2005/10/20

les moules!!  グルメ

クリックすると元のサイズで表示します
とうとうありつけたMoules et Frites!!Gratuit(グラチュイ:無料)にして、このボリューム!!
今週でパリを後にするRebekkaのお別れ会と、先日のリベンジをかねて、再び、Strasbourg St-Denisへ。前回を教訓に、待ち合わせは21時。
駅に着き、階段を上がって地上に出たところ、、、なんだか怪しい雰囲気。なんとなあく、余り治安のいい場所ではないと聞いていましたが、女の子(一応“子”と言わせてください)が一人で長時間立ってるのはちょっと危険かも、、、
そこで、さりげなーく、交差点をウロウロと何度も横断歩道を渡っていると、怪しげなおじさんが、「Bonsoir」だって。もちろん、しっかり無視しましたよ!!
交差点を1週し終わらない内に、Barboraを発見!!彼女は、15分も前に着いたそうです。お互い、ほっと一息つき、おしゃべりしてるところに、Rebekkaからの電話が!!彼女は、極度の方向音痴で、前に一緒に来ているにもかかわらず、駅とお店の位置関係が全くわからない様子。それでも、すぐに会うことが出来、いざお店に向かいます。
お店に着いたのは21時30分ごろ。すでに表のテーブルも中も満席!!が、カップルの横に、二人席を発見!!店内に、折りたたみの椅子があったので、それを使えるかお兄さんに聞きに行ってる間に、4人席が開き、そちらへ移動。そんなことをしながらも、しっかり、周りのお客さんの様子をチェック!!おお、食べ終わったムールの貝殻がのったお皿が、、、よし、これは間違いなく、ムール無料の日だ!!と、席に着き、お兄さんにムール3人前と、飲み物を注文。
このお店は、レストランと言うより、バー。メニューには、飲み物しかなく、しかも値段もお手ごろ!!生ビール50clで、3ユーロは、パリではとっても庶民的で親切なお値段です。注文した飲み物は、ものの2,3分で席に運ばれました。とりあえず乾杯をし、おしゃべりに花が咲きましたが、待てど暮らせど、ムールがやってこない!!3人で何度も顔を見合わせながら、「お兄さん、注文忘れたのかな?」とか、「もう一回聞いてみる?」とか、「もう品切れになったのかな?」とか言いつつも、中々聞きだすことできずにいました。1時間半ほどたったでしょうか、ようやく、紙ナプキンを持ってきてくれて、さらに20分。二皿のMoules et Fritesが運ばれて来ました。
ムール貝は15から20粒ほど。塩味が結構きいていますが、ムールは新鮮そのもの!!付け合せのpommes frites(フライドポテト)は冷凍物ではなく、ちゃんとお店で皮をむいて切って揚げている、まさに自家製!!すでに夕食を済ませてきていたBarboraより先に食べ始めた私達。しかし、いつまでも3皿目が来ません。時間も遅くなってきたので、Barboraには、あきらめてもらい、私のを味見してもらいました。お酒のおつまみとしては十分な量ですが、教訓!!このお店で、無料のサーヴィスを受けたいなら、21時前に来ること!!さあ、金・土はcouscousの日!!再チャレンジだああ!!
Le Tribal cafe 3, cour des Petites-Ecuries メトロ4号線Strasbourg St Denisから徒歩5分。毎週水・木がMoules et Frites、金・土がCouscousです。21時からのサーヴィスなので、お間違いなく!!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ