2011/1/31

タルト・タタン  
お菓子教室にいらしてくださった方から「タルト・タタンが上手に作れなくて。。。」とメールをいただき、それからずっと頭の中でひっかかっていたのですが。。。
やっと見つけました!タルト・タタン!
      クリックすると元のサイズで表示します
「LAURENT BERNARD」のものです。
ショコラティエなので、今までチョコレートを使ったケーキしかなかったように思うのですが、タルト・タタンを作っていたのですね。
紅玉のタルト・タタンを食べ慣れているとちょっと酸味が少ないような気はしますが、ここシンガポールでも食べられることに感激☆
りんごは何を使っているのかな?
以前、フルーツショップのおじさんに「アップルパイを作りたいんだけど、日本の紅玉のような固めで酸味のあるりんごはある?」って聞いたら「グラニースミスで作るとおいしいよ」って言われました。
でもあんまり上手にできなくって、それ以来りんごのお菓子は諦めていました。
もう一度チャレンジ!だわ。

2011/1/30

☆チョコレートブック☆  
月曜日からずっと雨の一週間でしたね。
ちょっぴり涼しくて、でも蒸し蒸ししていて、どんなに暑くてもいいからパーっと晴れてほしいな。
そんな大雨の中、かわいいお友達がプレゼントを持ってわざわざパラゴンまで来てくれました。
       クリックすると元のサイズで表示します
「時間がなくって・・・」と言っていたけれど、木製のスプーンとフォークを水玉のリボンと一緒に結ぶなんて、とってもキュート☆
そして。。。大きさと形からして。。。これは。。。
       クリックすると元のサイズで表示します
ジャジャジャーーーン♪「チョコレートブック」♪
やっとやっと手にすることができました。
お友達のお義母さまが今日シンガポールにいらしたそうなのですが、日本からわざわざ持ってきてくださったんです。
なんてありがたい。。。お友達のお義母さま、本当にありがとうございます。

まずはレシピページをチェックして。。。うん!OK!
簡単なチョコレート菓子ばかりなので、バレンタインの参考にしていただけたら嬉しいです☆

2011/1/27

いよいよ発売!「Chocolate book」  
私がレシピページを担当させていただいたエイ出版社さんのMOOK本「Chocolate book」。
朝いちばんに、大学のときの同級生・きくちゃんが「買ったよ〜」ってメールと写真を送ってくれました。
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
どうやらレシピページだけはサイズが少し小さくて、本誌から切り離せるようになっているみたい(見ていないので、わかりませんが)。
保存版にできるということらしいのですが、切り離すと失くしちゃわない!?
それにしてもさすがフルート奏者のきくちゃん、譜面台にページを広げて撮ってくれました。

どんな感じに仕上がっているのかしら?
早く見てみたいな〜、でもまだ届かない〜。
日本にいたら、うちの近くの紀伊国屋書店に走るのに。。。ちょっと残念。
おととい出版社さんが送ってくださった分とAmazonの予約分、どちらが早く届くかしら?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4777918319/ref=ox_ya_os_product
なにはともあれ、とっても楽しみです☆
もし見かけたら、お手に取ってみてくださいね。

2011/1/27

紙吹雪とブーケとシャンパン  
今日は仲良しのお友達のお家に。
お料理もテーブルコーディネートもとっても上手で気配りも素晴らしくて、秘かに憧れている大好きなお家☆
約束の11時にピンポンしたら。。。「おめでとう♪♪」って、色紙で作ってくれた紙吹雪とかわいいピンク色のブーケを持って2人が出迎えてくれました。
      クリックすると元のサイズで表示します
ビックリ。。。
何が「おめでとう」かと言うと、今日は年末に撮影をしたMOOK本の発売日なのです。
(次のブログにアップします)
2人で色紙をチョキチョキと切りながら、紙吹雪を準備してくれたそうです。
「夢を語ろう会」なんて言って、真剣に夢を語り合ったのは9月1日でしたね。
私のレシピ本という訳でもないのに、たった12ページだけなのに、それにちょっとだけ近づけたので一緒にこんなに喜んでくれるなんて、本当に感激でウルウル。
      クリックすると元のサイズで表示します
かわいいピンク色のシャンパンで乾杯したあとは、美しく盛られた前菜の説明です。
前菜のメインは、パンにつけるオリーブオイルとオイルサーディン。
イタリア・ウンブリア州のオリーブ農家の方が、自分たち家族のために絞ったオリーブオイルが評判を呼んで、通販で買えるようになったというものです。
香り高くて、さらっとしていて、オリーブジュースのような感じ、うーん、飲んでみたい。
オイルサーディンは、天の橋立産!
身がふっくらと肉厚で、あっさりしていて、いや〜初体験。
      クリックすると元のサイズで表示します
メインはオックステールのシチュー。
昨日からコトコトと煮込んでくれたというシチューは、骨から身がポロッとはずれて、口の中でとろけそうなほど柔らかい☆おいしかった〜。

昨日おとといのあまりの豪雨に恐れをなし、一眼レフよりも折りたたみ傘を優先してしまった私。
あぁ、悔やまれる。。。大失敗。。。もう一度同じメニューで呼んでもらえないかしら?(笑)
いつまで3人で一緒にこういう時間を持てるのかはわからないけれど、心からありがとう♪の1日でした。

2011/1/26

☆フェーヴ☆  
出したはいいけれど、片付けるのが大変なのよね。。。
って、箱から出してプチプチを外すのは、初回のガレット・デ・ロアの会にいらしてくださったのりこちゃんとよしえちゃんがしてくれたの。

せっかくなので、片付ける前にフェーヴたちからもご挨拶。
ところで、フェーヴって何?という方は、ぜひこちらをご覧ください。
大好きなパリの友人・mikaさんがご自身のサイトでフェーヴについて紹介されています。
mikaさんは私のフェーヴの師匠、ただ可愛いだけじゃなくて、地方のパティスリーのフェーヴや工房によるフェーヴの特徴などいろいろと教えてくれました。
こちらは、フェーヴへの愛情がたっぷり詰まっているmikaさんのブログ。
でも、見るのはちょっと危険かも。。。だって、絶対に欲しくなっちゃうから(笑)
      クリックすると元のサイズで表示します
まずは、マフラー代わりに羊を首に巻いている少年・ペーター。
うしろに見えるのは、サダハル・アオキのスタイリッシュなエクレール(おととし)とマカロン(去年)です。
      クリックすると元のサイズで表示します
そして、マジシャン・ピエールはうさぎ年にちなんで「はい、この帽子からうさぎが登場しまーす」
ルクセンブルクのオーバーワイスのフェーヴは毎年とってもきれいなお菓子で、リヨンのショコラティエのフェーヴは毎年違うフレーバーのタブレット型。
今年は何味だったんだろう?
      クリックすると元のサイズで表示します
ということで、お付き合いくださったみなさま、ありがとうございました☆

2011/1/26

お手製のキュートなカード☆  
今日で、フェーヴを見ていただく会が終わりました。
きっとパリも、そろそろガレット・デ・ロアのシーズンが終わる頃でしょう。
来年の1月は、パリでガレットを食べて、フェーヴを集められるかな?
      クリックすると元のサイズで表示します
noodleさんから、こんなキュートなお手製のカードをいただきました。
いつもブログを拝見していて、なんてステキなんだろう☆と思っていたので、とってもHappy♪♪
とても真似はできないけれど、お手製ってやっぱり嬉しいですね。


2011/1/26

今日の女王様はようこさん☆  
今日はティータイムからのガレット・デ・ロア会。
おもてなし超上級者さんたちばかりなので、緊張しながらクレーム・パティシエールを炊いたり、前日からドキドキ(笑)
甘いものばっかりもねぇ。。。と思うので、そんなに作らず、チーズのタルトレットとココアのディアマン、そしてガレット・デ・ロア。
      クリックすると元のサイズで表示します
いつも上手そうな方にカットしてもらい、とうとう一度も自分で切らずでした。
でも、どなたもフェーヴにコツン!なんてことなく、さすが!お見事!
おひとりだけお持ち帰りで、あとのみんなは「入ってな〜い」って言っていたら、そのお持ち帰りになったようこさんの一切れにフェーヴは入っていたのでした♪

2011/1/25

今日の女王様はちあきちゃん☆  
今日もガレット・デ・ロアのランチ会。
先日の日本人会の講座で「フェーヴを見たい方はぜひいらしてね」とお話したら、10名もの方がいらしてくださいました。
      クリックすると元のサイズで表示します
毎日焼いているせいか、私もかなり上手になっています(笑)
今年は青木シェフの真似をして、抹茶小豆のガレット・デ・ロア。
お抹茶は日本から持ってきた一保堂のもの、そして小豆は同じコンドミニアムのステキなマダムが炊いてくださったもの、とっても贅沢なガレットなんです。
      クリックすると元のサイズで表示します
今日フェーヴが当たったのは、王冠が似合っていたちあきちゃん☆

そして、せっかく空輸便の日本産いちごを持ってきてくださったのに、お喋りに夢中でお出しするのをすっかり忘れていました。
高級ないちご、食べたかったですよね?ごめんなさい。

2011/1/21

今日の女王様はまきこちゃん☆  
昨日に引き続き、今日もガレット・デ・ロアのランチ会。
メニューは毎日同じなので、ちょっと要領を得てきた感じ(かな?)
      クリックすると元のサイズで表示します
昨日は隊長お手製のサーモンのリエットの差し入れとワインがあり、今日はともちゃんのお花でテーブルも華やかに☆
     クリックすると元のサイズで表示します
そして。。。ドキドキのガレット・デ・ロア。
ちょっと見えているフェーヴ、当たったのはまきこちゃんでした♪

2011/1/19

Le Bon Marcheで買ったものは。。。  
Le Bon Marcheの店内でも食べられるシャルキュトリーの盛り合わせ。
シェリーがパルマ産の生ハムとサラミを人数分スライスしてくれ、パテ・ド・カンパーニュと豚肉のリエットを適量包んでくれました。
ついでにセミドライ・トマトとブラック・オリーブも。
      クリックすると元のサイズで表示します
「ブラック・オリーブはサラダ・ニソワーズに使おうと思って。。。」と言いかけた私に、
「サラダ・ニソワーズの主役はツナとアンチョビとオリーブ、おいしいツナを使わないとね」とシェリーが出してきたのは、瓶詰めのツナ。
      クリックすると元のサイズで表示します
スペイン産のORTIZというメーカーのもので、お値段、なんとs$20!!
「ええっ。。。」と思いながらも、いらないと言えずに買ってしまった。
明日、あさってのサラダ・ニソワーズは、少なくともツナだけは絶対においしいはず(笑)☆


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ