2009/8/28

3回目の抗がん剤治療  
あ〜、イヤだ!イヤだ!
今日は3回目の抗がん剤治療の日です。

気を紛らわすために、6階のナースステーションの方々に食べていただくためのお菓子作り。
みなさんとってもお忙しいはずなので、冷蔵庫に入れなくてもよくて、切り分けたりする手間もなくて、食べやすくて、分けやすいもの。。。
一口サイズのサブレっぽいものが一番!
今とっても気に入っているヴァローナのアルパコというエクアドル産のチョコレートを使って、ガレット・ブルトンヌ・ショコラを焼きました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(左)軽井沢のレストランのシェフに勧められた「橘自然農園」の“駒の里・有精卵”を使って。
(中)今回は溶かしたショコラを加えるので、フードプロセッサーのガッガーではなく、久しぶりにちゃんと(?)手で作りました。
(右)あんまりかわいくないラッピングだけど、リボンでなんとか(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
このサクサク感、アルパコのほろ苦さとゲランドのお塩がなんともおいしい♪

熱があれば(体調が悪ければ)抗がん剤は投与できないのです。
朝起きたときに「高熱が出てないかな〜」なんて思いながら測ったら、36℃もない!!
なにもここまで低くなくても、ね?
どうしようもないので、ガレット・ブルトンヌ・ショコラを片手に三浦先生に会いに♪行ってきま〜す。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ