)13日(月)14日(火)あたりです。
ちゃんと決めたら『Le Petit Citron』ケーキ教室のみなさまにはお手紙を差し上げますが、
急に思い立ったので間に合わないかもしれません。
もしもご都合つけてくださる方は、ぜひいらしてくださいね。
クリックすると元のサイズで表示します
今日のお昼ゴハンも病院近くの「Le Petit Tonneau(ル・プティ・トノー)」。
まるでパリみたいな雰囲気でしょ♪

2009/6/29

Bonne MamanのユニクロTシャツ  
「ユニクロにBonne MamanのTシャツがあるんだってね♪」
パリに住んでいるMikaさんが教えてくれました。

えっ?ユニクロとBonne Maman?なぜ?なぜ?
早速調べてみたら、
「世界中で愛されている食品ブランド。その商品パッケージやブランドロゴをモチーフにした
コラボレーションTシャツです」という企業コラボTシャツというシリーズを発見。
入院中、虎の門病院から初の外出先がユニクロだったにもかかわらず、知らなかった。。。

今日の外来後、再び銀座のユニクロに直行したことは言うまでもありません。
そして、最後の4枚、ゲットしました〜♪
クリックすると元のサイズで表示します
これ、なかなか手がこんでいるのですよ。
Bonne Mamanという文字、ジャムの瓶や蓋の縁取りが刺繍になっているのです、ウフッ♪
パリのMikaさん、Kumiさん、ラパンさん、Lサイズですが勝手にお揃いで買っちゃいました。
シンガポールにも今年の春ユニクロがオープンし、毎日ごった返すほどの盛況ぶりだそうです
が(今はどうなのか?知りません)、この企業コラボTシャツも売っているのかしら?


2009/6/28

最初だからマドレーヌ♪  
手術後左腕がどうにも痛くて、お菓子がちゃんと作れるのかどうか、ずっと不安だった私。
やっと今晩、退院してはじめてお菓子を作ってみました。
「最初だからマドレーヌよね♪」
やっぱり簡単なものはいいです。

そして。。。
へへーーーん、こんなに上手に焼けてしまったわ(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
混ぜるのも、絞り出すのも問題なし!
天板をオーブンに入れるときだけちょっと大変。
天板を持つのもオーブンの扉を開け閉めするのも右手になるので、上段と下段の交換に時間がかかってしまい、そのときに温度が下がってしまう。
まっ、これはゆっくりと考えたらなんとか工夫できるでしょう。
マドレーヌの次は・・・次に簡単に作れるものはなんでしょうね?

ちなみに。。。
シンガポールでのお菓子教室にいらしてくださっていたみなさま、
「パントリーマジック」などでフレキシパンを買っていらした方が多かったのですが、フレキシパンで焼く場合は、写真のように穴あき天板を使うときれいな焼き色がついて上手に焼けますヨ♪

2009/6/28

不思議のメダイの聖母教会  
明日は退院後はじめての外来診察日。
手術中に摘出された2ヶ所の部分の病理検査の結果と、その結果による今後の治療方針が
説明される恐怖の(?)日です。
すでに主治医のお医者様には、今後の治療に関しては言われているんだけど。。。

思えば4月13日に虎の門病院に再検査に行って、結果を聞きに行く間の一週間もそうだった
けれど、結果を待つ間の時間って、すごく長く感じて辛いです(誰でもそうですよね)。
すでに結果は出ているはずなのですが、何をやっていても気になってしまいます。
困ったときの神頼みでもして待つしかありません(笑)
なーんて、こんな不信心な私を神様お許しください♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

左の写真は、パリの老舗デパート『Le Bon Marche』のお隣にある、不思議のメダイの聖母
教会、La Chapelle Notre Dame de la Medaille Miraculeuseです。
「奇跡のメダイ、不思議のメダイ」を求めて、世界中の人々が訪れるそうです。
写真を撮ったのはずいぶん前で、もうちょっと教会の雰囲気がわかる写真が撮れなかったので
しょうか?(笑)
真ん中のネックレスは入院中も身につけていた、その“不思議のメダイ”です。
きれいなターコイズブルーでしょ♪
http://chapellenotredamedelamedaillemiraculeuse.com/

2009/6/25

WA−fumiの宿題  
昨日の上野万梨子先生の特別レッスン「WA−fumi」。
主催がフードソムリエさんだったからか、参加者が料理家だったからか、なんと宿題付きだったのです。
お題は「オリジナル寿司」のレシピ。

いやーーーーーーーーーーん。。。

それがなんと、私以外の全員が宿題のレシピを持参されていたのです。(えっ?当り前?)

お会いするのが2度目の玲子さん、面倒見のよさそうなシャキシャキしたステキな料理研究家のお姉さんです。
http://www.reiko-cooking.com/
学生時代に12ヶ国が集まっての国際キャンプのリーダーをされた玲子さん。
そのキャンプ地のフィンランドでちらし寿司をふるまわれ、参加しているこどもたちが喜んでくれたことから「食することは人の輪なり」っ痛感されたことがスタートラインなんですって。
うん、うん、その通りですよね♪、と宿題をしていない私も大きくうなずく。
ビックリしたのは、レシピどころか、実際にお寿司を作って持ってきてくださっていたのです。
海苔の代わりに生春巻きの皮を使い、具はしゃぶしゃぶした豚肉とキュウリ。
そのしゃぶしゃぶ豚のタレも、玲子さん秘伝の・・・ではなく市販品!ナイス!そうでなきゃ!
お肉欠乏症の私としては(笑)写真を撮る前にむしゃむしゃと食べ尽くしてしまいました。
とってもおいしくて、これなら私でも作れそう♪
玲子さんのレシピは、フードソムリエで公開されています。
http://www.food-sommelier.jp/profile/recipe/R0142.html

そして、私のお隣のお席だった敦子さん。
http://www.atsuko-coubo.com/
なんと天然酵母のパンを焼いて全員にプレゼントしてくださったのです♪
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(左)1人分ずつちゃんと袋に入っていて、「青トマトのブリオッシュ」のカード入りです
(中)「レンジで15秒チンすると、さらにおいしいですよ」教わったとおりに♪
(右)お父さまが養蜂家でいらして、自家製のはちみつまでいただいちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します
とってもしあわせな朝ごはん、ブリオッシュもはちみつもトレボン〜♪

敦子さんは、季節の果実で紡いだ天然酵母でパンを作っているブランジュリエ(パン職人)さんかつ、酵母研究家さんです。
私はパンにうとくて天然酵母のことがよくわからないのですが、こんなに優しくて、しかもしっかりしたお味のブリオッシュ、食べたことがなかったです。
作ってみたいというチャレンジャーさん、敦子さんのレシピもこちらで公開されています。
http://www.food-sommelier.jp/profile/recipe/R0090.html

またまたステキな知り合いが増えて、なんだか嬉しい♪
玲子さんや敦子さんのように、もっともっといろいろと作れるようになりたいし、こうやって自分の作ったもの(お菓子)で、誰かに喜んでもらえるようになりたいです。

それにしても。。。
入院していて本当によかった、言い訳がつくれて本当によかった。
だって、私、人様の前で発表するお寿司のレシピなんて絶対に作れないんだもの。
私は料理研究家じゃなくて、お菓子研究家なんだもの〜(笑)

2009/6/24

上野万梨子先生のWA−fumi  
今日はずっとずーっと楽しみに待っていた上野万梨子先生のスペシャル・レッスン♪
いつもお世話になっているフードソムリエさんが、会員の料理家向けに特別レッスンを開催して
くださったのです。
http://www.food-sommelier.jp/
まさか申し込んだ3月中旬に、数ヵ月後の自分がこんなことになっているとは思ってもいません
でした。
人生、数ヵ月後は分からないということですね(大げさすぎ?)

場所は、玉川田園調布にある『rizble(リブレ)』という美しいギャラリー。
けやきガーデン1階にある“上野万梨子さんの食のギャラリー”で、すぐ近くにはパン屋さんの
『ビゴ』があります。
http://www.rizble.jp/galerierizble.html

今回のテーマは“WA−fumi”。
食卓を和やかに囲んで、調和のあるくらしを大事にしましょう、と、「和」に関するステキなお話
がたくさん♪
「混ぜる」と「和える(あえる)」の違いなんて、今まであまり考えてみませんでした。
何かと何かを「和える」ことによって、その2つのものからさらに別の新しいものがうまれる・・・
なんだか、とってもお料理したくなりますね(気持ちだけはネ、笑)
私が下手な文章で書いてしまってイメージ違いだと困るので(笑)こちらをご覧ください。
http://www.uenomariko.com/wafumi/001.shtml

日本の調味料、食材を使いながらも和食に仕立てるのではなく、あくまでもフランスで手に入る
食材をメインとしてフランス人が作りたくなり食べたくなるお料理の数々です。

どうぞ、ご覧になって〜♪
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(左)うなぎの蒲焼きとピペラドの蒸し寿司
(中)鯛のアーモンド寿司とスモークサーモンとワカメの香草薬味寿司
(右)タブーレ スズキのエスカベーシュのせ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(左)ルッコラ蕎麦 鴨のマグレブのロースト添え
(中)プリンスメロンと生姜のコンフィの味醂カクテル
(右)羊羹マンディアン
何がおいしかったって、ぜんぶぜんぶぜーーーーんぶ、めちゃくちゃおいしかったのです。

ただ、寿司飯はお米の炊き加減(固さ)と味付けが難しいらしい。
私以外の方々は
「やっぱり固めに炊かなきゃね」とか「オイル入れるのっていいアイデアね」とか。。。
その会話にまったく入れず(涙)
だって、家でお寿司なんてめったに作らないんだも〜ん。
そして、スムール(クスクス)も戻し方と蒸すことが重要らしい。
やはり私以外の方々は
「あ〜、蒸すといいんですね」とか「ラップしてなんとかしてだけじゃダメね」とか。。。
再び、その会話に入れず(涙)
だって、クスクスはいつもフランスで食べるんだも〜ん。
ルッコラ蕎麦は、鴨のマグレブのローストをどうするか?
と考えた結果、スズキのエスカベッシュを乗せないタブーレに挑戦することにしました。
みなさん、数日後のブログを楽しみに待っててね〜ん♪
フランス人形のようにかわいい万梨子先生の真横の席をぶんどり、オーラを全身に浴びられて、
しあわせ満開の1日でした。
フードソムリエさん、今日ご一緒してくださったみなさま、ありがとうございました。

2009/6/23

夜の大学  
退院3日目にして、夜の外出。
ご心配いただいているのに、すみません(笑)

慶応義塾では、卒業25年目と50年目に卒業式に招待してもらえ、私たちは2011年3月。
そのときに全学部の大同窓会があり、それに向けて(?)学部別同窓会というのが今年の10月
にあるのです。
そして、今日は商学部の同窓会の幹事会。
1986年に商学部を卒業したのは1068名、そのうち女子はなんと38名!!
これを話すと、必ず言われるのが「さぞ、もてたでしょう?」
ところがどっこい。。。
数ではないのです!!
どんなに少なくても可愛くなければもてません、逆にどんなに大勢いても可愛ければもてます。
これが大学4年間で、身をもって知ったことです。
飲み会で均等に払わなくていいことだけは、数に関係しているかも〜(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

2009/6/23

パリの空気が届くかしらん?  
自転車に乗れなかった私、手術から2週間しか経っていないとは言え、かなりのショック。

「そうだ!ラパンさんのブログを見て、パリ気分に浸ろう」と、開いてみたら。。。
なんと、私がご紹介したお店が載っているではありませんか?
しかも、私のことを心配してくれて、とっても温かいメッセージまで載せてくれているのです。
http://lapinparis.exblog.jp/11805036/
あ〜ん、泣かせないで、ラパンさん。
最近弱っているから、親切にされるとすぐにウルウルしてしまいます。
と言ったら「えっ?誰が弱っているの?」と突っ込まれそう(笑)

ラパンさんも書かれているように、とても大切で大好きなパリの友人・MikaさんとKumiさんが
4月に連れて行ってくれたお店なのです。
8号線のBALARDという駅近くにあるので、中心部から少し離れているけど大人気みたい。
だって、すっごくおいしくてボリューミーなんだもの(今のところ、パリで一番好き♪)
待ち合わせのハプニングがあったのもいい思い出で、あぁ、早く行きたいな〜!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

パリに行く予定のある方、パリに行きたい気持ちだけはあるけど予定はない方、
ラパンさんの『40 ans a Paris § 40からのパリ日記』でパリの空気を感じてみてはいかがでしょう。
初夏の空の写真なんて・・・見ているだけでウットリです♪
(断りもなく紹介していて、ラパンさん、ごめんなさい)
http://lapinparis.exblog.jp/

2009/6/23

自転車に乗りたい  
今日の東京はお昼前から暑いくらいの快晴♪
梅雨の合間の貴重なお天気ですね〜。
入院していたときには、お天気があまり気にならなかったのですが(外に出られないから気に
しないようにしていたのかも?)、やっぱり晴れの日って気持ちいい〜。

さっそく自転車に乗ってご近所をフラフラしようと思ったら。。。
左手の振動が腕に伝わってきて、「ギャ〜!!!」
マンションの敷地内を半周したところでももう限界(涙)
まさか、自転車に乗れないなんて・・・かなりのショック。

やむなく歩いてのお散歩に変更。
手術前の一時帰宅中の日曜日に夫と行った用賀のパン屋さんまで行こうと思ったのですが、
道がわからない!?
そんなバカな・・・ですが、いつもいつも自転車なので、歩いているとどこを曲がればいいのか
わからなくなっていたのです。
これって入院ボケ?

自転車だと10分かからずにいけるパン屋さんに40分以上も歩いてしまい、気持ちいいはずの
お散歩が汗だくとなった午後でした。
クリックすると元のサイズで表示します
クロワッサンとパン・オ・ショコラとミルク・フランスとあんぱん(笑)
どこのパン屋さんに行っても、だいたいいつも買うのはこの4種です♪

2009/6/22

できることと、できないこと  
自宅での生活、2日目。
思っていた以上に普通に生活しています♪
そして、思っていた以上にリハビリができていません(単にさぼっているだけ?)。
きっと、主治医のお医者さまやナースの方たちに「私、こんなに頑張っているの♪」というところを
見せようと張り切っていたのでしょう。
まったく、こそくですわ。。。ね(笑)

できたこと。
包丁を使って野菜程度の食材を切る(左手で、その食材を押さえられる)
調味料などの蓋をあける(左手で、その瓶なりポトルなりを押さえられる)
洗濯物をハンガーに干す(両手を使わないとできないものなんです)
夜ゴハンの後に、おやつを食べなかった(笑)

できなかったこと。
塩もみしたきゅうりを水ですすいだあと、その水気を絞る(具体的すぎ?)
 →両手の力がないと、右手だけではうまく絞れないと知りました。
洗濯物の洗濯じわをのばすために、パンパ〜ンと洗濯物を振る(わかりますか?)
 →手の振動が腕にどんどん伝わってきて、左腕がキューといいます(涙)
規則正しい生活
 →2日目にして、この時間にパソコンを開いています(笑)

はぁ?と思われるでしょうが、左腕が痛いと左手に力が入りません。
そうすると右手で何かをするにも、それを支えて(押さえて)くれる左手の力がないのです。
金曜日まで、ペットボトルの蓋すらあけられなかったのです!

そして、おやつもグッと我慢しています。
入院中のあの数々の豪華絢爛なおやつ。。。
「もう差し入れはいいから」と言っていたあの頃に戻りたいよ〜、今ならOKよ〜ん(笑)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
『糖朝』のフルーツ入り杏仁豆腐とあずき入りココナッツミルク♪
マンゴープリンもあったけど気が付いたら食べ終わっていました。
ちなみにコーヒーフレッシュみたいなのが一つ付いていたのですが、3つのうち、どれにかければ
よかったのでしょうね?
そして『BEL AMER』のプティショコラセット。
一口サイズなので、4口で食べられちゃいます(笑)
もっともっと全部携帯で写真を撮っておけばよかった。。。
ほかにもたくさんの差し入れをしてくださって、ありがとうございました♪


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ