2010/4/11

コラボ・レッスン〜パンとワインとブルサンと♪〜  
続いては、ブルサンを使ったとっても簡単でとっても華やかな一品。
フードソムリエさんから「ブルサンを使ったおいしいレシピを、お教室の生徒さんたちに提案してあげてください」と、たくさんのブルサンをご提供いただきました。
なんて嬉しい〜、ありがとうございました。

ブルサンは1963年、フランス・ノルマンディー地方で誕生しました。
かつてフランスの農家では、作りたてのフレッシュチーズに新鮮なハーブやガーリック、塩、胡椒を加えてクリーミーで風味豊かな自家製チーズを作って楽しんでいました。
この製法をヒントに、フランソワ・ブルサン氏が独自の製法で『ブルサン ガーリック&ハーブ』を作り上げ、40数年経った今でも変わることなく伝え続けられているメッセージ「パンとワインとブルサンと」で、世界35ヵ国以上のグルメに愛され続けています。

。。。が、お菓子しか作れない私。。。ペッパー風味やガーリック風味やエシャロット風味のチーズをどうすればいいのやら???
ケーク・サレ?スコーン?
うーーーむ。。。
それで、今回のコラボ・レッスンで、美奈ちゃんにお願いしてレシピを作ってもらいました。
    クリックすると元のサイズで表示します
ブルサンを一口サイズに丸めて〜
    クリックすると元のサイズで表示します
中に詰め物をして〜
    クリックすると元のサイズで表示します
生ハムで包んだらできあがり〜
こんなに簡単でおいしくていいの?っていうくらい、おもてなしにピッタリのステキな一品です。
さすが美奈ちゃん!こんなウマウマなレシピを教えてくれて、ありがとね♪
アンケートにご協力くださったみなさまも、ありがとうございました。
さぁ、合言葉は「パンとワインとブルサンと」!

2010/4/11

コラボ・レッスン〜シシリア風ピッツァ〜  
8日からはじまった美奈ちゃんとの「おしゃデリ」コラボ・レッスン。
今日の夜の部で、全6回とも大きなアクシデントもなく(ホッ☆)ピッツァも上手にやけ、無事に終了いたしました。
http://sweets-lotus.petit.cc/banana/20100411010003.html
ご参加くださった60名のみなさま、本当にありがとうございました。
毎日ブログにアップしたかったのですが、その日の片付けをして、翌日の準備をして、おみやげのお菓子のラッピングをして。。。で、もう精一杯でした。

金曜日と土曜日は写真をたくさん撮っていたので、今さらですがドドーンとアップしちゃいま〜す。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
最初は美奈ちゃんの説明をフムフムと聞きながら、さぁ!ピッツァの生地作りに挑戦です。
毎回10人のご参加だったので、1人10回こねて合計100回。
パン作りが得意な方はやっぱり上手!はじめての経験の方は「えっ!こんなにかたいんですか?」
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
こね終わったらひとまとめにして発酵させます。
初日、気を利かせてオーブンの温度を250℃に余熱しておいたら、高温になりすぎて発酵機能が作動せず。。。
余計なことをしてしまった私、ガックリです(でも、上手に膨らみました)。
発酵昨日がないオーブンは、高温に余熱しておいたオーブンに入れるだけでもいいみたいです。
今回は大きなサイズのものでなく、直径12cmくらいのものをお1人分ずつ作ってもらいました。
麺棒を使わないで、手の平で丸く伸ばしていきますが、楕円の方も多かった!?
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ソテーした新玉ねぎがとっても甘くて、それだけでもすでにおいしそう♪
みじん切りにしたケッパー、アンチョビ、ドライトマトなどと一緒にピッツァ生地の上にたっぷりとのせます。
オリーブも散らして、オーブンに入れて、あっという間に試食タイム。
       クリックすると元のサイズで表示します
みなさん、本当に上手に焼けました♪
とっても簡単(に見えた?)なので、ぜひお家でも作ってみてくださいね〜♪♪


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ