2010/10/15

リッチモンドパーク探検隊・バクテーを食べる!  
いよいよ本日のメインテーマ・バクテー食べ比べ、スタートです。
     クリックすると元のサイズで表示します
まずは『333 BKT』。
ここはスープにコクがあって、ほどよいピリさでめちゃくちゃおいしい。
お肉も骨からきれいにはがれて柔らかいし、ニンニクもトロリとしていて
バクテー初挑戦のRitsuさん、「うわぁ〜♪胡椒がピリッと効いておいしいんですね〜」
     クリックすると元のサイズで表示します
続いて『S993 TeoChew BKT』。
春菊のようなものも頼んだので、お椀に一緒に入れました。
ここは。。。お肉は柔らかいけれど、スープがあっさりしすぎ。。。というか、インパクトがないお味。
「これなら私でも作れそう」と隊長、確かにマーケットで売っているバクテーの素を使えばできちゃいそう!?
ここは中国茶がおいしかった。
      クリックすると元のサイズで表示します
ちょうど12時の開店目指して言ったのが、有名店『発起人 Founder BKT』。
最初に運ばれてきたスープがぬるかったので、一同テンションが下がるものの、おかわりのスープが熱々でおいしかったので、なんとか合格。
      クリックすると元のサイズで表示します
最後に行ったのが『早市 Kai Jia BKT』。
テーブルの横にガス台があって、やかんでお湯を沸かし、自分たちで小さいカップに中国茶を注ぐ昔ながらのスタイルのお店。
シンガポールに来た当初は、バクテー屋さんの多くはこのスタイルだったような気がするんだけど、今日の4件の中ではここだけでした。
さすがに4件目、もうお腹いっぱい。。。ではなく、みんなちゃんと食べる!食べる!
お肉がちょっとパサパサだったけれど、ここのスープはとってもいしかった。
隊長曰く「1件目もおいしかったけれど、少し油が浮いていたから、こっちの方がおいしいね」
私は最初のお店が、一番気に入いったな〜♪

1日の、しかもわずか3時間くらいの間に4件のパクテーを食べるなんて、こんな食べ比べをする私たちって。。。何者?
でも、お店によって味に違いがあることがよくわかり、バクテー好きの私にはとっても有意義な探検隊でした。
なおこれらのバクテーは、たまたま今日そのお店がそうだったことと、私たち個人の味覚による感想なので、何の基準にもなりません。
次に行ったらまた味は違うかもしれないし。。。それがまたシンガポールならではですよね☆

2010/10/15

リッチモンドパーク探検隊・パン屋さんへ行く  
われらが隊長Yoshieさんのもと、リッチモンドパークに住んでいるくいしんぼうが集まって、第2回ローカルフード探検に行ってきました。
今回の重点地区はBalestier(バレスティア)、バレスティアといえば。。。バクテーで〜す♪

「ここは初代アメリカ領事のBalestierさんのプランテーションがあったことから、通りの名前になったのです」と、食べるだけではなくお勉強も。
バクテーの前に、有名なパン屋に連れて行ってもらいました。
      クリックすると元のサイズで表示します
ズラリと並んだ見事な食パン♪
よーく見ると、回りをこそげとっているような???
白い食パンとうっすら茶色い食パンがあり、「ホールミール?」と聞いてみると、使っているお砂糖が白砂糖かブラウンシュガーかの違いだそうです。
色が違うほど使っているのかしら???
      クリックすると元のサイズで表示します
食パン以外にも、あんパンやクリームパン、チーズパン、ぶどうパンなど、日本のおしゃれなパン屋さんでは見つけられない(笑)昔懐かしいパンも勢揃いです。
      クリックすると元のサイズで表示します
隊長のおかげで、お店の中も見せてもらえました。
ズラズラズラっと見事に並んだ食パンの焼き型。
焼き立ては食パンのまわりが真っ黒焦げらしく、その焦げをこそげ取って売っているそうです。
      クリックすると元のサイズで表示します
これ(↑)なんだかわかりますか?全部、食パンの焼き型です。。。圧巻!!
1日に一体どれだけ焼いているのかしら?
      クリックすると元のサイズで表示します
キリニー・コピティアムやアー・メイのカヤトースト、チャンギ空港内のカヤトースト、あの有名なカレーパンなどなど、実はどこもここのパンだそう。
私もあんパンとホールミールの食パンを買ってみました。
ローカルのパンらしく、かな〜りフワフワなのですが、楽しみです☆

『NG YEK HENG』
No.10/12 Kim Keat Lane Singapore 328867
9730−8004


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ