2010/5/21

ブルーレッド&ブルー 三色旗サブレ  
いよいよ明日は127三田会キックオフ同窓会です。

若ちゃんが特注した「127三田会』焼きごて。
その焼印入りのドラ焼きのプランが頓挫し、そのまま流れる。。。はずだったのですが。。。
http://sun.ap.teacup.com/lepetitcitron/993.html#comment
お菓子研究家の意地か(?)ひょんなことから三色旗サブレなんぞを思いついてしまい、本当に作ることになってしまいました。
シンガポールで試作を重ね、プロジェクトチームと日々メールで意見を出し合い、キクミの素晴らしいペンマークシールとキムのかわいいサンキューカードもできあがり、あとは私が無事に日本に帰るだけ。

昨日の朝、家に着くと同時に東名食品さんから材料が届き、なんというナイス・タイミング!
バターを切って冷凍庫にストックし、約9kg分のサブレの計量をし、文学部&商学部の有志たちが続々と駆けつけてくれ、みんなで一斉に生地作り&焼成。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
こちらは、ヴァローナのココアとアーモンド・ピスタチオ・ヘーゼルナッツの3種のナッツを使った贅沢サブレ・オ・ショコラ。
キクミのシールを貼ったとたんに「売り物みたい!!」
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
そしてこちらが、♪♪〜仰げば 青空高く われらが誇りの 三色旗〜♪♪
アイシングでブルーレッド&ブルーに色付けした、とても食品とは思えないサブレ・オ・三色旗。
今回の最難関作業と誰もが思っていたけれど、本当に難しくて、今日の午前中にアイシングしたものを一度ほとんど削り取り、再度アイシングの濃度を濃くして薄く塗った、血と涙と汗の結晶☆
一時はメンバー全員が「今晩、帰れないかも・・・」と思ったほどで、アイシングクッキーが高いのが本当によくわかる。
     クリックすると元のサイズで表示します
でも見て!
キクミのペンマークシールを貼ったら(しかもピンセットを使う細やかさなの!)、やっぱりこれは塾旗だわ♪
こちらも「わぁ、2度と手に入らないレアものだよね」
究極の自画自賛を繰り返しながら、数々の失敗を乗り越えて(そのほとんどが信じられないような私のミス)、なんとか完成させたのでした。
最強のチームで作り上げた「127三田会」企画もののサブレ、もう一生作ることはないでしょう。
明日ご参加される方、遠目で見るといい感じなので、近くで見ないで買ってくださいね〜。

2010/5/21

KarinとSallyと私  
私、昨日の早朝に日本に戻ってきました。
JALなら空いているから横3席使って寝られる・・・と思っていたら満席だった(涙)甘かった。
ちょっと留守にしてしまうシンガポールの最後に私が行ったのは、あの本屋さんカフェ『25degree Celsius』。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ねっ?こっちの棚にもあっちの棚にも本だらけ、そしてそれが全部料理本やお菓子本なのです。
たとえ英語がわからなくても、私にとっては夢心地な場所♪
そして、ジュリアの本を発見!
そうです、なおみちゃんが担当したあの映画「ジュリー&ジュリア」の、ジュリア・チャイルドの料理本です。
     クリックすると元のサイズで表示します
「去年はジュリー&ジュリアの映画とタイアップして、ここでオマール海老を使った料理教室をしたり、チケットやエプロンをプレゼントしたりしたのよ」とSally。
「えーっ?私もラズベリーババロアやチョコレートパイのレシピをジュリー&ジュリアのオフィシャルサイトに載せていたのよ」と私。
こんなところでつながっていたとは。。。
それからは、あの映画は本当によかったと話すこと2時間(笑)
好きなものが同じだと、語学力がなくてもなんとかなるものです!?
     クリックすると元のサイズで表示します
数軒先のフレンチのシェフもフラリと遊びにいらして、3人一緒に記念写真も撮ってもらいました。
「僕と一緒に写真を撮りたいの?」
「ううん、KarinとSallyと私」(シェフ、ごめんなさい)
     クリックすると元のサイズで表示します
Karinの作った、エスプレッソとラム入りのガトーショコラ。
なんとなく私のケーキと同じ顔をしているの♪
『Le Bon Marche』のシェリーに続いてシンガポーリアンの大切な友人が2人も増えた、しあわせな滞在でした。

『25degree Celsius cafe/bar/cookbooks/test kitchen』
25 Keong Saik Road #01−01 TEL 6327*8389
http://www.25degreec.com

2010/5/18

ティラミス・レッスン 2日目  
今日はティラミス・レッスンの2日目。
朝『jones』に行ったら。。。なんと!道具の準備も材料の計量もすべて終わっていて、テーブルの上に綺麗にセッティングされていたのだ。
お店のスタッフのPeterが、昨日のレッスンを1日見ていただけで、何を使ってどうするのか全部把握してくれて、すべて準備してくれたそう。
いいスタッフに支えられ、こんなに気持ちよくレッスンできるって、なんてありがたいことでしょう。
Thank you! Peter!
     クリックすると元のサイズで表示します
おかげで何もすることがなく(笑)ドリンクを飲む余裕も写真を撮る余裕もあり。
今回のティラミスは、jonesのフィンガービスケットを使うのでオーブンを使わなくてもよく、とっても楽に作れるのです♪
と、フィンガービスケットをさりげなくアピール!?
     クリックすると元のサイズで表示します
3人のチームで3人分のマスカルポーネチーズのクリームを作ったら、いよいよひとり分ずつ仕込んでいきます。
コーヒー液もjonesオリジナルのエスプレッソ、だからおいしく作れるんだよ〜ん。
お家では、もちろんネスカフェ・エクセラで大丈夫です。
     クリックすると元のサイズで表示します
コーヒー液に浸したフィンガービスケットを容器に並べ、クリームを半量絞り出し、それを繰り返して、容器いっぱいのティラミスが完成〜♪
みなさん、お家で楽しんでいただけたかな?コーヒー液の浸り具合はどうだったかな?
さぁ、もう1日、明日も気を抜かずにがんばろう。

2010/5/17

ティラミスを作りましょう〜『jones』のランチ付きレッスン〜  
今年はじめから大切にあたためてきた企画、マンダリンギャラリー内『jones』でのランチ付きのレッスン。
ティラミスをおひとり1台作ってお持ち帰り、ボリューミーでおいしいサンドイッチ&ドリンク&デザートのランチも楽しんでいただこう♪と、何度も打ち合わせをして試作をして予行演習をしてきました。
4月19日のAsiaXで告知募集をしたら、わずか3日間で満員御礼になったそうで、お申込みくださったみなさま、本当に感謝☆感謝☆です。
     クリックすると元のサイズで表示します
Mayaさんが描いてくださった私の似顔絵(↑)、似ているでしょ?えっ、実物よりもかわいい?
デンプシーの『jones』でも告知をして、日本人以外のお客様にも参加していただこうと、水曜日だけAyukoさんによる英語の通訳付きの予定だったんだけど。
結局どの日もあっという間に日本人のお客様でいっぱいになったので、水曜日も私の日本語のみのレッスンとなりました。
通訳を期待されていた方がいらしたら(?)ごめんなさい。

そして今日、待ちに待った初日でした。
初日はいつもどんなレッスンもドキドキ。。。みなさま、楽しんでいただけたかしらん?
     クリックすると元のサイズで表示します
こちらはデザートでみなさまにお出ししたシェフ特製のティラミス♪
今日は途中で写真を撮るどころではなかったのですが、明日かあさってのレッスンでちょっと余裕ができたら、レッスン風景をお伝えしますね。
さぁ、まずは明日も楽しくがんばろう☆

2010/5/16

フランス産ホワイトアスパラ  
いいお天気の日曜日(夕方からは雨でしたが)、シェリーに会いに『Le Bon Marche』までフラフラと歩いて行ってきました。
ちょうどお昼どきなので、ついでにランチも食べちゃおうかな?
昨日の食べすぎを反省して、今日はシンプルなグリーンサラダ。
それに好きなトッピングを選べるので、私は、ナス・ピーマン・ズッキーニ・アーティチョークのグリル、トマト、アボガド、ブラックオリーブの7種すべてを選んで、豪華サラダだよ〜ん。
     クリックすると元のサイズで表示します
そしてシェリーが「今日はフランスから届いた立派なホワイトアスパラがあるのよ」と、ショーケースから持ってきてくれました。
キャーーーー☆☆☆
こんなに太くてしっかりしたホワイトアスパラ、おいしそう〜。
私が買って帰るより、よっぽどここでステファンに調理してもらった方がホワイトアスパラもしあわせかも(笑)
     クリックすると元のサイズで表示します
筋もしっかりしているので包丁でていねいに取って茹で、ソース代わりにポーチドエッグを添えようと、美奈ちゃんに教わった電子レンジで作る方法で試してみたのですが。。。
簡単だと思ったのに、ありゃりゃ〜ん。。。ポーチドエッグどころかゆで卵になっちゃったよ!?
     クリックすると元のサイズで表示します
結局ソース代わりにはなりませんでした(涙)が、それでもみずみずしくて歯ごたえがあって甘くて、でもちょっとほろ苦くて、フランスの香り?を満喫した夜ゴハンでした。

2010/5/15

『LAURENT BERNARD』のチョコレートアイス  
その『Pietrasanta』と同じ場所に、ロバートソン・キーにある有名なショコラティエ『LAURENT BERNARD』のお店があります。
「どうせだったらデザートはあっちで食べようか?」と、そのまま横移動。

お店の中を見渡してみても、チョコレートケーキやアイスクリームのかわいいワゴンはあるのに、チョコレートがまったく見当たりません。
     クリックすると元のサイズで表示します
「チョコレート屋さんなのに、チョコレートがない!」のではなく、ショップの横に温度管理されたチョコレートルームがあり、タブレットやボンボンショコラはそこで売られています。
     クリックすると元のサイズで表示します
ケーキと迷ったけれど、私はチョコレートアイスとキャラメルアイスの2クープ盛り。
チョコレートのおいしさは言うまでもなく、キャラメルは塩がきいていてどちらも濃厚で私好み☆
     クリックすると元のサイズで表示します
夜のショコラトリーでのお茶、なかなかグッドです♪

『LAURENT BERNARD』
5B Portsdown Road #01−02 TEL 6475*4182
http://www.nibschocolate.net

2010/5/15

『Pietrasanta』でピッツァ  
ゴルフのあとは本当にお腹がすいちゃうのです。
上手だとカートの移動だけであまり歩かないかもしれないけれど、私の場合、予期せぬ方向にボールが飛んでいくので、走る、走る。。。クタクタ。。。になるのです。

帰り道、5月1日のケーキ教室で話題になったPortsdown Roadの『Pietrasanta』を思い出したので、通りだけを頼りに行ってみました。
「チョコレート屋さんとイタリアンのお店があるだけなんだけど、そこだけすごくおしゃれな雰囲気だからすぐにわかりますよー」と教えてもらっていたけれど、その通り!!
欧米人だらけで店内もテラス席も満席、予約なしで行くなんて無謀なんだけど「お願いっ!」って言ったら、入れてもらえちゃった。
     クリックすると元のサイズで表示します
前菜をいろいろと頼んで、パスタも食べて、久しぶりにピッツァ。
登場したプロシュートハムとマッシュルームのピッツァは、あまりに大きくてビックリ!だけど、まわりがモチモチとしたナポリ風ピッツァでおいし〜い♪
プロモーションをしていたモッツァレラチーズがツヤツヤと光っていておいしそうで、あぁ、次は絶対に食べたい!!

それにしても周りは欧米人だらけで、まるでシンガポールにいることを忘れてしまいそうなヨーロピアンな雰囲気が抜群のリストランテでした。
     クリックすると元のサイズで表示します
『Pietrasanta』
5B Portsdown Road #01−03 TEL 6479*9521
http://www.ristorante-pietrasanta.com

2010/5/15

これが池越え!  
今日はまたまたマレーシアのセナンまでゴルフ。
2週間前と同じコースに行ってきました。
前回は日曜日だったせいか空いていたけれど、今日は土曜日なのですごく混んでいて、カートも1台もなし。
誰かが戻ってきてくれないとカートに乗れなくてスタートもできず、いいコースに慣れている夫はプンプン(笑)
     クリックすると元のサイズで表示します
こちら、前回の奇跡的に成功した池越えのホール。
今回も。。。「ええええ〜い!」とぱかりにクラブを振りきったら、飛んでいっちゃったの〜♪
ただ。。。赤いボールのある場所からじゃなくて、池に一番近いギリギリのところから打ちました。
そのうちズルしなくても回れるようになるかしら?
えっ?練習にも行かないんじゃ無理?だよね〜。。。

2010/5/14

お気に入りのカフェ『25 degree Celsius』  
最近の私のお気に入りのカフェ『25 degree Celsius』
1週間のうちに4日も行ったくらい(!)のお気に入りで、タンジョンパガーとチャイナタウンの間にあります。
通りからお店の中をチラッと見ると、本がいっぱい並んでいて「本屋さんかな?」
ところがその本は、全部料理とお菓子の本だったのです!
うわ〜♪♪♪とばかりに中に入ってみたら、奥には焼き菓子が並んでいるショーケースとキッチン、そしてカフェスペースがあって、「お茶も飲めるのかな?」
オーナーはとってもチャーミングな笑顔の女性2人、KarinとSally。
シンガポールでカフェを開くにあたって、東京でたくさんのカフェを見てきたと言っていました。
「一番気にいったのは、ア・ピース・オブ・ケイク」
ふむふむ、私も大川雅子さんのあのカフェは大好きよん。http://www.sasser.ac/
「アフタヌーンティーやカフェ・コムサもよかったし、MUJIカフェもよかった」
あら、そう?(笑)
     クリックすると元のサイズで表示します
「シンプルなケーキしか焼けないんだけどネ」とKarin。
あれまっ、私と一緒だわ〜と思いながら最初に食べたスティッキーデーツケーキ・バタースコッチのおいしいこと!!
特に温かいダーツケーキにかかっているバタースコッチ、お皿まで舐めたいくらい。
しっかりした甘さのあるケーキが好きな私にはたまりません。
     クリックすると元のサイズで表示します
こちらはMayaさんやウチナ隊長と一緒に行ったときに食べた、ヴァローナのチョコレートを使ったウォーム・チョコトケーキ、つまりフォンダン・ショコラです。
あまりになめらかでビターで、完成度高すぎるお味。
     クリックすると元のサイズで表示します
そして「本日の日替わりケーキ」によく登場するグリル・ケーキ。
なんとシンプルなバターケーキをパニーニの器械で焼いているのです!
3人で一緒に行ったときにシェアして食べたらあまりにしっとりしていておいしくて、どうしてもひとり占めして食べたくて(なんという食い意地!?)翌日ひとりで行って食べてきました(笑)
このパニーニの器械、買っちゃうかも〜!?
ほかにはキャロットケーキ、ラムレーズンケーキなどがあり、どのお菓子もしっかりとした力強さを感じてちゃんとした甘さがあって、とっても私好み♪

中央のキッチンではシェフたちを呼んで講習会もしているそうで、しばらく通いづめちゃいそうなカフェ&本屋さんです。

『25degree Celsius cafe/bar/cookbooks/test kitchen』
25 Keong Saik Road #01−01 TEL 6327*8389
http://www.25degreec.com

2010/5/14

チャンギ小学校訪問  
2月に続いて、2度目のシンガポール日本人小学校チャンギ校を訪問してきました。
こどもがいない私にとって、小学校に入れるのは選挙のときくらい!?
玉川小学校にも瀬田小学校にも選挙のときには行ったけれど、体育館しか入れないからね。
ちょっとウキウキで〜す♪

ステキな校長先生に校内を案内していただき、こどもたちが描いた絵がちゃんと額に入れて飾られていたり、こどもたちが川で捕ってきたきた魚が水槽で飼われていたり、トロピカルフルーツの木が植えられていて実がなっていたり、「ほほぅ」なことがいっぱい。
家庭科室も調理室と被服室と両方あって、こんな立派な施設の中でお勉強するのですね。
     クリックすると元のサイズで表示します
今日は家庭科担当の恵美先生とスコーンの練習。
オーブンも9台もあり、新しいオーブンを使って焼いてみましたが、かなりいい感じ♪
焼き立てのサクッとしたスコーンに恵美先生お手製のKayaジャムを付けて、調理室でのティーテイムを過ごしてきました。
お菓子クラブで作るみたいですよ〜。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ