2010/4/28

ステキな生徒さん・CATherina  
フードプロセッサーは壊れたものの(壊した?)、毎日ステキな愉快な生徒さんたちがいらしてくださって、とっても楽しいレッスンの日々。
苗字がカタカナの方(ご主人さまが外国人)や、ご本人のお名前がカタカナの方も多くなり、私の頭の上を通り越しながら英語がとびかっています。
今日は、シンガポールで17年間お料理教室をされ、テレビやラジオのお料理番組も担当されていたマレー系チャイニーズのCATherinaさんが前回に引き続きご参加くださいました。
『CULINARY HOBBY CLASS』http://www.culinary.com.sgというお料理教室を主宰されていて、20人も入れる自宅のキッチンスタジオで、ローカルフードやニョニャ料理などいろいろなジャンルのお料理を教えていらっしゃるそうです。
近々遊びに行かせてもらう予定で、楽しみだわ〜。
      クリックすると元のサイズで表示します
シルパンを使って焼きあげたタルト生地は、裏面がまるでプロのような仕上がり〜♪
と、私がいつも話しているので、シンガポールでもシルパン愛好者が増えています!
      クリックすると元のサイズで表示します
レモンを何個も絞って作るクレーム・シトロンは、すごく甘酸っぱくてキュン☆となる感じ。
何にでもゼラチンを使う傾向にあるシンガポールですが、このクレーム・シトロンは、ゼラチンを使わないでバターの力で固めるフレンチ・スタイルで作っています。
余り生地でアプリコットやグリオットを入れたタルトレットを作って、ティータイムの試食用に。
      クリックすると元のサイズで表示します
でも、メインはやっぱりアニョー・パスカルよん♪
スフレンハイムまで型を買いに行った話しからはじまり、「絶対に割らないでよ!!」というプレッシャーの中、ビスキュイ生地を作ってフワフワ・アニョーを焼いています。
粉砂糖をふりかけて、首にリボンを結んだら、ハイ!できあがり。
シンガポール初お目見え(のはず)のアニョー・パスカル、この国でも愛されてほしいな☆



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ