2010/4/30

焼き立てクロワッサン  
同じコンドミニアムのMayukoちゃんが、焼き立てのクロワッサンを持ってきてくれました。
Mayukoちゃんが習っているスペイン・地中海料理の先生のサイトで冷凍のクロワッサンを買って、それをお家で焼いたんですって。
     クリックすると元のサイズで表示します
焼き立てのクロワッサンは、バターの香りタップリでサクサクで、でも軽くて、すーっごくおいしい♪
抗がん剤治療が終わってから今までの数ヶ月間、朝のヴェノワズリーと夜寝る前のアイスクリーム禁止令を自分に課していたのに、あっという間に解禁!!
私の辞書には「意思の強さ」「我慢」「忍耐」という文字はないみたい。。。

2010/4/28

ステキな生徒さん・CATherina  
フードプロセッサーは壊れたものの(壊した?)、毎日ステキな愉快な生徒さんたちがいらしてくださって、とっても楽しいレッスンの日々。
苗字がカタカナの方(ご主人さまが外国人)や、ご本人のお名前がカタカナの方も多くなり、私の頭の上を通り越しながら英語がとびかっています。
今日は、シンガポールで17年間お料理教室をされ、テレビやラジオのお料理番組も担当されていたマレー系チャイニーズのCATherinaさんが前回に引き続きご参加くださいました。
『CULINARY HOBBY CLASS』http://www.culinary.com.sgというお料理教室を主宰されていて、20人も入れる自宅のキッチンスタジオで、ローカルフードやニョニャ料理などいろいろなジャンルのお料理を教えていらっしゃるそうです。
近々遊びに行かせてもらう予定で、楽しみだわ〜。
      クリックすると元のサイズで表示します
シルパンを使って焼きあげたタルト生地は、裏面がまるでプロのような仕上がり〜♪
と、私がいつも話しているので、シンガポールでもシルパン愛好者が増えています!
      クリックすると元のサイズで表示します
レモンを何個も絞って作るクレーム・シトロンは、すごく甘酸っぱくてキュン☆となる感じ。
何にでもゼラチンを使う傾向にあるシンガポールですが、このクレーム・シトロンは、ゼラチンを使わないでバターの力で固めるフレンチ・スタイルで作っています。
余り生地でアプリコットやグリオットを入れたタルトレットを作って、ティータイムの試食用に。
      クリックすると元のサイズで表示します
でも、メインはやっぱりアニョー・パスカルよん♪
スフレンハイムまで型を買いに行った話しからはじまり、「絶対に割らないでよ!!」というプレッシャーの中、ビスキュイ生地を作ってフワフワ・アニョーを焼いています。
粉砂糖をふりかけて、首にリボンを結んだら、ハイ!できあがり。
シンガポール初お目見え(のはず)のアニョー・パスカル、この国でも愛されてほしいな☆

2010/4/27

ひぇ〜!フードプロセッサーが!!  
私のケーキ教室の3種の神器。
それは、フードプロセッサー、DEMARLEのシルパン、DEHILLERINのカード。
その、大事な大事なフードプロセッサーが。。。!!

昨夜の深夜のこと、フードプロセッサーを洗っていたら、刃のついている芯の部分が容器の真ん中じゃないところに入りこんでしまったのです。
     クリックすると元のサイズで表示します
慌てて抜こうとしたんだけど、刃で手を切りそうで、怖々としか手を突っ込めなくて、だからなかなか抜けないの。
これじゃあ困ったわと、容器を抱きかかえて芯を思いっきり回してみたら。。。
ガリガリッ!!!
えっ?何が起こったの?
     クリックすると元のサイズで表示します
おそるおそる見てみたら、ひ、ひ、ひぇ〜!
なんと、刃が容器に食い込んでいるではありませんかっ!!!
しかも食い込んだまま、どう引っ張ってもまったく動く気配なし。
こんなことが起こるなんて、もう信じられない。。。レッスンどうしよう?
今回はタルト生地を作るのになくてはならないフードプロセッサーなのに、まさか手で作るなんて?
     クリックすると元のサイズで表示します
そして今日の朝10時前、高島屋の前で仁王立ちになって開店を待っていたのは私です。
朝っぱらからこんな写真を撮っているなんて。。。トホホ。。。
10時の開店とともにエスカレーターを5階まで駆け上り、ベスト電器一番乗り〜。
飛び込んできた私にベスト電器の店員さんも、びっくり。
不幸中の幸い(?)で、まったく同じブラウンのフードプロセッサーがあったので、袋にも入れてもらわず箱を抱えてうちまで走ったのでした。
一緒に走ってくれた洋子さん、ありがとう♪
それにしても、あぁ、189s$。。。
容器と芯はきっと取り寄せしてもらえるはずだから、どなたか下取りしてくれないかしらん?
半額くらいで、どうでしょう?(笑)

2010/4/26

ヨガ入門  
何を思ったか、NgeeAnnCityのピュア・ヨガに入会しちゃった。
先月末に日本に帰任しちゃった孝子ちゃんが「いいですよー☆」って教えてくれたのを突然思い出して、まるで衝動買いのような衝動入会!
孝子ちゃんの紹介ということで(?)入会金が免除されて、なんだかよくわからないけどラッキー。
しかも、日本に戻っている間はフリーズしてもらえるらしい。
月会費が決まっていて何回クラスに参加してもいいので、明日から早速行かなくっちゃ〜。
       クリックすると元のサイズで表示します
明日からヨガでスッキリするはずだから、今日はケーキを食べてもいいよね?ということで、今晩のおやつは『CANELE』のイチゴのショーケーキ(笑)
酸味の強いイチゴだけど、クリームが甘いから、これはこれでありかも。
。。。なんだけど、あ〜、『千疋屋』のイチゴのショートケーキが食べたいよ〜!!
夢にまで出てきそう、せめて夢の中でもいいから食べたい。

2010/4/25

午後はDempseyへ  
午後はDempseyへ。
やっぱりDempseyはヨーロピアンな雰囲気があって、なんとなくウキウキ気分になるのです。
まずは『jones』でお茶。
     クリックすると元のサイズで表示します
お気に入りのショートケーキがなくて、あれはマンダリン・ギャラリーのお店限定なのかしらん?
今日はたっぷりのブルーベリーがのっているタルトとフレンチアールグレーでまったりいい気分♪
おとなりのテーブルのお客さんが飲んでいらしたビールがおいしそう!というので、あとで買おうと店内に入ったら、なんと1瓶58s$!?
夫と2人顔を見合わせて「ひえ〜〜〜。。。」、もちろん断念です。

続いてマンゴスティンクラブの3月号に“ヨーロピアンスタイルのグルメな精肉店”と紹介されていた『Huber's Butchery&Bistro』へ。
     クリックすると元のサイズで表示します
確かにお客さんは白人男性が圧倒的に多くて、白人家庭ではお肉を選ぶのは男性の役目なのかしら?それともただ単に単身者なのかしら?
大好きな七面鳥や仔牛肉も並んでいて、必要量を買えるのもとっても嬉しいわん♪
そしてお肉ばかり見ていたら突然とんかつが食べたくなり、豚フィレ肉をスライスしてもらうことに。
「これくらいの厚さにカットして」と人差し指と親指で1cmくらいにして見せたら「これくらい?」とカットしてくれ。。。ると思いきや、切り目を入れただけ。
「んんん?」
じーっと見ていると、フィレ肉は2cm厚さにカットされていて1cmのところに切れ目が入り、その切れ目のところで蝶々の羽みたいに手で広げていました。
「なぜ?なぜ?」
少しでも大きく見せたかったのかしら?それともこれがヨーロピアンスタイルなのかしら?
     クリックすると元のサイズで表示します
中央がちょっと盛り上がって分厚くなっているのは、その切れ目のつながっている部分なのです。
久しぶりに作ったとんかつ、カラッと揚がってやわらかくてすごくおいし〜い♪♪相変わらず自画自賛ですが。。。(笑)

『jones The Grocer』
Blk9#01−12 Dempsey Rd. TEL 6476*1512

『Hubers Butchery&Bistro』
Blk18A#01−01 Dempsey Rd. TEL 6737*1588

2010/4/25

サンデーブランチ  
今日の午前中はピーカン晴れの、とってもいいお天気でした☆
こんないいお天気の日曜日は、きっと家族そろってブランチに行ったりするのでしょう。
。。。が、夫は朝早くからゴルフに行って、ひとり残された私。
今日に限ったことではありません、土日はすべてゴルフの予定が入っている(いえ、予定を入れている)夫、ふたり一緒にブランチなんて絶対にありえないのだ。

そして私は、同じコンドのNorikoさんに迷惑を省みず電話をしてみたら「一緒にプールサイドで食べましょう♪」と嬉しいお返事。
ううう、ありがとう!!
     クリックすると元のサイズで表示します
私は常備している『Cedele』のクルミとレーズン入りのホールミールブレッド、『LeBonMarche』で買ったブルターニューのバター、そしてパイナップルを持参。
Norikoさんは、わずかな時間で水菜と海老とたけのこのサラダを作ってくれ、アップルティーをポットに入れて降りてきてくださいました。
そして、花柄のテーブルクロスも!
この1枚のおかげで、とってもステキなブランチのテーブルに♪
日差しが強くて左腕がジリジリと焼けていっているのがわかるほど(笑)でも、本当に楽しい1時間半のブランチ・タイムでした。

2010/4/25

大好きな「MIN JIANG」  
シンガポールはこんなに蒸し暑いのに建物の中は冷房がガンガンに効いていて、とっても寒いのです。
だから、なるべくテラス席のあるお店を選んでいる私。
そして車で行くとお酒が飲めないので、なるべく歩いて行けるお店に行きたい夫。
そんな我が家の御用達のお店はグッドウッドパークホテル内の「MIN JIANG」。
もちろんプールサイドのテラス席をお願いします。
メインは四川料理らしいのですが、洗練された広東料理や北京料理も食べられるおしゃれでステキなお店です。
     クリックすると元のサイズで表示します
前菜は薄切り豚肉とキュウリのピリ辛風味。
ビールがどんどんすすむらしいですが、情けない私はドライ・ジンジャーエールです。
     クリックすると元のサイズで表示します
必ず頼むプリプリ海老のマヨネーズソース。
マンゴー、パパイヤ、ロックメロン、ライチなどたくさんのトロピカルフルーツと一緒に和えてあって、しつこくならない爽やかなお味。
そして、大ヒットだったのが“WaWaKai”という野菜とホワイトアスパラのあんかけ。
白菜と青梗菜のいいところを取ったような野菜“WaWaKai”がすごくおいしくて、一体これは何
なのでしょう?
     クリックすると元のサイズで表示します
しめは、シーフードがいっぱい入ったMianXianという細い麺のXO醤炒め。
天井の扇風機が心地いい風を運んでくれて、う〜ん、しあわせな夜ごはん♪

2010/4/23

すごい!エッグアート!  
今日はマンゴスティンクラブのケーキ教室の初日。
ドキドキしながら準備をしていたら、同じコンドミニアムのnorikoさんがちょっと早めにいらして、こんなステキなプレゼントを持ってきてくださいました。
     クリックすると元のサイズで表示します
エッグアートやクレイアートのお教室をされているnorikoさんが、今日のために作ってくださったのです。
そして、よーーーく見てください。
卵の殻の中にいるのは。。。アニョー・パスカルじゃありませんか〜♪
す、す、すごい。。。すごすぎる。。。
さらに近寄ってお見せしましょう。
     クリックすると元のサイズで表示します
ねっ?
アニョー・パスカルくんとうさぎちゃんが寄り添って卵の殻の中に鎮座しています。
うわ〜、こんなアニョー・パスカルを持っているのは世界中で私だけ〜♪
本当にありがとうございます。

そして、初日のレッスンがうまくいったかどうかって?
まぁ、いろいろとありました、不可抗力な出来事もありました。
明日からは。。。きっと大丈夫よん。

2010/4/22

Asia Pastry Cup  
今回もHall4の奥のステージで「Asia Pastry Cup」が開催されていました。
2年前はクープ・デュ・モンドの予選会みたいになっていて、選手団も応援団もめちゃくちゃ白熱していました。
目白『エーグル・ドゥース』の寺井シェフがいらしていたり、クープ・デュ・モンドの大会委員と思われるフランス人シェフもたくさんいらしていて、私なんて3日間まるまる見ちゃったもんね・・・時間が有り余っていたんだなぁ。

今日はチョコレート細工と飴細工の予選会?で、ちょうどシンガポールチームのチョコレート細工ができあがったときだったみたい。
観客たちだけでなく、シェフたちも写真を撮る!撮る!
     クリックすると元のサイズで表示します
とその時、絶対にどこかで会ったことのあるシェフが会場をスーッと横切り。。。
「誰だっけ?どこで会ったんだっけ?本や雑誌で見ただけじゃないはず」
しばし考えて。。。あああっ!!
『ピエール・エルメ』でスタジエさせてもらっていたときに、ものすごく親切にしてくれたシェフだ!!
フレデリックだっけ?セバスチャンだっけ?(ずいぶん違う?)
『ピエール・エルメ』のあと、『ル・コルドン・ブルー』の先生になっていて、5年くらい前に単発レッスンに参加したときにもお会いしたのだ。
なぜシンガポールにいるんだろう?
声かけたいけれど、絶対に覚えられていないだろうし、しかも予選会の会場だし、あれこれ思っているうちに終わってしまいました。
せめて、シェフの名前だけでも思い出したい。

2010/4/22

FHA2010  
Singapore Expoで20日から開催されているFHA(Food & Hotel Asia)の招待券をいただいたので、レッスン初日の前日だというのに行ってきました。
2年前のFHA2008に行ったときには、「次は2年後だから、このフードショーにはきっともう来ることないだろうな」と思っていたのですが。。。あれから2年なんだわ。。。
     クリックすると元のサイズで表示します
広い広い会場で、日本のファベックスというよりはフーデックスみたいな感じです。
でも、こんな広い会場で回りきれないくらいのブースが出展しているのに、私が行くのは2年前も今も一緒でHall4(Bakery&Pastryのホール)です。
     クリックすると元のサイズで表示します
まずは『DEMARLE』に行って、日本代表の上村さんにご挨拶。
フランス語だけでなく英語も堪能でいらっしゃる上村さん、スタッフからもお客さんからも引っ張りだこの中、DEMARLEを使ったレシピ集のDVDをくださいました。
いつもありがとうございます♪
     クリックすると元のサイズで表示します
そして『VALRHONA』では、キャラメル風味のクーベルチュールや産地別グラン・クリュのタブレットをむしゃむしゃと試食。
。。。ですが、今回一番楽しかったのはHall9の「FRANCE PAVILIONS」。
バターや生クリームなどの乳製品、フルーツの缶詰やピュレ、クーベルチュールチョコレートにマロン、そしてブルターニュ地方のキャラメルやガレットなどなど。
商談などできもしないのに、それらしく装って(?)これまた片っぱしから試食(笑)
あ〜、しあわせだったわん♪
しかも、それらをシンガポールで買いたかったら『Le Bon Marche』のステファンに頼んでと彼の名刺を渡されて、ビックリ!
そう、私の大の仲良しシェリーとステファンのお店です。
さすが〜!シンガポールにフランスのおいしいものを届けたいといつも言っているものね。
     クリックすると元のサイズで表示します
ご興味ある方、明日までやっていますよー。
http://www.foodnhotelasia.com/
次回シンガポールで開催されるのは2012年、はたして私はいるのでしょうか?


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ