2010/6/7

私のかわいい生徒ちゃん〜Enapandaちゃん〜  
今日は朝9時から久しぶりの虎の門病院。
来週の月曜日が3ヶ月ぶりの三浦先生の診察日で、しかも“術後1年の検診”。
そのために、普段ではしない検査もいろいろとありました。
まぁ、混んでる!混んでる!
どの検査も予約していても待つうえに、洋服を脱いだり着たり、なんだかどっと疲れて「播磨屋」さんのフリーカフェで一休みして帰ってきました。
ここってフリーカフェというだけあって、本当にフリー(無料)なんです!!
カフェテリア方式で、飲み物はコーヒー、紅茶、お茶、ジュースからお代わりもOKで、おせんべいは割れたものだけど10種類くらいあります。
こんな太っ腹なことしていて大丈夫なのかしらん?
       クリックすると元のサイズで表示します
帰ってパソコンを開けたら、昨日来てくれたEnapandaちゃんが、上手な写真とともに嬉しいブログをアップしてくれていました。
あ〜ん、また泣けちゃうよ〜。。。。
  Happy Life* → http://enapanda.exblog.jp/12768225/
こういうブログ(メッセージ)をいただけると、大泣きしていまう私。
自己満足と思われるかもしれないけれど、こんな風に想ってもらえて、私は本当にしあわせだと心から思います。
そしてそして、あのケーキたちがこんな美しい写真に撮ってもらえるなんて、お菓子たちもしあわせだね。
もちろん10年通ってくれている方々は何にも代えがたい大切な生徒ちゃんだけど、1年の生徒ちゃんだって同じくらい大切でかわいい☆
次の10年を一緒に過ごしましょうネ。
      〜 Merci beaucoup! Enapanda! 〜

2010/6/7

私のかわいい生徒ちゃん〜果ちゃん〜  
果(このみ)ちゃんがお菓子のお勉強のためにフランスに旅立ちました。

はじめて果ちゃんと出会ったのは、彼女がまだ中学3年生のとき。
自由ヶ丘にある加藤千恵先生のティールーム「フレッシュクリーム」がクローズすると聞いて、最後の日に生徒ちゃんのMasumiちゃんと一緒に行きました。
(「フレッシュクリーム」は今も不定期でイベントのときにはオープンしています)。
覚悟はしていたものの、「本当に入れるの?」「本当にケーキを食べられるの?」と思わずにはいられない長い長い列。
その、列の前に並んでいたのが果ちゃん母娘だったのです。

お菓子を作るのが大好きで大好きで、高校もお菓子を専門に学べる学校を選んで、その合格手続き(入学手続きだっけ?)の帰りとのことでした。
そのときにMasumiちゃんが私のお菓子教室のことを売り込んでくれて、数日後、本当にレッスンに来てくれたのです。

高校生になったからは平日は学校があるので、いつも土曜日にお菓子のクセサリーを身に付けて楽しそうに通ってくれました。
顔もかわいいけれど、性格もとってもかわいくて、まさしく土曜日クラスのアイドル♪
果ちゃんがいるだけで、ホンワリした和やかな初々しいレッスンになったのです。

そして3年。
果ちゃんは、フランスにお菓子の勉強をしに留学する道を選びました。
「こんなに若いときからちゃんとやりたいことを見つけられているのって、なんて素晴らしいの!」
それだけスタートは早まるし、そけだけたくさん経験を積めるし、羨ましいなぁ・・・
「未来はパリでバティシエールかしらね?」と口々に質問する私たちに
「私も日本に戻ってきてお菓子研究家になりたいんです」って果ちゃん。
「先生みたいになりたいんです☆」

それを聞いたとき、私はビックリするとともに涙が。。。!
私のようなレベルのケーキ教室でも、それを目指そうなんて思ってくれる生徒ちゃんがいたなんて。。。
嬉しくて、嬉しくて、心の中で何度も「ありがとう♪」って言いました。

果ちゃんはトゥールという町にホームステイしています。
最初の3ヶ月は語学学校でフランス語の習得、そして、職業訓練学校に行き、さらにはパティスリーでスタジエする、というプログラムのようです。
      クリックすると元のサイズで表示します
パリからトゥールまではTGVで1時間10分、あっという間に行けちゃうわん♪
よし!必ずトゥールまで会いに行こう!
このブログを見てくださっているみなさまも、果ちゃんが無事に楽しい充実したフランス留学生活を送れるよう、心のどこかで祈ってもらえたら、本当にありがたいし嬉しいです。
      〜 Courage!Konomi! 〜


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ