2005/10/31

うれしいお便り  お楽しみ

昨日の日曜に冬時間への変更が終わり、いつもと同じ時間に目覚めても、外は明るくなって、「すごーく早起きしてるのかも、、、」と言うつらい気持ちはなくなりました。
明日11月1日は、Toussint(トゥサン:万聖節の祝日、一般的に、先祖をしのんで、お墓参りをする、日本のお彼岸のようなもの)の祝日。私の通う学校は、私立のため、一般の学校のように、toussintをはさんだヴァカンスは残念ながらありません。
今回のように、土・日の週末があり、月曜が平日で、火曜が祝日の時、働くフランス人の多くは、月曜に代休処理や有給を使い、連休を楽しみます。これを、faire le pont(フェール・ル・ポン:直訳すると橋をかけるになります)と言うそうです。
そのせいもあり、今日の授業は、二クラス合同でした。はーっ、疲れたあ、、、と思いながらお家に帰ると、机の上に一通の手紙が、、、名前を見なくても、字体だけで、母からのものとわかりました。
クリックすると元のサイズで表示します
母は、数年前から趣味で「絵手紙」をはじめ、最初は図書館で本を借りてきたりして独学でしたが、2年ほど前から教室に通い始め、めきめきと腕を上げました(娘が言うのもなんですが)。そして、実家を離れている私に(大阪にいるときでも、海外にいるときで
も)素敵な絵手紙を送ってくれます。今回も、すでに2通届いていて、これが3通目。初めての封書に、わくわくしながら封を切ると、、、中には、こちらの市場でも見かける、ざくろの絵が元気良く描かれたハガキと、姪っ子の運動会の写真!!少し見ないうちに、すっかり大きくなってます。ハガキの裏には、姪っ子の運動会での活躍ぶりが事細かに書かれていました。
インターネットのシステムが発達し、最近は手紙を書くことが少なくなりましたが、こうやって、手紙を受け取るのは、とってもうれしいものです。
よし、明日のお休みは、家族や友人にお手紙でも書いてみようかなあ!!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ