2010/5/31

今年の小池さんの甘夏♪  
届きました〜!!
レッスン用に無理なお願いをして収穫してもらった、今年の小池さんちの甘夏ミカンです。
     クリックすると元のサイズで表示します
箱を開けると。。。う〜ん、いい香り☆
実がしっかりしていて、ジューシーで、甘さと酸味のバランスがよくて、とってもおいしいのです。
さぁ、明日から2週間ほぼノンストップのお菓子教室、がんばろう!!
いらしてくださるみなさま、楽しみにお待ちしていますネ。

2010/5/31

さくらんぼのブローチ  
明日からのレッスン用のお花を買いに、いつもの『Tiny N』へ。
「ジューンベリーという名前もお菓子教室にぴったりでしょう?」と赤い実のついた枝ものをすすめられ、「ジョウロに入れて飾ってもステキよ」と言われたので、一瞬迷ったものの購入。
。。。が、家に戻ってきて、お店にあったようなブロキのジョウロなんて持っていなかったことに気がつき(涙)しかも、センスのない私には枝ものを飾るなんてとっても難しく、ぜんぜんステキでないことになっています。
はぁ〜。。。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ついでに、久しぶりにお隣の『Lisette』にも寄ってみました。
ちょうど“さくらんぼフェア”をやっていて、こんなかわいいブローチを見つけました♪
6月はさくらんぼの季節ですものね〜。
さくらんぼを見るとクラフティを作りたくなっちゃうのは、私だけではないですよね?

2010/5/30

ブルターニュのお菓子・Far breton  
フランス・ブルターニュ地方の伝統菓子、ファーブルトン。
もともとは教会のお祭りのある日曜日に作られていたお菓子らしく、フランの原形と言われています。
フランとファーブルトン、なんとなく似たようなお菓子なのですが、大きな違いはフランは温めた牛乳を入れるのに対して、ファーブルトンは冷たい牛乳を加えることです。
Far(ファール)とはお粥の意味なので、むかしは小麦粉を牛乳で煮てお粥状態にしていたのかもしれませんね。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、キブロンにある『Maison Riguidel(メゾン・リギデル)』。
ブルターニュ菓子専門店と言ってもいいほどのブルターニュ地方の伝統菓子オンパレードのお店で、もう、嬉しいったらありません☆
1ホールで9€、1/2カットで4.5€、1/4カット2.25€と書いてあります。
これとクイニーアマンをほおばりながら、キブロンの海岸を散歩したわ〜♪♪
       クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、カンペールの土曜の朝のマルシェで見つけたファーブルトン。
「これくらい頂戴」と手で欲しいサイズを作って見せて、切り分けてもらいました。

日本だと小さな一人用サイズで焼いているお店が多いのですが、ブルターニュでは大きく焼いて切り分けるスタイルがほとんど。
本音を言えば、小さく焼く方がまわりのキヤラメリゼの部分も多くなって、私は好き☆
でも、レッスンでは本場っぽく大きく焼きます。
     クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、私の試作品。
プラムを入れすぎ?だけど、もちもちした食感と優しいふんわりしたお味で、やっぱりフランス地方菓子ならではの温かさがあります。
とにかく混ぜるだけなので、とっても簡単!!
いよいよあさってからだわ。。。あ〜、またいつものドキドキです。

2010/5/28

甘夏いっぱい♪アマナツウィッチとジューシーケイク  
6月1日から2週間限定の<初夏のレッスン>。
この時期は、なんと言っても“小池さんちの甘夏”ですよね。
知りあってから4年目になりますが、毎年毎年それはそれはとびっきりの無農薬の甘夏ミカンを送ってくれます。
ありがとう!小池さん!

ぎりぎりに届けてもらうので、それまでは近所で買った甘夏ミカンで試作の毎日。
     クリックすると元のサイズで表示します
甘夏ミカンの皮は紅茶と一緒に煮て、コンフィチュールにします。
それをホイップしたバターに混ぜたら爽やかな甘夏クリームのできあがり♪
サクサクのサブレの間にサンドして、レーズンウィッチならぬアマナツウィッチに仕立てます。
     クリックすると元のサイズで表示します
甘夏の果肉はそのまま食べたい・・・のですが、それではケーキ教室になりません(笑)
それで、去年ご試食でお出ししたら好評だった、フレッシュな実をそのまま生地に混ぜ込んで冷やして食べる甘夏のジューシーケイクを作ります。
夏にピッタリ!なのよん。
     クリックすると元のサイズで表示します
甘夏尽くしにする予定だったのですが、欲張ってもう一品。
フランスはブルターニュ地方のお菓子・ファーブルトンも作ります。
ファーはお粥という意味ですが、お粥っぽい?食感じゃなくて(フランス人にとってのお粥はこんな感じなのかしら?)ういろうみたいな感じ?
モチモチ好きにはたまらないかも〜☆

おかげさまで、全日10名いっぱいになっています。
お申し込みくださたみなさま、ありがとうございます♪
今回は(今回も?)簡単なお菓子ばかりですが、甘夏ミカンの爽やかな香りに包まれて一緒に楽しくお菓子を作りましょう。

☆持ち物→エプロン、ハンドタオル、お持ち帰り用の袋(型も保冷剤も必要ないです)

2010/5/27

赤ずきんちゃん  
こんなにかわいいバッグを見つけちゃった♪
「赤ずきんちゃん」です。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
一点一点手作りです。
しかも、うしろにはちゃんとオオカミもいます。
すごすぎる。。。
「ブレーメンの音楽隊」や「不思議の国のアリス」もいました。
さすがにこんなかわいいバッグを持って外出できないので(一応は歳を考える)、家の中で使います!?
シンガポールにいると物欲がまったくおこらないのに、日本に戻ってくると欲しいものがいっぱいだよ〜ん☆

2010/5/26

5月のお茶のお稽古  
私が日本にいるタイミングに合わせて、すみこ先生にお稽古していただいているお茶。
今日は、前回のイースター茶会から1ヵ月半ぶりの5月のお稽古でした。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
5月なので、百合の花のモチーフのものがあしらわれていて、水差しやお茶碗もガラスになっています。
さりげない季節感の演出が、日本的でとてもステキです。
。。。が、ステキに付いていけない、できの悪い生徒2人。
「今日は盆略点前を極めたいです!」
実際には柄杓の使い方がわからなくて、前回のお稽古でナナさんも私も頭の中が真っ白になっちゃったの〜。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
まっ、とりあえずは楽しみのお菓子。
主菓子は“のどごし一番”「たねや」の本生水羊羹、口どけがよすぎます♪
干菓子は 京の洛北「貴船川」のきらめきを、白・ピンク・青の三色干琥珀に表現したという「俵屋吉富」のゼリーのようなお菓子と、美しいアイシングのシナモンクッキー。
アイシングを見ると、先週のことを思い出してブルブルっと震えてしまう私(笑)
     クリックすると元のサイズで表示します
さぁ、そしてこれがお茶を点てている私の姿、真剣そのものです。
今日でなんとか盆略点前はマスターできたような気分♪
そもそもお茶を習い始めたきっかけは、フランス各地で買い集めてきたカフェオレボウルと私のお菓子の“シトロン風茶道”で、パリジェンヌの友人たちをおもてなししたかったからなのです。
今年の夏休み、フランスでこの腕前をご披露できるかな?

2010/5/25

『TWG Tea』日本にオープン  
シンガポールではおなじみのお紅茶屋さん&サロン・ド・テ『TWG Tea』。
最近ディーン・アンド・デルーカでも買えるようになっちゃって、重宝していたシンガポール土産がひとつ減っちゃったじゃない。。。と内心思っていたら。。。
なんと今日、自由が丘に『TWG Tea』の日本1号店がオープンしたのです〜。
(1号店ということは、次々にオープンするのかしら?)

昨日はそのオープニング・パーティー。
本来ならまったく関係のない私ですが、持つべきものは人脈の広い友です♪
Mayaさんにご招待状が届いたのですが、「とてもそのために日本には行けないわ」ということで、まったく役に立たないのに代理として参加させていただきました。
ありがとう!Mayaさん!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
シンガポールのお店と同じく、ずらずらずら〜っと並んだ紅茶の缶、260種類以上あるそうです。
どれが自分好みなのか迷ったら、ティースペシャリストの方が説明しながら一緒に選んでくださいます。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、昨日のオープニング・パーティーでいただきました。
キッシュや一口サイズのケーキ、抹茶のフイナンシェとともに紅茶のカクテルも♪
おかげでお昼間から真っ赤な顔でしたが、その後立ち寄った富澤商店では「あら?シンガポール焼けですか?」
      クリックすると元のサイズで表示します
Mayaさんの友人の、とってもステキなPRの方にもお会いできました。
「シンガポールのお店とそっくりですね」と言う私に、
「それぞれのお店に、それぞれのコンセプトがあるんですよ」とのこと。
「自由が丘のお店は、いろいろなところから集めた絵画を飾っています。
その、ひとつひとつの絵画を愛でるように、一杯一杯のお茶を愛でていただきたいのです。
また、絵画をいろいろなところから集めたように、お茶もいろいろなところから選りすぐっています。
それらすべてを楽しんでくださいね」
うーーーん、素晴らしい♪
そっくりと言ってしまった私は、なんてマヌケなの。。。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
そして、今日はお天気がよかったので、散歩しがてら来週からのレッスン用のお茶を買いにまた行ってきました。
そうしたら。。。
ごった返す店内で、来週初めてレッスンにいらしてくださる方や、土曜日の同窓会の幹事でお互いに燃え尽きた(?)大学の同級生みちこちゃんにバッタリ!!
こんな偶然があるんだね〜。
「せっかくだから」と一緒にサロンでお茶。
Voyager’s Teaというフレーバーティーをいただいてきました。
そしてレッスン用に買ったのは、Mistral Tea。
どちらもネーミングが気に入って選んだのですが(笑)ミストラルはレモングラスとオレンジピールがほのかに香る緑茶ベースで、とっても爽やか♪
      クリックすると元のサイズで表示します
お店は、自由が丘駅の南口の真横です!
とってもわかりやすい便利な場所にあるので、待ち合わせにもひと休みにも、もちろんゆっくり過ごすにのにも、ぜひお出かけくださいね☆

『TWG Tea』
目黒区自由が丘1−9−8 TEL03*3718*1588
営業時間 11時〜21時
http://www.TWGTea.com

2010/5/24

おみやげのドラ焼き  
そして、そして、そして〜♪
おみやげに「うさぎや」さんのドラ焼きと小豆がサンドされていない皮をいただいちゃいました☆
皮だけっていうのは非売品なの。
しかも全員に6個ずつ!!よっ、太っ腹!!
     クリックすると元のサイズで表示します
ドラ焼きは、お鮨のあとのデザートに昨日中にペロリとおいしくいただきました。
そして皮だけの方には、バターをホイップしてサンドしてみたら。。。う〜ん、美味☆☆☆
美奈ちゃんはアイスクリームをサンドしたそう、それも絶対によく合うでしょうね。
私もあと残りひとつなので、明日やってみようっと。

2010/5/24

う、う、うまいっ。。。経堂のお鮨屋さん『喜楽』  
忘れもしない衝撃的な「うさぎや」さんとの出会いから2ヶ月が経ち。。。
http://sun.ap.teacup.com/lepetitcitron/966.html#comment
昨日の日曜日、本当にご一緒させていだたけることになったのでした!!
場所は経堂、創業70年の有名なお鮨屋さん『鮨処 喜楽』。
あ〜、こんな嬉しいことがあっていいのでしょうか。。。
私たち女子5人は早目に集合して息を整え(?)「うさぎや」さんご夫妻とアレンジしてくださったスイカさんが待つ店内へいざ〜。
シンガポールナイズされていてボケボケな上に戻ってきてから同窓会ドップリだった私、頭を日本に戻すにはやっぱりお鮨よネ☆
     クリックすると元のサイズで表示します
めずらしく私もクレマン・ド・ブルゴーニュなんぞを飲みながら、まずはおつまみです。
江戸前のタコに、石垣島の茶豆、愛知のあさりのしぐれ煮、ほたて、ホタルイカの酢みそがけ。
そして、いきます!お鮨!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
マコガレイ、春子鯛(かすごだい)の昆布〆、づけ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
トロ、コハダ、初ガツオ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
アオリイカ、鹿児島吾妻町(出水市)の鯵、〆鯖
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
丹後のトリ貝、三重のまだかアワビ、函館のキタムラサキウニ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
唐津の赤ウニ、江戸前穴子、出し巻きとすり身入りカステラの2種の卵焼き
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
炙り金目鯛、わさび巻き、鉄火巻き

まだまだ食べられる感じだったのだけど、意外と食べていたんだわ(笑)
ネタはどれもうなるほどおいしく、でもそれ以上にシャリが大きさ・固さ・温度どれもがバランスよくて、赤酢の酸味が程よくて、もうたまらない〜♪♪
いかにおいしかったかは、美奈ちゃんのこちらのブログをご参照ください。
http://sweets-lotus.petit.cc/banana/20100524094046.html
今まで食べたお鮨の中で一番おいしかったって言っても過言ではないくらい、もう感涙もののお鮨♪♪
絶対に今滞在中にもう一度行こう!あ〜、思い出すだけでもよだれが。。。
     クリックすると元のサイズで表示します
『鮨処 喜楽』
世田谷区経堂1−12−12 TEL03*3429*1344
 お昼  11:30〜14:00
 夜   17:30〜23:00(土日は〜22:30) 
 定休日  水曜日

2010/5/23

ドド〜ンと!127三田会キックオフ同窓会  
昨日、三田キャンパスで「127三田会卒業25年記念事業キックオフ同窓会」が開催されました。
お天気もよく、みんな「暑い!暑い!」と口々に言っていたけれど、シンガポールに比べると爽やかで心地よく、この上ないキックオフ日和♪

我ら商学部幹事チームはお昼過ぎからパラパラと集まって、懇親会の会場となる生協食堂でまずはお昼ゴハン。
おろしロースカツやハンバーグ&鶏唐揚げやカレーライスが300円しないのです!
大学の生協食堂ってこんなに安かったのね?毎日通って食べたい気分(笑)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
去年秋の学部別同窓会のときと同じく、同窓会気分を盛り上げようと会場の設営をがんばる商学部幹事チーム。
若ちゃん&キクミ作成のポスターにをあちこちに飾って、とってもいい感じ。
企画も台本も司会も任されている若ちゃん&くりちゃん、予行演習にも熱がはいります。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
一方、こちらは私もがんばったクッキープロジェクト。
文学部の選ばれし美女たちがブースに付きっきりで売ってくれたおかげで、ありがたいことに250枚完売しました〜。
お買い上げくださった同期のみなさま、本当にありがとうございました。
材料費を除いた売上10万円強を募金に回させていただきます。
ちなみに、生協で見つけたペンマーク入りのキャンディー。。。やはり売り物は本当にきれいにできている!
このクッキーじゃ、まだまだとても勝負できないわね←勝負する気かい!?(笑)
     クリックすると元のサイズで表示します
参加人数が多すぎて、「あっ、○○ちゃんだ」「あっ、○○くんだ」と思っている間に終わってしまった懇親会。
でも、みんなの嬉しそうな笑顔に会えて、懐かしい顔に会えて、楽しかった〜♪
メインでがんばった人も縁の下の力持ちでがんばった人も、たくさん参加した人も少ししか参加できなかった人も、みんなみんな本当にお疲れさまでした。

〜来年3月19日、大同窓会で、またお会いしましょう〜
http://www.keio127mitakai.com/


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ