2010/10/17

お家で楽しむアフタヌーンティー〜日本人会チャリティー講習会〜  
11月1日に日本人会チャリティーバザー部の主催で講習会をします。
“お家で楽しむアフタヌーンティー”、ティーインストラクターの景子ちゃんと私のコラボ講習会♪
あと2週間となった今日、予行演習と打ち合わせを兼ねて、朝から日本人会のキッチンに行ってきました。
      クリックすると元のサイズで表示します
当日はスコーンの実習があるので、道具のチェックからはじまって、どれくらい時間がかかるのか?の見当をつけるため、駆けつけてくださったバザー部の方々に実際にスコーンを作ってもらったら。。。
「カードって、こうやって使うのですね」
「こんなに簡単にできちゃうんだ」
「あぁ、こんなふうにして層ができるんですね」
などなど、実際に作って見ると、和気あいあいでやっぱりとっても楽しいの。
      クリックすると元のサイズで表示します
私が担当するスコーンの実習時間は1時間だけど、実際に使える時間は40分くらいかな?
途中で生地を冷蔵庫に入れたりできないので、ちょっとベタついたりして大変なのですが、焼きあがりはなかなかいい感じ☆
      クリックすると元のサイズで表示します
たっぷりのクロテッドクリーム(今日はダブルクリーム)とフランボワーズのジャムを添えて、いただきま〜す。

スコーンの実習のあとは、景子ちゃんによるアフタヌーンティーにまつわるお話やおいしいお茶の淹れ方のデモンストレーションがあります。
そして最後にティータイム。
実際に景子ちゃんが淹れてくれるお茶と、私が担当する4種類のお菓子、そして焼き立てのスコーンを楽しんでいただく、とても贅沢な(と自分で言ってみる、笑)講習会なのです。
そううそ、直前の金曜日と土曜日にお菓子の仕込みのお手伝いにいらしてくださる方、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございます☆

この講習会を提案し、はじめてバザー部の方たちとお会いしたのが7月。
8月は夏休みでみなさんが一時帰国、9月は私が一時帰国で、どうしてもメールでしか打ち合わせできず、お互い気持を伝えきれていない気がしていました。
だけど、お会いしてなにかしらの作業を一緒にやっていると、すーっと気持ちが通じ合って、何よりとっても楽しい。
みんなでタイムテーブルを作り上げて、予期せぬ事態にはどんな連携プレーで乗り切るかも話し合って、自然と「がんばろうね」とお互いに励ましあっている私たち☆
チャリティーって難しいけれどきっといい講習会になると思いますので、ご参加くださるみなさま、どうぞお楽しみにしていてくださいね。
      クリックすると元のサイズで表示します
部長さんがみんなのために作ってきてくださった、チャプチェと海苔巻きのお昼ごはん。
おいしかった〜、ごちそうさまでした☆

2010/10/15

リッチモンドパーク探検隊・バクテーを食べる!  
いよいよ本日のメインテーマ・バクテー食べ比べ、スタートです。
     クリックすると元のサイズで表示します
まずは『333 BKT』。
ここはスープにコクがあって、ほどよいピリさでめちゃくちゃおいしい。
お肉も骨からきれいにはがれて柔らかいし、ニンニクもトロリとしていて
バクテー初挑戦のRitsuさん、「うわぁ〜♪胡椒がピリッと効いておいしいんですね〜」
     クリックすると元のサイズで表示します
続いて『S993 TeoChew BKT』。
春菊のようなものも頼んだので、お椀に一緒に入れました。
ここは。。。お肉は柔らかいけれど、スープがあっさりしすぎ。。。というか、インパクトがないお味。
「これなら私でも作れそう」と隊長、確かにマーケットで売っているバクテーの素を使えばできちゃいそう!?
ここは中国茶がおいしかった。
      クリックすると元のサイズで表示します
ちょうど12時の開店目指して言ったのが、有名店『発起人 Founder BKT』。
最初に運ばれてきたスープがぬるかったので、一同テンションが下がるものの、おかわりのスープが熱々でおいしかったので、なんとか合格。
      クリックすると元のサイズで表示します
最後に行ったのが『早市 Kai Jia BKT』。
テーブルの横にガス台があって、やかんでお湯を沸かし、自分たちで小さいカップに中国茶を注ぐ昔ながらのスタイルのお店。
シンガポールに来た当初は、バクテー屋さんの多くはこのスタイルだったような気がするんだけど、今日の4件の中ではここだけでした。
さすがに4件目、もうお腹いっぱい。。。ではなく、みんなちゃんと食べる!食べる!
お肉がちょっとパサパサだったけれど、ここのスープはとってもいしかった。
隊長曰く「1件目もおいしかったけれど、少し油が浮いていたから、こっちの方がおいしいね」
私は最初のお店が、一番気に入いったな〜♪

1日の、しかもわずか3時間くらいの間に4件のパクテーを食べるなんて、こんな食べ比べをする私たちって。。。何者?
でも、お店によって味に違いがあることがよくわかり、バクテー好きの私にはとっても有意義な探検隊でした。
なおこれらのバクテーは、たまたま今日そのお店がそうだったことと、私たち個人の味覚による感想なので、何の基準にもなりません。
次に行ったらまた味は違うかもしれないし。。。それがまたシンガポールならではですよね☆

2010/10/15

リッチモンドパーク探検隊・パン屋さんへ行く  
われらが隊長Yoshieさんのもと、リッチモンドパークに住んでいるくいしんぼうが集まって、第2回ローカルフード探検に行ってきました。
今回の重点地区はBalestier(バレスティア)、バレスティアといえば。。。バクテーで〜す♪

「ここは初代アメリカ領事のBalestierさんのプランテーションがあったことから、通りの名前になったのです」と、食べるだけではなくお勉強も。
バクテーの前に、有名なパン屋に連れて行ってもらいました。
      クリックすると元のサイズで表示します
ズラリと並んだ見事な食パン♪
よーく見ると、回りをこそげとっているような???
白い食パンとうっすら茶色い食パンがあり、「ホールミール?」と聞いてみると、使っているお砂糖が白砂糖かブラウンシュガーかの違いだそうです。
色が違うほど使っているのかしら???
      クリックすると元のサイズで表示します
食パン以外にも、あんパンやクリームパン、チーズパン、ぶどうパンなど、日本のおしゃれなパン屋さんでは見つけられない(笑)昔懐かしいパンも勢揃いです。
      クリックすると元のサイズで表示します
隊長のおかげで、お店の中も見せてもらえました。
ズラズラズラっと見事に並んだ食パンの焼き型。
焼き立ては食パンのまわりが真っ黒焦げらしく、その焦げをこそげ取って売っているそうです。
      クリックすると元のサイズで表示します
これ(↑)なんだかわかりますか?全部、食パンの焼き型です。。。圧巻!!
1日に一体どれだけ焼いているのかしら?
      クリックすると元のサイズで表示します
キリニー・コピティアムやアー・メイのカヤトースト、チャンギ空港内のカヤトースト、あの有名なカレーパンなどなど、実はどこもここのパンだそう。
私もあんパンとホールミールの食パンを買ってみました。
ローカルのパンらしく、かな〜りフワフワなのですが、楽しみです☆

『NG YEK HENG』
No.10/12 Kim Keat Lane Singapore 328867
9730−8004

2010/10/14

fuwariさんの素敵なテーブル☆  
今日は、夏からずっと楽しみにしていたfuwariさんのお家でのランチパーティー。
お会いしたかったnoodleさん、Mikaさん、Tinaさん、そして週末に帰国するまぁこちゃんと、大好きな方々とご一緒できるので、朝からテンション高しです。
     クリックすると元のサイズで表示します
お家に入るなり「きゃー☆」、狂喜乱舞の私。
なんて素敵なテーブルコーディネート!!
小さなグラスにカラーボールを入れて白いバラをちょんと浮かせ、白いカボチャと一緒に飾られているのです。
私の文章ではちっとも素敵さが伝わらないとは思うのです(笑)が、もう本当にため息ものです。
      クリックすると元のサイズで表示します
お料理は、あえてテーブルの上に置かず、ハロウィン用のカボチャがアレンジされたサイドテーブルに美しく並べていくのです。
各自が好きなものを好きなだけ取りに行くので、テーブルの上はいつも綺麗なの。
      クリックすると元のサイズで表示します
オーガニックのシャンパンで乾杯だよ〜ん♪
      クリックすると元のサイズで表示します
Tinaさんが持ってきてくださったマンゴーと生ハムには、バジルも添えて。シンガポールならではのおいしいマンゴーいっぱいです。
      クリックすると元のサイズで表示します
リクエストしていたビーフとアボガドのコロッケ。ソースがまた絶品!
      クリックすると元のサイズで表示します
冷製トマトのパスタ。「冷製パスタって味付けが難しいのよね」とみんなで言っていたのですが、トマトの甘さと酸味がしっかりしていて、とってもおいしい。
      クリックすると元のサイズで表示します
Mikaさんお手製のポテトサラダ。野菜もたっぷり入っていてホッとする優しいお味。
      クリックすると元のサイズで表示します
日曜日から酵母をおこして準備してくださった、noodleさん直伝のフォカッチャ。
しっとりふわっとしていて、天然酵母ならではのいい香り〜♪
      クリックすると元のサイズで表示します
こちらはツナや蟹の冷製パスタ。アンチョビやガーリック風味のカリカリのパン粉をかけて食べるのです。
      クリックすると元のサイズで表示します
そして、メインはオッソ・ブッコ。
コトコトと煮込まれた牛肉がとろけそう♪

この後はnoodleさんの3種のチーズ&トリュフの蜂蜜、まぁこちゃんのデザートワイン&チョコレート。
あぁ、しあわせすぎる、fuwariさんのランチパーティー。

これだけのおもてなし、私たちのことを考えながら、きっと多くの時間を準備に使ってくださったでしょう。
そんな想いが満ち溢れていた今日のランチパーティーでした。
私にはとてもできない。。。じゃなくて、fuwariさんのように「おもてなしをしたい」という気持ちをちゃんと表せるようになりたいな。
上手でなくてもちゃんとお料理して、センスがなくてもテーブルコーディネートして、今日私が感じたようなしあわせのちょっぴりでも伝えられるようになりたいな。

ところで、私は何を作ってお持ちしたかというと。。。モンブランとカボチャのプリン。
そう!来週からのマンゴスティンクラブのレッスンで作るケーキです。
練習兼ねて作りました。。。へへっ☆

2010/10/13

St.Regisで優雅なランチ  
日曜日の夜からシンガポールに来ています。

日本で片付けておかなきゃならないことに出発ギリギリまで追われて、こちらに着いたらボーっとしてしまって、ブログの更新がまったくできませんでした。
あぁ。。。1週間もあいてしまったよ(涙)

久しぶりの127三田会・商学部幹事会に出席したり、すみこ先生のお茶のお稽古で“秋”を満喫したり、それらはのちほどアップするとして、まずは今日のランチから。
     クリックすると元のサイズで表示します
咲香さんと一緒に行ったSt.Regisのランチ。
なんでも今月は50%オフ!らしくて、めったに行かない優雅なホテルでのランチでワクワク☆
前菜のトマトのサラダは、サクサクのパイ生地の上に2種類のトマトのマリネとタプナードの組み合わせがおいしい♪
      クリックすると元のサイズで表示します
メインのお魚はふっくらとジュシー、「ジャガイモのピュレやガーリック&ハーブ風味のカリカリのパン粉と一緒に食べて、それぞれの食感を楽しんでください」とのこと。
      クリックすると元のサイズで表示します
デザートは、ヘーゼルナッツとプラリネのミルフォイユ。

昨日の午前中、ピュアヨガの「BOLLYWOOD DANCE」というクラスに出たら、ヨガというよりインド舞踊みたいな感じでクタクタ。
あまりに疲れてしまってお昼寝&夕寝で1日を台無し?にしてしまったのですが、今日のランチでやっと調子が出てきて、シンガポールの生活を思い出せたみたい〜☆
明日から楽しい予定がギッシリで、来週からはマンゴスティンクラブのケーキ教室も始まるので、元気でがんばろう!

そうそう、マンゴスティンクラブのケーキ教室にお申込みくださったみなさま、本当にありがとうございます。
15日間のレッスンがあっという間に満席になったみたいで、本当にありがたく♪心から感謝しています。
やっぱり、モンブランとかぼちゃのプリンという組み合わせがよかったのかしらん?
でも。。。すっごく期待されちゃっていたら、どうしよう!?

2010/10/6

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺  
実家に帰るたびに恒例となりつつある、父との奈良散策。
なぜか京都ではなくて、奈良。
阪急沿線に住んでいると、京都は電車ですぐに行ける気分なのですが、奈良って近鉄やJRなどあまり乗らない線でないと行けないため、私にはとっても遠いイメージがあるのです。
それで、車でピューっと連れて行ってもらいます☆
      クリックすると元のサイズで表示します
おととしは唐招提寺や薬師寺がある西ノ京、今年の春は東大寺や興福寺のあたり、そして今回は法隆寺とその周辺を巡る斑鳩の里にしました。
平日だし、すごくすいていると思いきや。。。法隆寺は団体さんでいっぱい!!
遠足や修学旅行のこどもたち、観光バスーのツアーの方などなど、次から次へとさーっと来てさーっと帰っていくのね。
      クリックすると元のサイズで表示します
中宮寺や法輪時と歩いてまわっている間に柿の木といちじくの木をたくさん発見。
そうだ!「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」だった!
柿の直売所を物色していくつか選びながら、法起寺へ。
コスモス越しに見る、現存する日本最古の三重の塔はとても風情があって、気持ちが穏やかに落ち着けるとてもいい場所でした。
父と2人で古都巡りができるなんて本当にしあわせ♪いつまでも続いてほしいな。

2010/10/6

念願の『モン・プリュ』へ  
神戸大丸元町でプラプラとお買い物をしたあとは、関西の方たちが大絶賛されているパティスリー『モン・プリュ』へ。
ずっと行きたかった念願のお店♪
大丸や南京町からさらに海岸側のそんなに大きくない通りにありますが、ひっきりなしのお客さんだし、外観がパリっぽいので、すぐにわかります。
      クリックすると元のサイズで表示します
妹は、ピュイ・ダムール。
グレープフルーツが入っているなめらかなクリーム、キャラメリゼされたトップ、本当においしそう。
神戸っこの妹も「こんなおいしいお店が神戸にあったなんて知らなかった」と大喜び。
      クリックすると元のサイズで表示します
私は、大きなパリ・ブレスト。
しっかりと焼かれていてるシュー生地、塩味の聞いたプラリネのバタークリームともに絶品♪
もうひとつ食べたいよ〜。
      クリックすると元のサイズで表示します
おみやげに買ったウィークエンドもこれまた歯ごたえのしっかりある生地にレモンの酸味と甘いグラスが抜群♪
数日前に作った私のウィークエンドを思い出してしまい、うなだれる私。
こんなおいしいお菓子をおみやげに渡せるように、もっと精進しなくては。。。
久しぶりに妹と2人の楽しい懐かしい神戸の1日でした。

2010/10/6

神戸で神戸牛  
パーティー翌日の日曜日から実家に来ています。
去年の手術以来、元気なうちになるべく顔を出して親孝行しておこう、な〜んて思っているのですが、ただ食べに来ているだけとも言えます。

月曜日は妹と一緒に神戸・三宮へ、目的はズバリ神戸牛☆
妹お薦めの鉄板焼きのお店は、お客さんごとに半円形のテーブルで、シェフがひとりひとりついて目の前で焼いてくれるのです。
      クリックすると元のサイズで表示します
メニューには2000円のサービスランチから10000円以上もする“神戸ビーフ”と明記されているものまで。
「このサービスランチって、まさか神戸牛じゃないですよね?」
「そちらはニュージーランド産です」
「ニュージーランド〜!?」思わず同時に叫ぶ私たち姉妹。
せっかくの神戸で何もニュージーランド産を食べることもないよね。
「この特選ヘレステーキは神戸牛ですか?」
「そちらは近江牛になります」
「近江牛〜!?」またまた同時に叫ぶ私たち姉妹。

うーーーーーーーーむ。。。
5000円の近江牛と7500円の神戸牛。
せっかくこれを食べに来たんだし、こんな贅沢なランチめったにあることじゃないし、夜だったらもっと高いし、2500円くらいの差だったら、いっちゃう???
でも、ランチにこの値段って、ちょっとありえないよね???
さんざん悩んだ私たちは「えい〜っ!神戸牛だ〜っ!」と、清水の舞台から飛び降りてみました。
      クリックすると元のサイズで表示します
運ばれてきたお肉は、とっても美しく、目の前でジュー。
そして、薬味のすりおろし山葵と一緒に食べると口の中でとろけそうな、それはそれはおいしい神戸ビーフの贅沢ランチでした♪

2010/10/2

本当にありがとうございました♪  
写真を整理してから。。。とは思ったものの、私の写りのいいものだけ(笑)サクッとピックアップ!
      クリックすると元のサイズで表示します
シンガポール帰国チーム、てきぱきとした動きがいつもとっても気持ちいい明子ちゃん、そして孝子ちゃんと桃子ちゃんは大阪から駆けつけてくれました。
なかなか会えなくなってしまったシンガポール残留組?の方のために大きめにアップです。
手にしているのは、洋子さん&Mayaさんが送ってくださった、お2人コラボのシャドーボックス☆
この直後に、ゆっこちゃんと知子ちゃんもお顔を出してくれて、シンガポール話で盛り上がっていました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
みんなのはじけそうな笑顔が、とっても嬉しい♪とってもしあわせ♪
来週もっとちゃんと整理してアップしますので、お待ちくださいまし〜。 

2010/10/2

Le Petit Citron 10周年パーティー  
大げさかもしれないけれど、今日は人生の中で一番しあわせな日だったかもしれません。

本当に多くの方々がお手伝いしてくださって助けてくださったおかげで、私のケーキ教室「Le Petit Citron」10周年パーティーを無事に終えることができました。
慣れないことなので、というより初めてのことなので、不手際がいっぱいあったかもしれません。
でも、レッスンで顔を合わせたことのある方たち同士が、楽しそうにお話しされ、お食事される場面を見ていて、まるでプチ同窓会のようで本当に嬉しかったです。
みなさんの楽しそうな笑顔を全部ご紹介したいのですが、なんせ600枚近い写真があるので。。。落ち着いてちゃんと整理してからブログにアップいたしますね。
      クリックすると元のサイズで表示します
私のケーキ教室にかかわってくださっているすべての方、お一人お一人に心からお礼申し上げます。
この10周年を機に、また初心に戻って「ちょっとのお菓子でちょっぴりしあわせ」になれるお菓子作りを楽しく続けていきたいです。

今日は本当にありがとうございました。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ